少々難解なファン向けボーナストラック 映画「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」

たった一度限りの特別編、その舞台はなんと1895年のロンドン。
蒸気機関車が走り、馬車が闊歩するベーカー街で、フロックコートに身を包んだ
「世界一有名なコンサルタント探偵とその親友」シャーロックとジョンが新たなる事件に挑む!

ベネディクト・カンバーバッチ版ホームズの特別編。
現代を舞台にしたレギュラーシーズンとは違うオリジナルホームズをカンバーバッジが演じたボーナストラック的作品。



【スポンサーリンク】




※以下、犯人以外はネタバレしつつ

DOUBLE

1800年台後半のイギリスを舞台にしたオリジナルのホームズ世界を舞台にベネディクト・カンバーバッチがホームズを演じマーティン・フリーマンがホームズを演じる。本来、オリジナルはオリジナルで、現代に舞台を置き換えた「シャーロック」の方がインスパイア作品のはずなんだが、ベネディクト・カンバーバッチがクラシックなホームズを演じると現代版のほうがしっくり来るのはなかなか面白い。

ジェレミー・ブレットのホームズ以来のホームズっぽいホームズで(カンバーバッチ版の演技はジェレミー・ブレットをかなり参考にしてる)、舞台を現代に置き換えたことでこれまでの古典とは一線を画するシャーロックという作品は新しいのだけれど、それが過去に戻るというのだからなんだか本歌取りのはずが古典に挑戦してしまうのかと思いきやトリッキーに展開させてしまうあたり、なかなか制作側の苦悩が見えなくもない。

(やはりクラシックなホームズはジェレミー・ブレットで声は露口茂。ポワロはデビッド・スーシェで声は熊倉一雄でしょう)

花嫁衣装を着た女性が突然街角で銃を乱射後、自殺。
その後、夫が自殺したはずの女性に殺されるという事件が発生し、ホームズが捜査に乗り出す。


で、この作品はいわゆる「夢(脳内)オチ」
シャーロック(現代)がドラッグでトリップし、その中で過去の事件の推理を脳内で行っているという設定。
現実世界では死んだはずのモリアーティーが復活する事件が起き、対抗するためにシャーロックは一発キメたらしい。

ですからのこの作品は

・過去→シャーロック・ホームズ→死んだ花嫁が生き返る
・現代→シャーロック・ホームズ→死んだモリアーティが生き返る

この二重構造になってる。
現実の事件と過去の事件はシンクロし、だから過去の事件がわからないなら現代の事件も解決できない。
脳内とはいえ、実際にあった事件を解決しようとしている。

作中、ライヘンバッハの滝が出てくるんだけれどもこの「死んだ後に生き返る」はホームズ自身も(過去も現代も)以前に死の偽装と復活をやってみせている*1
だからこそシャーロックという作品においての死は必ずしも終わりではなく単なる一時の退場を示す記号でしかないのだけれど、さすがにモリアーティは頭を吹き飛ばしているのでそれは厳しい。作中にも後頭部のないモリアーティが登場し、それがないことを示してる。

過去と現代と

ボーナストラックらしく様々な人物が過去編にも様々な役で登場するが、モリアーティはホームズにとってのバグ、ノイズなので歪みとして登場する。
モリアーティは敵でありながら、シャーロックの二重存在でもある。
シャーロックの脳内におけるコントロール出来ない識閾下の象徴的存在。
モリアーティはシャーロックの中で生きている。

だから作中のモリアーティはシャーロックにヒントを与え続ける。
そのヒントは、過去の事件のヒントでもあり現実の事件のヒントでもある脳内のシャーロックが意識し得ない部分。

過去編と現代編がお互いを食らいあうような構造は突き詰めれば竹本健治「匣の中の失楽」や「ウロボロスの偽書」みたいになるんだろうが、そこまでマニアックな展開をするわけもなくシャーロックは新シーズンへの前フリをしつつ終了。

その後、映画は蛇足的にベーカー街の自室でホームズとワトソンの会話に突入。
過去編に軸足を起き、現代をドラッグの妄想と言ってのける。
しかし窓の外には現代のベーカー街があり、二階建てバスが走る。
これは「シャーロック」というドラマ(及びこの作品)は、シャーロック・ホームズという存在を現代に置き換え描いているというシャーロックという物語自体の構造を象徴的に描いたシークエンスなんだけれども、ちょっとわかりづらいような気もする。
整合性があるのではなく、シャーロックの世界では過去のホームズは存在せず(存在したとしても関連は描かれない。じっちゃんの名にかけて的な)現代のシャーロックのみが唯一無二であり、その記号はどの世界であれ機能するということなんでしょうが。

バカまじめに過去のホームズをカンバーバッジに演じて終わらせても面白くもないので、こういうメタフィクション的な作品になったと思われ。
ファン向けのサービストラックとしては優秀な次シーズンへの前フリ。
ただ一見さんには「何これ?夢オチかよ、クソだな」になる可能性が大。

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁 (特典付き2枚組) [Blu-ray]

*1:過去版は「最後の事件」でライヘンバッハの滝から落ち死んだように見せかけ「空き家の冒険」で復活。現代版シャーロックでは飛び降り自殺をしたように見せかけ復活をしている