読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪人なら殺していいのか? ドラマ「仮面ライダーアマゾンズ」


アマゾンオリジナルで撮影された仮面ライダーアマゾンの新作。
大きなお友だち向けの仮面ライダー。
子供に見せてもいいけれど、親的にはいろいろ問題あるかもしれない。



【スポンサーリンク】



REBOOT

シリーズの異色作「仮面ライダーアマゾン」を現代風にということでしたが、蓋を開けてみるとすっかり別物でイマドキに合わせてさらにハードになっていた。
だからリメイクではなくREBOOTなんでしょう。
半裸で「人間キライ人間キライだ~!!」と叫んで走るようなシーンはない。

絶妙にメジャーとマイナーの間隙を突くキャステイングの妙。
ヒロイン役にイマドキの若手女優 武田玲奈を配したかと思ったら、会長役に怪優 藤木孝。
藤木孝が車椅子で出てきた途端、ドラマが引き締まる。
シンゴジラでは都知事の横にチラッとしか写ってませんでしたが、こちらではフィクサーとしての大仰な芝居もばっちりハマってる。
日本の怪優ウド・キアーと呼びたい。

エグさ

朝の子供向けではないと割りきった作品なのでそれなりの残酷描写もあり。
人を喰う設定のアマゾンだけにバラバラ死体も当然のごとく登場する。
なので子供に見せてもいいけれど怪人は「人間を食う」ことを前提でどうぞ。

とまれ、怪人(アマゾン)はディテール的にとても肉を食えるような形状ではないけれど……。
変身する直前のほうが半分人間、半分グチャドロで外見グロい。


戦闘シーンは、いわゆる決めが少ない。
ライダーキックもあるけれど、テレビでやるようなコテコテの技を決める感じはない。
「大!切!断!」とも「バオー・リスキニハーデン・セイバー・フェノメノン!」とも裂けばず、ザクザク斬る。

変身には特色があり、野生の仮面ライダーアルファ(38歳)は、シンプルにベルトのハンドルをひねり冷めた感じで「アマゾン」とつぶやくと変身エフェクトに突入。
養殖の若い仮面ライダーオメガ(20歳)は力いっぱいアドレナリン放出しまくりで「アマゾン!!」と叫んで変身。実に若々しい。
乗ってるバイクもいつの間にかジャングラー仕様。
子供にベルトをねだられる心配はなさそう。

17,600円で価格が完全に大人向け。


同族

ストーリーは平成ライダーにあったような
・仮面ライダーも怪人も同じアマゾン
・戦う理由

という悩みを抱え、戦いに突入する。
アマゾンとは怪人の名前ではなくアマゾン細胞を持つ生物のことで怪人もライダーも同じ。
この辺はデビルマンから続いてる。
そして人食う怪人アマゾンを仮面ライダーアマゾンが殺していくわけですが、仮面ライダーアマゾンは人間半分アマゾン半分だからこそ「人を襲うかもしれないアマゾンだから殺す」ということに疑問を感じる。

本家の仮面ライダーがゲームをテーマにゆるキャラ化してどこへ行くのか全く見えない昨今、こういうイレギュラーなアマゾンが平成ライダー的なテイストで新しい試み満載のリメイクを作るのもなかなか面白い。
テレビと視聴者層が異なるアマゾンプライムの制作・放送だからこそとも言えるかもしれない(地上波でも放送始まりましたが)。

最後まで満足度高い。
シーズン2は、来年春からの放送が決定済でこれも楽しみ。