読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラブクラフトとアイドルが踊るアイカツ!草野原々「最後にして最初のアイドル」

最後にして最初のアイドル

時はアイドル戦国時代。生後6か月でアイドルオタクになった古月みかは、高校のアイドル部で出会った新園眞織とともに宇宙一のアイドルになることを目指す。しかし非情な現実が彼女の望みを打ち砕くのだった。それから数年後、謎の巨大太陽フレアが発生。地球人類は滅亡の危機に陥る。地獄のような世界をサヴァイヴする彼女たちが目にした、〈アイドル〉の最終局面とは? 著者自らが「実存主義的ワイドスクリーン百合バロックプロレタリアートアイドルハードSF」と名付ける、最終選考会に嵐を巻き起こしたSFコンテスト史上最大の問題作。

あたまがおかしい(いい意味で)。
賛辞を送りたいこの狂気に満ちた一冊。

シミルボンには、それなりに大人しいレビューばかり書くことにしているので、今回はブログに書いてみたい。
大槻ケンヂ星雲賞受賞を切っ掛けに本格的なSFを書いていたらこんな作品になったかもしれない。
アイドルが好きでも嫌いでもお読みいただきたいが、誰でも彼でも読んで欲しいという種類の作品でないのも間違いないところ。



【スポンサーリンク】



アイドル

ディスコ探偵水曜日(上)(新潮文庫)
新潮社 (2016-04-29)
売り上げランキング: 37,307

たとえば舞城王太郎ディスコ探偵水曜日」で永遠に子供を救い続ける探偵や、「まどか☆マギカ」で永遠に魔法少女を救い続ける概念としての魔法少女や。
草野原々「最後にして最初のアイドル」もアイドルという概念のみがそこにあり、そしてアイドルという概念は作中でアイドルを越えていく。
ラブライブの二次創作として書かれたのだそうだが……ここまで来ると

多宇宙は宇宙を神経細胞として情報処理をしていたのだ。そして、十分な情報処理能力を持つ存在は、アイドルに熱中し意識を獲得することができる。多宇宙も例外ではなかった。〈アイドル〉の活動を認識した結果、多宇宙はファンとなり、意識を持った。多宇宙が意識を持った結果、宇宙も、銀河も、星系も、恒星も、惑星も、大陸も、海も、バクテリアも、分子も、原子も、クォークも、非常に薄くではあるが意識を持つこととなる。みんな、アイドルが大好きなのだ。
最後にして最初のアイドル

古月みかは、幼いころからアイドルを目指していた。
アイドルになるべく産まれ、アイドルを目指し、アイドルになるために生きる毎日。
アマチュアアイドル大会で優勝した高校を目指し猛勉強。
無事入学してアイドル部に所属してアイドル活動を開始。
そこで新園眞織と出会う。

この新園眞織と古月みかの出会いがアイドルとしての第一歩となる。

しかし古月みかは、絶望の果てに命を絶つ。
現実の厳しさに、己がアイドルになれない悔しさに、みじめさを噛み締めて死ぬ。

しかし新園眞織は諦めなかった。
みかをアイドルとして復活させるため、開頭手術を行い、脳を引きずり出す。
いつの日か古月みかがアイドルとしてステージの上に立つ日を夢見て、冷凍保存処理を行う。
そんな最中、人類に存亡の危機が訪れた。

アイカツ!

生み出された古月みかこと「アイドル」は、ただひたすら生き、存在し続ける。

さて、アイドルとはなんであるか。
この作品におけるアイドルとは概念、人間の実存と意識が生み出すエゴの集合。
アイドルがファンのものでなくひたすら自分のために、自分の存在のために「アイドルになる」という選択を行った結果、二人にとってのアイドル活動は歪みを帯びる。
しかしファンがいなくても地下アイドルが存在してしまうように、一人でも賛辞するファンがいればアイドルであり、あるいは一人もファンがいなくても自身がアイドルだと信じられるのだとすればそれはアイドル足り得る。
ましてや二人で一つの歪なバロムワンと化した古月みかは、熱狂的ファンとアイドルとプロデューサーが一体化したとも言え、一人でアイドルを取り囲む環境を形成しているとも言える。

皆勤の徒 (創元SF文庫)
東京創元社 (2015-07-21)
売り上げランキング: 21,005

酉島伝法「皆勤の徒」が言語的感覚を錯乱させ別種の何かを表現しようとしたように、「最後にして最初のアイドル」における「アイドル」という語はもはや本来のそれを大きく逸脱し、もはや宇宙の根幹をなす何かへと変化した。

youtu.be

マクロス」におけるリン・ミンメイの歌が単なるアイドルソングを越えて文明の境界を超え、或いは兵器として用いられたように。
もはやマクロスの世界におけるリンミンメイは単なる芸能アイドルではなく音波兵器であり、文明のメタファーでもあり。

人類を超越した古月みかによる「アイドル活動」は、アイドル活動という別種の何かだが、それは生きる行為(サヴァイヴ)であり、虐殺であり殺戮であり、己の身体を進化させ環境に順応し対応し、生体改造を行い、しかし古月みかにとってそれらは究極のアイドルを目指して行うアイカツ以外の何物でもない。
究極生物として己が存在するための行為は全てアイカツであり、あらゆる生物を吸収し食らい一体化するそれら全てがアイカツ
古月みかが行うあらゆる行為はアイカツ=古月みかはアイドル。
アイドルとして生まれたからには、アイドルはやめられない。

〈第三世代アイドル〉は通過点にすぎなかった。アイドルたるもの、もっと前へ出なくてはならない。常に初心忘るべからず、現状に満足していてはいけないのだ。数十人の命を奪うことで満足するのはアイドルとして十分ではない。もっと多くの人間を殺戮しなければならない。アイドルとしてのランクを上げなければ、時代の風に潰されてしまう。
最後にして最初のアイドル

序盤「武道館」みたいな話がどうやってSFになっていくのかと思ったら、途中から脳内映像が丸尾末広になってロブ・ゾンビが撮影したラブクラフト作品になった。
何だこれは、頭がおかしい(いい意味で)狂ってる(素晴らしい)。
そして最終的には、広げまくった風呂敷がなんとなく(それっぽく)畳まれるんだからいやはや。

短編だし、一冊130円なので是非お読みいただきたい。
少なくとも缶コーヒー1本のカフェインより価値はある。

著者インタビューがあるんだが、
cakes.mu

題名を見てすぐに分かった人がいるかもしれないが、オラフ・ステープルドンの『最後にして最初の人類』とその姉妹作『スターメイカー』をモチーフにしている。クリーチャー造形では、『キャッチワールド』『地球の長い午後』『フューチャー・イズ・ワイルド』『マン・アフター・マン』『皆勤の徒』などを参考にしている。もしも拙作がコミカライズされたり、アニメ化することがあったとすれば酉島伝法さんにクリーチャー原案を頼みたい。

あぁ、やっぱり酉島伝法デザインですよね~(ですよねー)。


仮に映画化するなら「ブレインデッド」や「ミートザフィーブルス」の頃のピーター・ジャクソンがいい。
主人公の二人も「乙女の祈り」の狂気に満ちた主人公らを思わせる。


アイドルと闘う者は、その過程で自らがファンと化さぬよう心せよ。
おまえが長くアイドルを覗くならば、アイドルもまた等しくおまえを見返すのだ。


フジテレビNEXT「ももいろフォーク村」を観ながら。

最後にして最初のアイドル
早川書房 (2016-11-22)
売り上げランキング: 4