読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

表と裏のビートのノリ方で日本人はバカにされたりしない

pororoca.hatenablog.com

海外のライブにおけるお客さんは、皆さん2-4でノっています。
それは元来体に染み付いているノリが2-4だからです。

そして今や日本では、そんな海外の影響を受けた楽曲が溢れているのです。
なのに日本人のお客さんはノれていないのが現状。

それではいつまでたっても日本は世界に追いつけないでしょう。追いつけないどころか大きな遅れをとり続けることになります。
海外の音楽ファンに見られたらバカにされること必至でしょう。

更にそんな日本人で、「最近の洋楽は…」なんて語っている人を見るとどの口が言うとんねんと言いたくなります。僕の心の中の厚切りジェイソンとナダルが叫ぶのです。

日本では表拍(リズムの頭で拍子を取る)が強いので海外の裏拍(リズムの尻で拍子を取る)からバカにされるし置いていかれるんだ、という趣旨の記事。

今さら単純な表拍と裏拍の話だけで、よくぞ世界と日本の音楽シーンなんて極大主語に拡張したなという感じですが、そもそも日本の音楽シーンは世界のマーケットに打って出ようという気概もなく、そもそも世界に追いつく必要性があるのか?とか、世界ってそもそもどれのこと?とかいろいろ思いますが、まず日本語と英語の言葉の壁が立ちはだかるのが先でしょうね。
海外の音楽ファンが日本をバカにするとかどういう理由なのか、そんな外国ファンがいるのかすら怪しいですが(にしても雑だなぁ)。

世界~というならまず日本語の歌詞について語らないと片手落ち。
日本で英語詞のミュージシャンが売れること自体がマレですが。
楽曲の力とパフォーマンスと魅力で、言語の壁を超えたのはベビメタとかですか。
だからゼロってわけでもない。

それより最近は洋楽云々どころか、洋楽シーンがすっかり日本で盛り下がっていて、たとえ呼んでもペイできなかったりするのがヤバい。
外国ミュージシャンは、日本の音楽バカにしてる場合じゃないんですけどね。ビッグマウス・イン・ジャパン*1すら危うい。
【音楽を語るな】らしいですが天邪鬼なので、少しだけ反応してみますが……語るだけの価値があるんだかないんだか。



【スポンサーリンク】



フロウ


ヒップホップはご存知のとおり、カチンカチンのトラックにラップが好きなだけフロウするっていうのが大抵じゃない? だけど、僕の頭の中では、トラックもヨレてる、つまりポリリズム的に“訛ってる”っていうのが出てきたらすごいなっていうのは昔からあって。ウチらDCPRGの演奏はそっちを指向しているんで。要するにヒップホップ用語で言うところの「フロウ」しているんだと。
【インタビュー】 DCPRG 菊地成孔 × ヒップホップ|ローチケHMVニュース

菊地成孔氏のインタビューから。

表拍と裏拍の関係性は、最近の日本のラップシーンを見ていれば、単純に「日本では(裏打ちのビートが)できてない、聴けない」なんて話ではないわけです。
受け手、送り手に関わらず。

ビートアプローチとして、リアルタイムに表拍と裏拍を乗り換えるのもフロウの一部。
そこで生まれる・生み出す訛り(ゆれ)のスキルもMCバトルや楽曲の評価値において判定要素のひとつになっているのは間違いのないところ。
リスナーが聴けない、ノれないというのは、つまりフロウが理解できないということとイコールになってしまうのだが……。

身体性の有無

身体性……ここでは、わかりやすく身体性がある→踊れる、ない→踊れないにしますが、いわゆるジャズ界にビバップというインプロバイゼーション(即興)要素の発生によってジャズにあった身体性が失われた。
踊るものから聞くものへと変じた。
アメリカ音楽史から以下を引用。

第二次大戦後に急激にポピュラリティを失ったスウィングに代わって、ビバップがジャズの主流に踊り出た。それはアンサンブル中心のビッグバンドからミュージシャンの即興演奏をフィーチャーする少人数のコンボ編成への変化であり、「踊るための音楽」から「座って鑑賞すべき音楽」への変容である。
アメリカ音楽史 ミンストレル・ショウ、ブルースからヒップホップまで (講談社選書メチエ)

非常に示唆的だが、つまり楽曲が即興性(突然変化する)を帯びたことによって観客は一定のリズムでなる音に合わせて踊ることから、聞く事へとリスニングスタイルが変化したのだという。

リズム隊が不変のロックやダンスミュージックはまさに踊る音楽だが、ラップは踊る音楽か?聴く音楽か?といえばさてどちらだろうか。

トラックやビートは、基本的に一定のリズムを刻む。
そこにMCが自由にライムを乗せる。それが即興であってもなくてもビートは一定のリズムを刻む。
だから踊ろうと思えば、ビートに合わせて踊ることはできるし、リスナーがノるときはライムを聴きつつビートに合わせることになる。

しかし言ってみればライムはビートの上で自由に踊っているようなものであって、だからリスナーにとってはダンスを鑑賞するような感覚でいるとするなら身体性は薄いといえるかもしれない。
なので、ラップのライブでは思いっきり踊る、というより体を揺らす、腕を振ると言った程度なのかもしれない。

この一定のビートにライムが踊るということを指して菊地氏は前述の引用で、

ヒップホップはご存知のとおり、カチンカチンのトラックにラップが好きなだけフロウするっていうのが大抵

と表現している。

向井

日本のロックに目を移しても、たとえば向井秀徳はずいぶん以前からその辺のビートを試みていて、ZAZENの変形ビートアプローチを聴くと訛りまくってるのがわかる(何度か書いている)。
横ノリの変形ロックは、いろんな客のいるロックフェスに出ると他と違うサウンドに、確かにみなキョトンとするが(変拍子はわかっていないとつらい)ファンはきっちりついて行こうとする。
ロックミュージックには、身体性を求めてしまうのが心情。

