読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤンキーmeets大喜利 笑って泣けるマンガ「キッド アイ ラック」

キッド アイ ラック! 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER)
昨日、NHK「SWITCHインタビュー達人達」を観てた。
若手俳優の菅田将暉と最近は役者のイメージが強い板尾創路の対談で、先日「ダウンタウンなう」でダウンタウン相手に感激して泣いてた菅田将暉が板尾さん相手にどんな感じになるのか気になり観てたがなかなか面白かった。

対談の最後、板尾さんが「これを映画化しようと思ってるんだけど主演にいい感じの役者がいなくて」と菅田将暉にマンガ「キッドアイラック」を手渡してた。



【スポンサーリンク】




 

喜怒哀楽



“やおきん”こと矢追金次郎は、いわゆるコテコテの不良。
襲われ心に傷を負った幼なじみに笑顔を取り戻させるため、やおきんはケンカをやめ大喜利を始めるというストーリー。

考えてみると不良ってお笑い好きが多い印象だけど(バッドボーイズとか紳助とか)主人公のやおきんは喧嘩に明け暮れ全然面白くないところから大会への出場を目指して面白さを求めてひたすら大喜利に打ち込む。

ヤンキー/オタクの対立項になるよう、お笑い研究会のメガネ率が高いのも面白いし(実際、お笑い=ギークではなく、ナンパで先輩後輩な体育会系のノリだが)だからこそラジオのハガキ職人がフューチャリングされてる。
ビビアン三擦り半でコンチータじゃないけれど伝説のハガキ職人である師匠がメンターとして登場し、笑いの道を導いていく。
 
 

大喜利

キッド アイ ラック! 2巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER)
スクウェア・エニックス (2013-09-20)
売り上げランキング: 4,677

この大喜利というのがポイントで、漫才師を目指す作品もあるけれど漫才の場合は事前にネタを組み上げた上でその技術が必要になるコンビ芸。

しかし大喜利は、瞬発的な発想を競うことになる個人芸。
桂枝雀師匠の言う緊張と緩和*1や笑いの振幅度*2、大喜利の流れの中でのネタ順の見極めなど*3スキルフルな部分も多いが、やはり根本は感性に依る。

根性だけではどうしようもない「笑い」をお笑いを一切わからない不良がどうやって乗り越えていくのか、がポイントになる。

映像化

キッド アイ ラック! 3巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER)
スクウェア・エニックス (2013-09-25)
売り上げランキング: 4,613

もちろん不良ものとしての魅力もあって、いわゆるスポーツに目覚めたヤンキー作品での王道な「昔の仲間や敵がやってきて不良に戻そうとする」三井寿チックな逸話も挟まれたり、一風変わった大喜利のライバルも登場。

お笑いは、ふざけてるとかバカバカしいと言われるが、ひとを救う力だってある。
不器用だが愚直に笑いとは何かを求めるやおきんの姿に笑えて泣ける。


三巻の終盤はちょっと駆け足気味だけれど、非常に面白かった。

これを板尾さんが映画化するなら観てみたい(大根仁とか?)。
配役として菅田将暉ってのもたしかに合ってるかも知れない。
映画でなくてもNHKの連ドラでもいいから是非。

*1:笑いはボケというイレギュラーに対しての緊張とそれを常識に戻す際の緩和から生まれる感情

*2:常識からの尺度によってボケはベタからシュールまで幅が振れる。大喜利の前半はベタ、後半はシュールが受け入れられやすい

*3:大喜利の前半はオーソドックスなボケで始め、後半になるほどお題からズラしていく方が観客が受け入れやすい