読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を挫折し目覚めた焼き畑商法の果てに



もう無料の絵本があーだこーだなんてのはきょうもえさんが殴ってりゃあいい話なのでそんなのはどーでもいい。
フリーミアムなんて何周前の議論をやってんだか……。



【スポンサーリンク】



焼畑商法

たとえばイケダ・生え際が気になる・ハヤト尊師みたいな存在には、燃やせば燃やすほど名が知れ、代わりに信頼度は下がる構造があった。
無名なブロガーでしかなかった尊師が炎上によってマスに対して名を広め、マスの不支持とコアの支持を得た。
代わりに信頼度を失いはしたが元々そんなものよりコアな信者ビジネスを目指していたのだからアレはアレでよかったんだろう。

ところがキンコン西野のような元お笑い芸人は、テレビというメディアを通じた圧倒的なマスへの知名度を持ちつつ、こうやってクリエイターとして活動する際には自身の信頼度を燃やし、クリエイター西野の知名度を広めてみせる。

ところが前述したようにこのやり方は「信頼度を燃やし知名度を広げる」手法。
キンコンは、M-1でも中川家に賞をさらわれ、サンドイッチマンに圧倒され、ノンスタにも勝てず、漫才師として結果を出せないまま、ゴールデンのレギュラー番組も終わった劣化版ナイナイ。

真剣に向かい合った漫才で結果が出なかたことが今に繋がったのか。
お笑いとしての夢はすっかり挫折。
ハリウッドザコシショウが、売れなくてもひたすら己のお笑いを続けて栄光を掴んだのと真逆の生き方。
全然尊敬しないわ。

ひとりのタレントとしての知名度はあるものの、なにか面白いわけでもなくひたすら人を不快にさせたり炎上しないと目立たない「芸人」。
タレントとして大成功したわけでもなく、もはや継続性もない。
だから司会業ですら姿を見ない。

お笑い芸人としてはゴッドタンやアメトーークでいじられるしかなくなってしまった。
元々本人が面白いわけじゃなく、東野のいじり方が面白かっただけですが……。

お笑い芸人として低空飛行。
しかし絵本作家で再起できるかと思ったらSNSで煽り炎上。
ネットでは面白いどころか煽り、燃やし、吊し上げてみせる。

「あんなのに触れるほうが負け」と言うが、まず触れたら負けという認識を広げなきゃいけない。

その先に

芸人・タレントとしての信頼度を燃やすやり方の先には何があるんだか。

マスにケンカを売ってコアの支持を受けるやり口は、たしかに一気に燃え広がり効果も出やすい。
即時性があるから一見成功に見える。
だがロングスパンで見れば果たしてどうだろうか。

もうマス相手にいまさら信頼度は取り戻せない。
相手にするなら限られたコアな信者を囲い込むだけだが、だとしたらいずれ頭打ち。
タレントとしては旬も過ぎているし、信頼度もほとんど燃やしてしまった。

今や燃やそうとしても燃やせなくなった尊師。
燃やしたあげく、結果として姿を消した長谷川豊。

炎上させるだけの信頼などのリソースは有限。
オオカミ少年のウソに騒ぐのは始めのうちだけ。


焼畑商法によって信頼度を失ってどうなって行くのか。
どっちにしろ毎回炎上が露骨すぎて、しょーもない。
どっか見えないところで、ファンコミュニティ相手にこっそりやってりゃあいいのに。
才能があっても人格は最悪、クリエイターがそれでも作品が素晴らしいのなら一向に構わないと思うが、絵本に興味はない。

絵本の絵がすごいって言っても、それは描いた人らが素晴らしいのだし(そこを勘違いしてる人も多いので)、本人は監督を名乗ってシナリオなど担当したらしいが実に評判がよくない。
絵の評価が高いのは当然だよなー。

こんなしょーもないクリエイター気取りの元芸人が騒いだ金目当ての行動ごときでフリーミアム論争なんてアホらしい。
この騒ぎにそんな価値があるか???

だったらヨシタケシンスケさんの本のほうがよほど面白いし素晴らしい。
しかもこっちのほうが1,512円で安い!
どちらが天才かなんて言わずもがなだと思うが……。


悪口どころか、触れることすらしない方がいい人間がいる。
今回はそういう認識を広げるいい機会になったように思うんだが、どうだろう。

あとDiscoverJapanの表紙、マジでなんとかしてくれ。
雑誌編集部の見識を疑う。
スマステで2017年ヒットランキングに入ってたが……冗談でしょう?
なんか大きな影が見えてあぁ言うのはきな臭い。

やだねぇ、独立したクリエイターの顔をしながら、その影には大企業の援護や庇護があるやり口。
何でもかんでも金になりそうなら食いつく会社ですからね。

このあと どうしちゃおう
ヨシタケ シンスケ
ブロンズ新社
売り上げランキング: 466