読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットに進出したいメディアはネットウォッチャーを雇うべきである

WEB NAVERまとめ ブログ

ネットビジネスの終わり (Voice select)

お手軽なしのぎ

なんだかWELQ以降、さまざまなネットメディアが騒がしいですが、結局キュレーションメディアやまとめサイトのようなお手軽だが倫理観に乏しい(つまり企業の信頼を既存しかねないグレーな)稼ぎを行う媒体を買収&吸収してしまうという手は簡単だが同時に危険でもあるというのがよく分かる。

今やネットメディアも雨後の筍のごとく乱立しており、ブルーオーシャンとも言えない。
だからこそ既にある程度の顧客を囲い込み、ノウハウをもっているそれなりの(悪評があろうとも)「メディアもどき」を買ってしまう。
やまもといちろう砲とAPPBANKとの関係やねとらぼ(ITmedia?)vs はちま(DMM)なども何やらドロドロしすぎていてやはり金が集まるところには有象無象が集まってくる。
まぁ、こういう話すら出てきたタイミングの裏を疑えばきりがないのは誠のサイキック青年団を聞いて、実話ナックルズを読んでいればよくわかる……あぁ、北野誠は干されたんでしたっけね。

昔のネットメディアの収益は個人レベルだったろうが、それが数百数千万と増えてくれば当然ながらダークサイドの方々が「しのぎの一つ」と捉えるのも当たり前。
警察相手に危険な橋を渡るより、著作権があーだこーだで文句つけてくる素人相手のクレームをちょこちょこ相手にしておけばそれなりの金が手に入り、その上それも話題になって注目が集まる。
まさに好事門を出でず悪事千里を行くだが、ネットの炎上なんてcopy_writingがどれだけ「パクツイ死すべし」と言われても復活し、山のようにフォロワーが付いてるのを見ればわかる。

togetter.com
その上「青春基地」も復活してんだから……ネットは広大だわ

総会屋2.0

連日、著作権があーだこーだ言われてるのに未だにNAVERまとめが、拡散され続けるのも地獄なら、成宮のA氏に関する2ch情報をまとめただけのnetgeekが山ほどブックマークされるのも地獄。
あんなのをブクマする程度の感覚の持ち主が何を偉そうにコメントできるかは理解不能としか。
まぁ、著作権に対しての危機感なんてそんなものでしかないんだろう。


ネットの稼ぎに食い込みたいまともな企業はネットの稼ぎに明るい人間ではなくまずネットウォッチャーを雇うべきだと思うんですよ。少なくともどの辺がタイトなのかを一番理解している上にしのぎのヤバさも測れる。
ネットのしのぎはお手軽だが、お手軽な分、深みにハマって今の混沌状態。
ネットの稼ぎに明るいってのは、ネットの事情に明るいとイコールじゃない。
だから金は稼げてもまともに著作権も守れない、ろくな倫理観もない。
法規が緩いから救われてるが、企業倫理的には完全にアウトな案件も山ほどある。


さて。
SEOがあーだこーだ、ブログで生きるだなんだって言ってるような方が、それ以外にマトモなことを何一つ語れないのと同じ。
付け焼き刃みたいなノウハウと経験値と稼ぎでプロ面して、ズブの素人相手に感心させられるんだから、ブログ論を偉そうに語っちゃう程度の権威ってのはお手軽なんですけどねー。
その辺理解しないお小遣い目当て初心者ブロガーの方々が馬鹿の一つ覚えで「いいですね!」なんてコメントするから互助会呼ばわり……ま、余談。

まぁ、だから総会屋2.0ってのは考えられた職種だなーと思うわけです。
金で動く客寄せパンダによる派手なプロパガンダで民衆も動かせる。
大手からすれば、まとめサイトみたく安易で直接的なしのぎではなく、虫よけ、保険として役立つ。
味方にしてそれほど役に立たず、敵にするとめんどくさい総会屋2.0。

