読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

改めて水素水に関する不誠実さを言っておきたい

水素水には公的な定義等がなく溶存水素濃度も様々です。また、特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品として許可、届出されたものは、現在のところありません。
容器入り水素水のパッケージに表示されている溶存水素濃度に、充填時や出荷時とある場合は、飲用する時の濃度とは限りません。また、水素水生成器も水質や水量等により変わる旨の表示があり、必ずしも表示どおりの濃度になるわけではありません
容器入り及び生成器で作る、飲む「水素水」−「水素水」には公的な定義等はなく、溶存水素濃度は様々です−(発表情報)_国民生活センター

定義もろくにない、機能性表示食品として届けられてもいない。
にも関わらず健康効果を謳う、あるいはそんな認められてもいない健康効果や美容効果をタレントがそれらしく語り、それにつられて消費者が購入する。
もしこれが「宇宙パワー」ならバカにするのに「水素」だと頭から信じてしまう。

水素水がうさんくささの塊だなんて今さら言われるまでもないが、こういう注意喚起が出ても別にマスコミが大々的に報道するわけでもないだろう。
ミヤネ屋で「藤原紀香の言う水素水の美容効果は本当なのか?!消費者センター発表との食い違い?!」なんて特集は組まないだろう。
しょーもない不倫には山ほど時間使うくせに。



【スポンサーリンク】




 
 

水分補給

伊藤園 進化する水 水素水 (ボトル缶) 410ml×24本

今や水素水の総本山ともいえる伊藤園の水素水に関するホームページを見てみるとこんなことが書いてある。
「水素水」について | 飲料関連のご質問 | よくいただくご質問 | お客様相談室 | 伊藤園

Q5.
水素水は安全ですか?
A5.
水素は厚生労働省食品添加物として認可されている、無味・無臭・無色で、体に無害な気体です。(食品添加物は、食品安全委員会による評価を受け、人の健康を損なうおそれのない場合に限って使用が認められています。)多量に摂ったとしても、拡散性が高いため、余分な水素は身体から抜けていきます。ただし、通常の水と同じく、過剰摂取は胃腸へ負担をかけてしまうため適度に飲むことが大切です。
Q6.
どんな健康効果がありますか?
A6.
伊藤園が販売する水素水は医薬品ではないため、健康効果を標ぼうするものではありません。

Q9.
なぜ水素水を販売しているのですか?
A9.
水分補給の1つの選択肢として販売しております。

かんらからから。

つまり伊藤園は「水分補給」として水素水を売ってるのだそうで。
じゃあ水と何が違い、なんで胸を張って効果を謳えない水素を入れた水を高値で売ってるのか。

今回の発表にも「え?そうですよ?前から書いてますよ?」と答えるだけだろう。


たとえばお茶は、水に茶葉の抽出液を加えたものといえる。
その効果は「水分補給」と「嗜好品」
カフェインによる影響もある。

で、水素水の場合は健康効果などが実証されているわけではないが「水分補給」という点では保障できるので販売しているし、美容効果があるようなプラシーボ効果を与えるかも知れない「嗜好品」としてのイメージが少々の水素と共に付与されてる。

教祖様のお祈り水

えー、例えてみますと、たとえば「教祖様のお祈り水」というものがあったとして、これを飲むと運気が向上し美容効果があると言われている。
通常の水が100円ならこの「教祖様のお祈り水」は200円で販売。

で、このお祈り水の効果は実証されているわけではないが「水分補給」としては間違いない。
それに教祖様を信じている人になら「運気向上」という嗜好品的な楽しみもあるかもしれない。なにせ運気が向上したかどうかは本人の認識次第。
水素水で綺麗になったか健康になったかが本人の認識次第なのと同じ。

ただ「お祈り」と「水素」は化学的であるかないかという差によってお祈り水は排他されてしまうが、やってることは大差ない。
それに「お祈り水」みたいなものは、マーケットが狭いので一本当たりの単価を上げざるを得ず、教徒相手に高い値段で売りつけて利益を得ようとするので結果として詐欺などと問題視される。

一本200円の水素水なら問題なくて一本2500円の水素水なら問題があるとすれば、逆に一本200円の水素水の単価と利益率を知りたいものですがね。
毎度茶葉のコストがかかるお茶より、一度設備投資するだけで済む水素水の方が高いって……。

消費者の勝手な思い込み

水素水ビジネスにのめり込む伊藤園、パナソニックの「品格」 ウリは「高濃度」 だけど効果は「水分補給」 WEDGE Infinity(ウェッジ)

 しかし、水素水を販売している飲料大手、伊藤園の広報担当者によれば、

「水素水はあくまでも清涼飲料水。体に良いとは言っていません」

名も知れた大手飲料メーカーが「売れるから」という理由でこんなエビデンスがないものに手をつけて「美容」「健康」に効果があるように誤認させる宣伝ページまで作るというのはいかにもあざとい。
「水」を多く摂取すれば美容や健康に効果はあるので「水素水」に対して美容や健康のイメージをつけても別に嘘ではない。
ただそんな健康イメージは、伊藤園という企業が「水素」ではなく「水」に対してつけているという言い訳の効く範囲で展開してるってところがいやらしい。

「嘘はついてないですよ、だって水素水での効果は水分補給って書いてますよ。え?水素水で綺麗になる?ウチではそんなことは謳ってません。キチンとFAQにも書いてるじゃないですか!それは消費者の勝手な思い込みでしょ?」

思い込みに漬け込んでも悪びれない辺りが企業の姿勢としてかなり疑問だがブームと共にこっそりフェイドアウトするつもりかも知れない。
消費者は健忘症なので何でもかんでもすぐに忘れてしまうから御しがたい。
まぁ、消費者に対して不誠実な企業だと言うことは忘れませんが。

ともかくややこしいのは水素水というものが完全にエセではないからで、とまれ健康効果や美容効果や藤原紀香がGENKINGがどーしたこーしたなんてのは先走りが過ぎる。
テレビであれ、あくまで「個人の感想です」とつけとけばリツイート感覚で紹介していいって辺りが狂ってる。



世間の「水素が水に混ざってりゃキレイになれる」程度の認識はやはり改められるべきだが、改められてしまうと飲料業界の収益が落ちる。
賢い消費者を企業は望んでない。
企業のプロパガンダ機関であるテレビが消費者のための報道をするわけもなく、結果的にタレントは情報バラエティと名のついた偏向情報番組でバイアスのかかった情報をお茶の間に提供し、リテラシー以前の認識で企業に収益をもたらす効果を与え続ける。
ダイエット業界にしろ毎度毎度やってることは変わらない。

結局のところエビデンスがないものであれ「痩せる」とか「美しくなれる」みたいに即物的な欲求に簡易に応える惹句に対しては眉に唾をつけて対峙しなければならないのだけれど、誰彼不用意すぎてなんとも……。
みんなペニオクの一件から何も学ばなかったらしい。

2017年、果たして水素水がどこまで生き延びるのか。
伊藤園はこのまま不誠実に、不都合なことが忘れられるまで乗り切るのか。
注目したい。