高齢者と運転免許と必要性

dobonkai.hatenablog.com
会長の記事。
難しい問題だが避けては通れない。
コメントには「命には代えられない」と言った趣旨のモノも多いが、それほどシンプルなら解決も容易い。

「○○歳以上の高齢者は運転禁止なので免許を取り上げましょう」
~fin~

これで問題は解決しないから悩ましい。



【スポンサーリンク】



高齢者ドライバーをざっくり別けると

  1. 無事故・運転免許が必要
  2. 事故を起こす・運転免許が必要
  3. 事故を起こす・免許は必要ではない
  4. 無事故・免許は必要ではない

こんな風になる。
問題なのは2と3であるが「年齢に従い一律で運転免許を取り上げる」を行えば1も4もその範疇に入る。
4は困らないだろうが、問題は1。
事故を起こしていない、起こさない(かも知れない)し運転が必要な地域に住む高齢者。

過疎化、都市部への人口集中は解決していない。
なのに過疎や地方に住む高齢者も全てひっくるめて「免許を取り上げてしまえ」という理屈は乱暴に思える。
事故は起こさないかもしれないが運転免許は取り上げ、あとは知らない。
勝手に生きろ。事故を起こした高齢者を恨め。
それではどうしようもない。


車は便利だが事故は切り離せない。
常に付いて回る。
普通のひとが加害者に殺人者になってしまう道具。
今回、高齢者の事故と運転免許が問題になっているが「人の命には代えられない」というのであればあらゆる年齢の運転手が含まれる。
高齢者の事故が目立っているが、今日もあちこちで高齢者以外の自動車事故も発生してる。

老人だから問題なのではなく、交通事故は事故そのものが問題。
「人の命」と「車の利便性」を秤にかけて、利便性を優先した結果、社会は交通事故を容認しているとも言える。
交通事故死を減らす努力をしてもゼロにはならない。
だから事故死は、人口減のマージンに含まれると社会は判断してる。
なにせ車がなければ流通が成り立たない。
トラフィックも成立しない。
事故が起きてもそれは個人の責任だし車のせいではない。
車は悪くない。
事故を起こす人間が悪い。

高齢者は「事故の確率が高い」のが問題。
高齢者は事故を起こす(だろう、かもしれない、きっとそうに違いない、怪しい、危ない)から免許を取り上げる。
そんな「かもしれない」が前提となる選択は「事故率を下げる」ためにはなるが「事故をなくす」「事故がなくなる」わけではない。
20%が10%に。200人が100人に。
あるいは1万人が1人に。
運転をする母数が減るのだから事故件数が減るのも当然のこと。

ただ「命には代えられない」というのであれば、あらゆる年代のあらゆる免許を取り上げるしか無いと思うが、果たしてどこからどこまでを
「車は便利が、運転手も人間なのだし事故が起きても仕方ない」
に含めるのかと。
社会は自動車を容認しているし、自動車を容認するなら自動車事故も容認せざるを得ない。


こういう考え方がなんだかモヤるのは「犯罪者に中国人が多いから中国人を国内に入れるべきではない」と言った、まるでトランプみたいなやり方と大して違いがないからなんだが、今や高齢者=事故を起こすという事件が大きく報道されることで錦の御旗になり、そんな意見すら是になってしまう歪みの気持ち悪さだったりする。

もちろん高齢者から運転免許を剥奪すれば高齢者が加害者になる交通事故は激減するだろう。
そうなると果たして、どこのボリュームゾーンが事故を起こしやすいという統計になるのか。

しかし高齢者から運転免許を奪ったその「便利さを奪った代替え」を用意しないのであれば問題の解決とはいえない。
社会を構成する構成員の権利を一部奪うならそれに代わる何かしらが必要だろう。

仮に免許を取り上げるにしても、やはりそこには試験などを盛り込む必要があるだろうし、高齢者に対して専用のテストを設けそこで閾値を作るというような施策ならわからなくもない。
老い方は人それぞれなのだし、運転免許を取るのも試験なのだから取り上げるにしても試験ではないかな。
さすがに「高齢者向け運転テストを合格できないが、車の免許が無ければ生きられない」というドライバーを容認するほど社会は甘くない。
運転免許は権利ではなく、試験に合格したから与えられる免じて許可された免状。


自動車運転には「事故を起こさない」という前提が必要。
個人のエゴと必要性or事故の危険性と命。
中高年が事故を起こしてもそれは個人の罪に収束するが、年をとると主語が「高齢者」になってしまう。

2030年には4人に1人が65歳以上の高齢者。
そんな超高齢化社会を目の前に高齢者向けの柔軟な施策は必ず必要になる。
4人に1人が高齢者の国で「高齢者は運転するな」が果たして是なのか。

超高齢社会の基礎知識 (講談社現代新書)
鈴木 隆雄
講談社
売り上げランキング: 22,248