読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本語ラップがメジャーになるのに足りないいくつかの事柄

音楽

ese.hatenablog.com

昨年『フリースタイルダンジョン』のヒットで「ラップ」や「MCバトル」がブームになりました。その余波でほかの番組でもフリースタイルの特集が組まれたりラップを取り入れたCMがいくつも作られたりと、2016年は確実に「ラップブームの年」でした。90年代から日本語HIPHOPを聴いてきた私としてはうれしい限り。
あとは音源でヒットが出るだけだ!という状況だったわけですが、結局世間に届くヒット曲は生まれませんでした。

もう日本語HIPHOPがメインストリームになるのは無理なのか。最近の私は諦めがちです。

そもそも今が果たしてラップブームなのか、それともラップ(MC)バトルブームなのか、という切り分けも必要だが(どちらかと言えば後者か)日本にもラップのヒット曲は存在した。

元記事が定義する一曲がラップに始まりラップに終わる「純HIPHOP」と言う意味なら厳しいのかもしれないが、そんなおまそうな厳密さを用いてジャンル分けするのであれば、ロックだって“純”ロックのヒット曲なんてない。
どれもこれも愛や恋を歌うポップなロックばかり。
だがそれをロックと呼ぶか呼ばないか、認めるか認めないかなんてジャンルにこだわりを持つ人間以外には重要でもないし、ロック風ポップスもまたロックの一形態なのは間違いない。



【スポンサーリンク】



メジャー・マイナー

たとえばキック・ザ・カンクルーやリップスライムはメジャーなラップグループ。
曲も充分に売れてる。

ところが日本のシーンは、アングラとメジャーの戦いと対立の構造でもある。
リップスライムがいくら売れてようと「あんなチャラチャラしたのがラップだと言われることがムカつく」というアングラなラップのひとらが存在し、そういうひとたちもまたラップシーンを裏から支えてきた。
売れ筋、ヒットになりそうなラップ自体を否定し、メジャーになることをダサい、魂を売ったと感じ「メジャーさやポップさに魂を売りたくない」と忌避してきたのに、今さら「このタイミングでラップがメジャーになってラッパーが国民的歌手に」なんてファンが望んでもそれをやってる本人らはどーなんだろうか。

果たして、その気持ちがあるのか否か。

日本語の壁

さらに日本語はラップと相性があまり良くない。

日本語は意味が強く結びつき音より意味が優先する。音楽は「音を楽しむ」はずなのに、なぜか「歌詞を楽しむ」歌詞楽なのが実情。
だから日本で音を聴かせるには意味と言葉を乖離させなければならない。
サビの部分で日本語ゴリゴリだと恥ずかしいからいざとなると英語に逃げてる曲の多いのと多いこと。

桑田佳祐の英語っぽく聞こえる歌い方はある種、言葉の意味から音を乖離させた歌い方。
桑田佳祐、向井秀徳、浅井健一らがポエティックにシュールに歌詞の意味をはぐらかし、音優先の歌詞を作り上げたのもそんな音と意味の乖離を狙っているからだろう。

ラップのようにフラットに歌えば歌うほど意味の結びつきは強くなり、それを感覚的に「ダサい」と感じてしまうのもまた必然。
TBHRのようにリリックと意味を乖離せず、メロディやリズムから乖離させ韻を意識せず、まるでポエトリーリーディングのように歌うアプローチも一つの解決法なのかもしれない。

今、韓国でラップが大メジャーになっているが、言語としてアルファベット感覚のある韓国語とラップの相性はとてもいい。
言葉遊びも巧み。
KEITH APEの「IT G MA」なんてチャンポンは日本の文脈からは出てこない。
miyearnzzlabo.com

社会構造

過去何度か書いてるが、ラップとはドロップイン、メイクマネーの音楽。
白人至上のアメリカの社会に黒人がドロップ・インするためのクールなやり口。
だからラッパーがヒットを飛ばしアメリカ社会にドロップインすると、金の鎖を下げ、セクシー女を山ほどはべらせ踊らせ、これ見よがしにバカでかい指輪を見せつけながらラップをしてみせるアメリカン・ドリーム。
カニエ・ウエストはスタートからして成り上がりではない*1からそういった成功したラッパーのテンプレートにハマらないのもわかりやすい。

