読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランプ陣営の良心リンダ・マクマホン

www.asahi.com
WWE経営者ビンス・マクマホンの妻であり元CEOでもあったリンダ・マクマホンがトランプの起用により政権に参画HELL YEAH!
リンダ・マクマホンの記憶を少し。



【スポンサーリンク】



WWEの良心

Wwe: Summerslam 2016 [Blu-ray] [Import]

Wwe: Summerslam 2016 [Blu-ray] [Import]

元々、WWEのストーリーはヒールvsベビーフェイス。
そんな中でも格段のヒールが経営者ビンス・マクマホンであり、ベビーフェイスとしてストーンコールド・スティーブ・オースティンが存在した。

しかしメインストーリーのヒールとして経営者ビンスが登場する流れは必然的に家族も巻き込み、娘のステファニー・マクマホンがアンダーテイカーに誘拐され結婚式をあげそうになったり、ステファニーがHHHに昏睡状態で入籍させられたりしたこともある。

そんな中、ヒールと化したステファニーとビンスが経営をめぐり対立。
抗争に割って入ったのが妻のリンダ・マクマホンだった。
経営者の妻だからって裏方に徹するわけにはいかないのが家族経営のプロレス団体。団体の経営、権力を巡り家族全員で分裂して戦うなんてアングルも多い。

あるときビンスが女性レスラーと浮気したにも関わらずビンスが開き直ってリンダに離婚宣言(当然、番組中に)。
娘のステファニーが激怒するがビンスは勘当を言いつける。

精神的ショックでリンダ・マクマホンは植物状態になり車椅子生活。ビンスがリンダになりかわりWWEのCEOに。
そこへ登場する息子シェイン・マクマホン。レッスルマニアで親子対決をすることに……なんてアングル(シナリオ)もありました。

政治志向

miyearnzzlabo.com
リンダ・マクマホンは2010年、コネチカット州から上院議員を目指して出馬した過去がある。元々政治志向はある方なんですよね。

オバマ率いる民主党ではなく、共和党からの出馬のため、現政権を批判するメッセージを出してますね~。
[Trillions in debt(数兆ドルの負債)]
[bailout(救済)]
[Goverment run healthcare(公的ヘルスケア)]
なんかに批判的なスタンス。全部中途半端だって言ってるのかな?コネチカット州の声を上院に反映させたいって言ってるみたいですね。(適当な英語解釈しているので、ちょっと意味合い間違っているかもw)
『Now, it’s our turn.』って言っているのが素敵っす!
一番最後に出てくる、『It’s time to something different.』っていうのが選挙キャンペーンのキャッチフレーズみたいっす。

資金力にモノを言わせるものの結果、選挙には落選。
しかし今回、トランプの手により政権に参画したという流れ。

WWEという巨大団体の経営経験もあり政治志向も強い……実にトランプと相性は良さそうな。
WWE随一の良心であるリンダ・マクマホンが果たして万年ヒールのトランプ陣営でベビーフェイスを保てるのか否か。
どんなアングルを見せてくれるのか楽しみにしつつ(いやー、アメリカどうなるんだろうか)。