読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

儲けたくてブログを書くより投資するほうがよほどマシ

今日「ネットでお金を儲けるには?」と聞かれた。
勧めたくはないがブログで儲けているひともいますよ、と答えておいたが、実際はブログなんて金儲けでやるものではない。

はてな系のブログによくある承認欲求に取り憑かれ炎上体質になってしまうあのひとやあのひと。
ブックマークの数に翻弄されたブロガーは枚挙にいとまがない。
RT、いいね!、ブクマ数、PV、クリック率、アフィリエイト。
数と承認欲求をひたすら追うことになる地獄に自分からはまり込む愚を冒さなくても、もっと人生は豊かに生きていける。



【スポンサーリンク】





お小遣い

ひと月で150万稼いだブロガーの記事がホテントリになっていた。

そういった稼ぎの多寡も同じ評価軸にいる人にはとても素晴らしい結果なのだろうが、無関係な人間からすればまるで興味のない種目で金メダルを取った選手のように感じてしまう。

果たしてその数字がどこまで続くのか。
その先がどうなるのか。その先に何があるのか。

単なる短期的なお小遣い稼ぎなら充分な額だろう。
しかし孤独な長距離ランナーのように自分のペースでひたすら進むだけのブログ書きは他人のペースに乱されたり、順位を気にしても仕方がない。
PVだろうが金だろうが、結局は水もの。

稼ぎの多寡であればもっと多いブロガーは山ほどいる。
同じやり方をしたところで同じ結果が出るわけでもなく、真似したいとも思わないがそういう結果を自慢気に晒すブログではノウハウを掲載し、またそのノウハウで小銭を稼ぐのもいつもの光景。
情報商材での稼ぎもお手軽になったもの。

インベスターZ

インベスターZ(1)

どこかで高知のあの方のやってることは正しいしそれを否定するのは嫉妬だろ、という記事を見かけた*1
煽り、ヘイトを撒き散らし、それでも金を稼いで人生勝ち組になってるんだから正しいのだ、と。

たしかにマネタイズという軸であればどんなやり方であれ金を儲けたモノの勝ち。
炎上だろうがヘイトを撒き散らそうが。

しかし金という軸以外なら、そのやり口を正しいと言い切れるか。
単に金を稼ぐという意味でならヘイトを撒き散らさなくても燃やさなくても投資でもすればいい。

ブログで150万稼いだのはたしかにすごいかもしれないが、投資クラスタに「ひと月で150万稼ぎました」と言ったら童貞卒業程度の扱いしか受けないだろう。
自分も一瞬で万札を溶かしたこともあるし、逆もまた真なり。
長い目で見てもブログで稼いで数千万は遠い道のりだが、投資なら不可能でもない。
ブログの収益率をあーだこーだ考えるなら、その時間でバランスシート見る方がよほど役に立つ気がする。

投資は難しいがブログは簡単。
そう思われがちだが、元々それなりのお金があれば投資のほうがよほど簡単。
難しいと思うなら「インベスターZ」でも「せめて25歳で知りたかった投資の授業」でも読めばわかりやすく書いてある。
長期投資なら山崎元の「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! 」をどうぞ。
山崎氏の投資法は大体似たようなものなので一冊読めば足りる。
不景気な世の中ならまだしも、今や日経平均もバブル超えが見えてきたと言うのに。

せめて25歳で知りたかった投資の授業 (星海社新書)
三田 紀房 ファイナンシャルアカデミー
講談社
売り上げランキング: 1,841
難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
山崎元 大橋弘祐
文響社
売り上げランキング: 124

ブログみたいに悪口を言われる心配もなく、収益率はブログより遥かに大きい。
PVがー、マネタイズガーなんて小銭の多寡にあくせくするのが割に合うのか。
本当に金が欲しいのならとっとと上の本でも買って読んで、明日から投資結果ブログでも始めるほうがいい。

言いたいことがある

Q トレードの中で運というものはどれくらいの割合を占めているのですか。
長い目で見ればゼロだね。まったくないと思う。この業界で運が良かったので金儲けできたというひとはいないと思うね
マーケットの魔術師

ブログというのは、金儲け目的には向いていない、効率が悪い。

記事を書くことで何かを主張したい、言いたいことがある、やりたいことがある。
そういうひとにブログは向いている。
どれだけ死ねと言われてもクソボケと見下されても、揶揄されても言いたいことがあるひとが言いたいことを書く。
書くこともないのにネタを絞り出し、ウケを狙って無理してやるほどのものではない。

だから紋切り型の前口上で始まる定型文だらけの記事を書いても評価はされない。
そういう記事を褒めてくれるのは、ブログで金儲けをしようとする同じ宗教の信者だけ。

できるだけ楽して儲けたい。
できるだけ楽して稼ぎたい。
ブログなら楽だしブログなら簡単だ。
そんな勘違いがマネタイズブロガーを増やしてる。

そんな楽した記事で、自分の書く記事で、どれだけの対価を受け取る価値があると思ってるんだろう?
金が欲しけりゃあ働け、もしくは投資しろ。
検索エンジンの裏をかいたりせず、自分が金を受け取っても恥ずかしくないと思えるだけの何かを書いてそれで稼いでみてはどうだろうか。

別にブログを書いて結果として儲かることを否定はしていない。
何かを書くことに対して対価が支払われるのは順当なこと。しかし金儲けを目的としてブログを書くことで、果たして費用対効果の帳尻は合うんだろうか。

ちなみに、この記事に稼ぐだけの価値はない。

マーケットの魔術師
マーケットの魔術師
posted with amazlet at 17.02.06
パンローリング株式会社 (2012-03-09)
売り上げランキング: 729

*1:まったくイスラム教が役立っていない業の深さにげんなり