これはロックが、ドロップアウトの音楽であるのと対照的。
メジャーシーンへのアンチテーゼのはずだったNirvanaがヒットを飛ばし、自身がメジャーになったためにカート・コバーンが悩んだのも広く知られてる。

日本ではメイクマネーを歌ってもあまりシンパシーを感じさせない。
リスナーが社会的ドロップインの必要性を感じないからパーティソング混じりのポップなラップが売れるし、ロックもロック風ラブソングばかり聴こえてくるのは必然的。
 
 

注目の日本語ラップ

それでも今、日本には面白いラッパーが次々登場してる。
たとえばニコニコ発のぼくのりりっくぼうよみは歌唱とラップが境目も曖昧に混ざり合う独特の歌い方でこういう才能は「歌とはこういうものだ」「ラップとはこういうものだ」という縛りから離れた感覚からでないと生まれない。

そして宇多田ヒカルとの共演で話題のKOHH。

KOHHは、かなり面白い。
変則リズムでなまるなまる、フローや卓越した言語感覚は素晴らしい才能。
歌詞にしろメイクマネーではなく貧乏でもいいとか働きたくないとか地元がいいとか。

女性ラッパーに目を向ければ、泉まくらが新譜をリリース。
DAOKOも最近メジャーになってきて、さらに水曜日のカンパネラもいる。

雪と砂
雪と砂
posted with amazlet at 17.01.28
術ノ穴 (2017-01-25)
売り上げランキング: 2,677

2016年は、ドラマ発の星野源「恋」や映画発のRADWIMPS「前前前世」などがヒット。
他メディアのヒットに連れてヒット曲になる状況は、CMやドラマの主題歌がヒットした過去の構造を今も踏襲している。

CMや映画、ドラマの主題歌はキャッチーな曲が選ばれやすく、そういう意味で終始ラップに始まりラップに終わるような「純HIPHOP」が採用されづらいのもまた実際。


多くの人間には無関係な「純HIPHOP」というジャンルの曲が国民的ヒットになろうがどうしようが結局のところそんなものは個人の単独の栄誉。
一発屋の花火を望むくらいなら、ラップシーン全体の底上げがされることの方がまず優先事項だと思うんだが違うのか。

以前、ミッシー・エリオットが来日したときにインタビューしたことがあるんですけど、彼女に日本のヒップホップについて尋ねたところ、「アートが足りない」って言われたんです。その時ボクはすごく衝撃を受けて、そのとおりだなと思いました。
ヒップホップはラップ、DJ、ブレイキング、グラフィティの要素から成る「カルチャー」じゃないですか。そして、カルチャーが育たないとアートも生まれない。
私たちが熱狂した90年代ジャパニーズヒップホップ

ラップバトルにしろテレビのバラエティからすれば即興で言葉を組み立てるのが面白いと取り上げられ、番組にR指定が登場してもねずっちの「整いました」レベルの扱いばかり。
そんな状況でヒット曲が~とかメジャーシーンが~とか、何を眠たいことを……。

ラップシーンがメジャーになるだなんて、ミッシーエリオットに言われなくてもそもそもいろいろ足りてない。

まだ今回のムーブメントは始まったばかり。
一段ロケットを切り離し、次のロケットが何になるのか。これからが面白くなるんじゃないだろうか。

ラップ・イヤー・ブック イラスト図解 ヒップホップの歴史を変えたこの年この曲
アイスT(序文) シェイ・セラーノ
DU BOOKS
売り上げランキング: 1,193

私たちが熱狂した90年代ジャパニーズヒップホップ

辰巳出版
売り上げランキング: 12,527

*1:カニエはシカゴの中流階級で産まれ、父がジャーナリスト、母が大学教授。大学在学中にプロデュサーとして活躍