読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満員電車の中、くたびれた顔をして老いぼれていく

p-shirokuma.hatenadiary.com

「満員電車で死んだ目をしたサラリーマン」とはよく使われる言葉だが、ひどい勘違いである。なかには数%程度、本当に死にそうなサラリーマンも混じっているかもしれないがそういうのは例外で、ほとんどのサラリーマンは死んだ目になってチャージを行っているのである。

満員電車を使うこともない人生勝ち組な精神科医の先生が何かステキなことをおっしゃっております。
今日も満員電車に揉まれ、行列に並び座席の奪い合いに勝ち帰宅できたワタクシは死んだ目をしているかと思いますが、果たして「数%程度」の例外でしょうか。

満員電車から開放され、今日も更新をしてみますよ。



【スポンサーリンク】




若い頃は「ラインを越えて」を聞きながら「満員電車の中、くたびれた顔をして夕刊フジを読みながら老いぼれていくのはゴメンだ」と思ったものですが、気づいてみれば満員電車に毎日揺られ、座席は全て埋まっており、朝から加齢臭漂わせるおじさまは腕組みしたまま船を漕いでおり、空いている吊革を探し立っている人の間を通ろうとするが立つ乗客の間も埋まっており、アナウンスは無情に「列車の中ほどまでお進みください」と言うけれど進む隙間もなく、電車は止まる度に乗客を飲み込み乗車率と湿度と加齢臭はどんどん急上昇し、隣り合わせたオッサンの口臭がすさまじいが避けることも出来ず、そんな状況で緊急停止ボタンが押された日には、そこらじゅうからため息が聞こえ、時には舌打ちも聞こえ、電話をかけ始めるスーツ姿のおっさんらに混ざって自分もスマフォをなんとか取り出しショートメールで「電車遅延で遅れます」などと送ってる。

荷物が扉に挟まり止まり、お客さまトラブルで止まり、踏切を渡りきれない老人の影響で止まり、電車に閉じ込められたせいで気分が悪くなったお客さまの介護で止まる。
帰宅ラッシュにもまれ、
「原宿駅から渋谷駅まで線路を歩いているお客さまがおりました影響で……」
などとアナウンスが流れた日には、そいつ連れてきて竹下通りの入り口に吊してくれたら石でも投げるのにと思ったもんですが。

毎日毎日止まり続ける電車に揺られて、会社へ向かう目が死んでいるのは当然のこと。
瞳はどんどん闇に飲まれる。
止まれば止まるほどその闇は、濃くなっていく。

都会はだからギスギスしてる。
ひとが多すぎる。

以前にも思ったことだけれど、先生はどうにも下々の生活を勝手に想像で補っておられ、実際には体験しているんだか怪しいもの。
何だかロマンティックに語るシロクマ先生ですが、朝の八時台の山手線に一時間以上閉じ困られた経験とかおありですかね。
チャージですか。はぁ。
電車が遅延した影響で、運転再開した列車に乗り込んできた乗客のすさまじい人波に押されアバラが折れそうになった経験は??

ローンを抱え、子供には嫌がられ、加齢臭がきつくなってきた中年サラリーマンが満員電車で隣に立つ渋谷のショップ店員に嫌な顔をされながら通勤していることが果たして「チャージ」なのか。

すべて想像で語っているとすれば、いやはや。
理想は理想ですが、電車に乗っている時間はハッキリ言えば無駄でしか無い。
フレックスであれば、自宅で働ければ、ローンがなければ、もっと若ければ……そう思っている人は大勢いると思いますが。

何事も経験ですから是非一週間ほど満員の通勤電車に揉まれてみるのをオススメしますよ。山手線なら是非前方の方で池袋→品川間がオススメですね。
埼京線の最後尾車両や西武池袋線の先頭車両もいい。
元々狭い武蔵野線のラッシュもかなりハード。

荷物を離しても床に落ちず、捕まるところもなく、ひたすら圧迫された状態で「チャージ」できるのかどうか。
誰かが屁をしても逃げることも出来ない閉鎖空間を味わってもそういう記事が書けるんでしょうかね。
殺意しかありませんよ。

残念ながら多くの人間の人生は楽ではない。
それでも死ぬまでは生きていかざるをえない。
何かは間違ってますが、それには制度を変えるしか無いんでしょう。
せめてフレックスくらいは導入してほしいが、他の会社の都合があるからそれに合わせなきゃあしょうがないってのも……。

誰もが夢に見た通りの生き方をできるわけではない。
残念ながら現実はそうなってる。
皆が皆、理想通りの人生を追う生き方をするとどんな世界になるんでしょうね。
結局、外国人労働者らに皆がやりたがらないキツイ仕事が行くのかもしれない(今でも工事現場やコンビニなどのバイトはそうだが)。


「満員電車に揺られるサラリーマンになりたくない!」
「引かれたレールなんて嫌だ!大学やめます!」

そう思うのは当然。
嫌ならやめればいい、どーぞどーぞ。

別に強制でもなんでもない。
ただレールに乗らないなら自分で自分の面倒は最初から最後まで見なきゃあ。
誰かの善意にすがりついてさまようなんて生き方もゴメンだし、そんな自分の面倒みきれない人間のためにレールがあるんだがな。

右や左の旦那さま、
家を追い出されてしまいました……どなたか泊めていただけないでしょ(ry


きれいなことは、きれいなところにいるからこそ言えるんじゃないかな。

是非、満員電車お試しください。

机の前に座り 計画を練るだけで
一歩も動かないで 老いぼれてくのはゴメンだ
ラインを越えて/THE BLUEHEARTS

YOUNG AND PRETTY
YOUNG AND PRETTY
posted with amazlet at 16.10.04
THE BLUE HEARTS
トライエム (2011-01-12)
売り上げランキング: 94,395