嫌儲運動以前から金があるところ裏の繋がりはあるし、そりゃズブズブでも驚きはしませんが。
テレビタレント兼、ネット界のゲッペルスか……。



【スポンサーリンク】



悪(EVIL)の華

【プレスリリース】LINE、「NAVERまとめ」に関する昨今の報道を受けての見解を発表 - INTERNET Watch
NAVERが報道に対しての見解を発表。
長いので簡単にまとめると、

・まとめが著作権侵害してても作ったやつの責任じゃね?
・非表示にしてるからとりま問題なし
・揉めたら対応するけど、だったらパクられた方もちゃんと手続きしろや。証明とか知らんやんけ
・noindex化?何それ?美味しいの?
・1次コンテンツ(パクられ元)今後ともよろしくねー★

いや、全然よろしくしたくないですが。
何が「情報検索を担うのがNAVER まとめです」だよ。その代わりにパクリが横行したんではそもそもサービスのスタンスに問題あるってことだろうが。
早くNAVERまとめ滅びないかなー。

ネイバージャパン株式会社は9日、特定のテーマに沿ったリンクや画像、動画などを集めた“まとめページ”を作るサービス「NAVERまとめ」をリニューアルした。まとめページの作成機能や操作性を見直し、ユーザーインターフェイスを大幅に変更した。

 今回のリニューアルは「誰もが情報をデザインする世界」をコンセプトに、ネット上のあらゆる情報をまとめページに反映できるようにした。具体的には、1つのまとめページ内に画像や動画、リンク、テキスト、Twitterの発言などを入力できるようになった。
(中略)
ネイバージャパンは2010年10月、コンテンツを収集・編集して共有する「キュレーション」の普及を目的に、NAVERまとめを刷新。NAVERまとめの“フェイズ2”として、まとめページで発生した収益をまとめ作成者に還元するインセンティブ制度を開始している。

 その結果、まとめ作成者(キュレーター)は当初の6倍以上に増え、2009年7月のNAVERまとめの提供開始から18カ月で月間2億PVを突破した。一部のユーザーは、インセンティブ制度で月額30万円近くの報酬を得ているという。

 島村氏によれば、今回のリニューアルはNAVERまとめの“フェイズ3”という位置付け。「誰もが情報をデザインする世界へ」というコンセプトを掲げ、ニュース記事のコンテンツを集約する「Yahoo!トピックス」(ヤフトピ)の先を目指すという。
NAVERまとめが作成機能を大幅刷新、ヤフトピ型メディアの先を目指す -INTERNET Watch Watch

2011年の記事。
このフェーズ3でNAVER著作権グレーのまま確信犯として敢行。
だから昨今の著作権ガーってのはNAVERからすれば「またかよ」「何度目だよ」「おなじみの」って感じだろう。

NAVERみたく徹底して無視したあげく、徹底して「オレは悪くない」「作ってるユーザーのせい」「法的な対処だってしてる」と言い切るのはそもそもNAVERまとめという悪徳の都が出来てからずーーーーーーーーーーーーーっと著作権を言われ続けていたから。
NAVERだってそれなりの規模のデカい企業。
法務だって存在し、社内で結論が出た結果としてあの「EVIL」を選択してる。
だからアレなんですから。

nlab.itmedia.co.jp
この記事は2012年。
その時点ですでに「著作権」というワードも出てる。
ウチでも過去に何度も取り上げてますが、ほんとNAVER著作権がなんで今さら言われんのか、と。

DeNAやDMMと違いNAVERはネットの悪評が、移ろいやすく冷めやすく広がるのも一瞬だって理解してる。
だからこそ言い続けなきゃあいけないんですが。

ネットの悪評は熱しやすく冷めやすい、でも忘れちゃいけないこともある。
この動きの果てに、果たして司直の手が伸び、ネットのシノギが厳しくなって、ついでにプロブロガーが全滅し、著作権非親告罪化してNAVERも謝らなきゃならなくなるのか。それとも相変わらずぬるいまま、のらりくらりと黒い業界もしのぎをガッポリやっていけるのか。

話題になってる今じゃなく、これから来年にかけて、忘れられ始める頃の動きが注目。

ところでnetgeek愛読者としてこのニュースをRTするからには、見解もぜひツイートして欲しかったなぁ。


じゃあ田端さんがオススメしてた本でも張っておきますね。