読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

震災の記憶と火の七日間 映画「シンゴジラ」


非常に素晴らしかった。
今のところ2016年の邦画1位に推しておきたい。
が誰にでもオススメできるエンターテイメント作品ではないし、ましてや怪獣映画だからと子連れでやってくる親子に至っては下調べがなさすぎるとしか。



【スポンサーリンク】



まずはテンプレートでもある海上を漂うヨットから開始。
マリーセレスト号状態の無人船に残されたメッセージ。


今回のシンゴジラの映画構造は、

→ゴジラの予兆
→一般に対する被害
→政府が対策本部を設置
→ゴジラが活動
→一般に対する被害
→政府が対策本部を設置

この単純な構造。
ゴジラに対するのはあくまでも政府と組織であり、政府の動きは鈍く、リアリティというよりも極端にカリカチュアライズされたお役所的な日本政府が中心となり、異常規模の特殊鳥獣に対することになる。
どこかのルポライターが独りで調べるうちに真実が明らかになったり、自衛隊が対ゴジラ用の秘密兵器を開発していたり、作戦会議中に子供が入ってきて「ギャーッと鳴くからギャオスだよ」などと安易に怪獣の名前を命名するようなシーンはない。

さらに「ゴジラに驚く一般市民」のような描写はとても少なく、一般市民は状況もわからないまま逃げ惑うだけのシーンが続く。
超大規模の災害において個人ができることはとても少ない。

だから被災者や被害者は、ほとんど描かれない。
通常であればそういう登場人物を1人配して一般の視点を入れるが、この映画では徹底して排除されている。
政府高官、政治家、自衛隊員、研究家。
彼らは仕事として、政府の人間として重大なことにあたっている。

ところでそんな政府の人間らに対して「家族やバックボーンが出てこないのはおかしい!」という感想があったんだが、それをあえて描かなければならない必要があるんだろうか。
たとえば主人公らの対策本部が立川に拠点を移した際に人数が半分に減っているのはもちろん被害にあったからだろうし、一部は人間性で逃げたからだろう。
だがそれを描かずあくまでもプロとして、仕事としての現場だけをひたすら描くのがこの作品。

登場人物の人間味を見せろ、というのであれば過去作でも観ればいい。
ゲロが出そうなくらい山ほどそういうシーンが出てくる。

「政府関係者の家族や人間性を描かないのは問題なんじゃないか」どころか仕事に対してプライベートを切り離している仕事のプロを描くのが問題で、仕事に私情を持ち込み家族だなんだと騒ぐ作品が素晴らしいというのであれば多分見る映画を間違っているとしか言いようが無い。
もう見なくてよろしい。

昔、新本格ミステリが「人間描写ができてない」と批判を受けたのを思い出した。
……なんて安易な批判だろう。


序盤、単なる災害として処理しようとする政府。
しかし事件は徐々に拡大し、その姿を露わにしていく。


カメラワークもゴジラを捉えるときは、いわゆる映画的なものではなくあおりを中心にした見上げるようなカットや極端な寄りで大きさを表現する。
ゴジラの造形に目を向けると頭が小さくさらに極端に目が小さい。
真円に近い目は爬虫類のそれで、生物的な感情を感じさせない。

ゴジラの上陸は昼間に行われ、その前段となる姿を太陽の光の下ではっきりと見せ、再上陸に際しては夜のシーンを選び炎と光による効果を強調する。
熱線により切り裂かれる高層ビル、道路は炎が蹂躙し東京は火の海に包まれる。
火の7日間、あるいは「巨神兵、東京に現れる」

そして最後は、日本人の叡智とゴジラとの戦い。
これは昼間に行われ、観客は特技の細かいディテールを堪能できるようになっている。
粉砕され爆発し倒壊するビル群、対ゴジラ戦の特殊車両、米軍の無人機、カミカゼアタックする列車。


セリフが詰め込まれ、極端に抜きが少ない作品のために観客は常に緊張感を強いられ、石原さとみの演じるちょっと変な英語にようやく肩の力が抜ける。
あえてのキャラっぽい現実離れしたキャラクター。
惣流・アスカ・ラングレーであり、カーシャや香貫花クランシーでもある。
彼女の存在によりフィクションのエンターテイメント性が徐々に強くなっていく。


そしてゴジラにより日本政府は徹底して粉砕される。
一度粉砕されるからこそ特殊立法が成立し「自由に」動ける遊撃軍が台頭する。

世界を救うのはいつもはみ出し者であり、イレギュラーズ。
正攻法な物量作戦で倒せない強大な「存在悪」は、特車二課的な変わり者集団が主導権を握り「好きにやる」ことでようやく救われる。

もちろん映画の暗喩として背景にあるのは3.11であり、今の日本映画が災害を描いてそこを避けて通ることはできない。
放射能に対しての扱いや描写が細かいのも震災以降だろう。

ゴジラを倒すのはいつも毒。
オキシジェンデストロイヤーのようにゴジラは火では死なず、毒(水)でのみ倒せる。


圧倒的な情報量の多さはマニアックというよりもマニアックな観客に対して円盤で見る楽しみを与え、かつての特撮にあった、ゴジラをはじめとする特撮映画が子供向けになり失ったワクワク感を取り戻させてくれた。

とはいえベタベタな人間性や家族愛などといったものを観たいひとはハリウッド映画でも見てるほうがいい。
誰にでも勧められる映画でないことは保証する。

円盤出たら間違いなく買う。

月刊MdN 2016年9月号(特集:キャラクターのリ・デザイン)

エムディエヌコーポレーション (2016-08-06)

シン・ゴジラ音楽集
シン・ゴジラ音楽集
posted with amazlet at 16.08.03
鷺巣詩郎
キングレコード (2016-07-30)
売り上げランキング: 2