読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「プレミアムフライデー」というアドバルーンの正しい捉え方

mw.nikkei.com

経済産業省経団連や小売りなどの業界団体は個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日を「プレミアムフライデー」とする取り組みを来年2月24日から始める。




【スポンサーリンク】




「金曜は早く帰りましょう」というプレミアムフライデーだそうで、今の長時間労働是正の流れからすれば順当なアドバルーン
仕事を早く終わらせ消費をブーストさせ、景気を回らせようという魂胆はわかりますが。

実行力は疑わしくても動きとしてはこういう流れだろう。
景気指数はふるわなくてもそれなりに景気は回復基調。
日経平均のバブルな天井が見えてきたが……。

twitter.com

ネタにマジレスもヤボだがアドバルーンアドバルーンでしかない。
一つの取り組みで全ての職場環境が改善されるならこんなに便利なことはない。

そもそも今回のような長時間労働是正のアドバルーンはオフィスワーカーを意識していて、だから小売などはこぼれ落ちる。
飲食なんかのブラックさはかなりハードだわ貰える賃金は少ないわ、実際あの環境の経験者としては……げふんげふん。


とまれアドバルーンはあくまでもアドバルーン。それに対して「その目標をきちんと達成できるロードマップできてんのか?」「そんなことは言わず金曜は半ドンにしよう」みたいなツッコミはわかるんだが「それは〇〇には無理だ」みたいな意見は、はなからブラックであることを容認してる。

ブラックでなければ成立しない職場環境というのは確かに存在する。
そのブラックさのままでいいと考えるのは経営者側のはずだが、残念ながらそういう環境で働く労働者は「ここはブラックでなければ成立しない」「長時間労働是正?そんなことしたらここはどうなるの??」「もっと働きたいんだよ!」などと危機感を感じてしまう。
それは仕事に対していわゆる「誇り」や「やりがい」を感じてしまうからに他ならない。
そんな労働者の気持ちを肥やしにしてブラック企業は利益を吸い上げてる。
だからこそ長時間労働是正の運動が必要になるんだが。

前述したように一つの提言や一つの大枠で全ての職場環境が改善されるならそれに越したことはない。
長時間労働是正」というアドバルーンはあくまでも象徴でしかない。実際に必要なのは職場ごとのきめ細かい対応であり、労働者ごとの環境や収入に見合った対応だとも言える。
だが人間は多様性の生き物であるから、どれだけ法案によって職場環境が改善されようが100人が100人納得する職場環境はまず存在しない。
不平不満は必ず出る。

それでもアドバルーンは無駄ではない。
アドバルーンを小馬鹿にしても無理だと諦めても何も変わらない。
必要なのはそのアドバルーンを単に飾りとして終わらせないことだと思うのだが、どうだろうか?

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)