フェンダーテレキャスターなギターロックをベースに、和を感じさせるベタベタの表拍とファンクな裏拍を混ぜこんだり、エレクトロ、ダブ、フュージョン、ラップなどを思わせる要素が闇鍋のように混ざり合い、ジャズのように即興性の高いライブ演奏(インプロバイゼーション)を見せつける向井のパフォーマンスは身体性がないが、ロックである以上持たざるをえないという辺りも変態的な印象につながる。
次の音源は、いつ出るんだか……(今年は、ひさびさ聴きに行く予定ですが)。


Zazen Boys - Himitsu Girl's Top Secret

訛り(ゆれ)、ノリ、フロウ、スウィング、グルーヴ。
日本にも、以前から裏拍で鳴らしてるミュージシャンは大勢いる。
そのリスナーが、頑なに表拍で聴く方がよほど難しいし、ジャズリスナーならスイングは当然体得していること。
主語を「日本は」と言ってしまうとモゾモゾする。

国民性

「日本人に表拍が向いているのは民族性」と言われるのも定番。
だが、こんな記事があった。

昨年の暮れ、2014年12月16日&17日に横浜アリーナで行われた星野 源のライブ、その2日目=17日の方でのことだ。

 本編全22曲中の21曲目に「夢の外へ」をやったのだが、その時、超満員のオーディエンスほぼ全員のハンドクラップが、ちゃんとスネアの位置に入っていたのだ。

 いわゆる「裏」ということになるのか。「夢の外へ」は、「♪スッタンスッタン」というドラムの、とてもテンポが速い曲だ。うちのBPMカウンター付きCDJで再生してみたところ、平均BPMは113前後(中盤の3拍子になるところを除く)。これ、半分で計測しているから、2倍にすると226くらい、ということになる。

 そんな速い曲なのに、その「♪スッタンスッタン」のうちの「スッ」じゃなくて「タン」の方で手拍子を打っているのだ、横浜アリーナをびっしり埋めた1万数千人が。全体にすっごくいいライブで終始ステージに釘付けになっていたのだが、この時ばかりは星野 源よりもお客さんの方に感心してしまった。
(中略)
とりあえず、「みんな頭でリズムをとる」80年代から、「『夢の外へ』くらい速い曲でもきっちりスネアに手拍子を入れる」2014年へと日本人のリズム認識を進化させたのは、ダンス・ミュージックと、それを取り入れたロック・バンドと、さらにそれに影響を受けた若い世代のバンドたち、ということでいかがでしょうか。なんだ「いかがでしょうか」って。
日本人は「演歌のリズム感」から脱却したか? コンサートの手拍子について考えた | Real Sound|リアルサウンド

今は「日本人は表打ち(表拍)だー」ってのは、単に観測範囲の話で、裏打ちも標準になりつつあるんだと思う。
というか、「この曲はそういうもの(裏拍)だ」ということを示せば、ファンもそうやってノれるんだと思うが。

ちなみに表拍、裏拍の考察(一つの楽曲に異なるビートを入れ込む)を菊地成孔がDCPRGで17年前からやってる。
dCprGは、ファンクやラップ、エレクトロ、ダンスミュージックをも取り込もうとした後記マイルス・デイビス(エレクトリックマイルス)をコンセプトに、ビートを遷移する際の訛り(ゆれ)などを用いた新たなダンスミュージックを実験するためのユニットとして組まれた。
なのでアルバム「Structure et Force(構造と力)」でもポリリズム(拍子の異なるリズムを同時に鳴らす)が組み込まれていたりもする。
菊地御大、最近は映画評で炎上ばっかしてますが……。

Structure et Force  Date Course Pentagon Royal Garden
デートコースペンタゴンロイヤルガーデン
Pヴァインレコード (2003-09-25)
売り上げランキング: 54,769

少なくとも現代の日本語ラッパーの、ビートに対してのアプローチの認識は、そんな表だ裏だなんてところを軽く飛び越えているし、そんな試みを聴いているリスナーがノれない理由がない。

日本のバンドサウンドやポップスサウンドは、表だとか裏だとかそういうことより、音より歌に比重を置きすぎの傾向が見えて、そういう状況がいわゆる「ミスチル地蔵」*2のようなものを産んでしまいかねない。
そのことの方がよほど言われるべきだとは思うが……。

共感出来る歌詞>>>>メロディやリズムの面白さなど楽曲の良さ

曲よりも歌、音よりも歌詞。
身体性を持たない音楽も、それはそれで一向に構わないが、だからってそれだけを嗜好する人が身体性を求める空間に混ざってしまうとやはり異物感を持ってしまう。
明確に言語化されている歌詞の方が、抽象的なメロディやリズムより(知識や教養なく)語られやすいのは、仕方ないかもしれないが。

無理やりまとめると、海外からバカにされると大きめに煽ったり「日本人」「受け身な聴き方」と言われても、そもそものロジックが薄いので全然しっくりこないし、イラッとすら感じない。
裏でノリたければそれはそれでいい、聴き方なんて縛られるものでもない。
(ただ場所取りで微動だにしないなんてのは、リズムとは別の話だろうが)
別にリスナーは表拍でなければ、理解できないわけではない。それを促す曲だからそうなっているという話。

【音楽を語るな】の前に、まずロジカルに語る知識がないとそれなりの反論すら産まないからダメなんじゃね?と思ったりするんですよね(だからほぼ趣味で書いてみましたが)。

以上、終わります。
きりがない。

*1:日本だけで売れたり、大物扱いされる海外ミュージシャンの蔑称

*2:サマソニ"ミスチル地蔵"問題はなぜ起きた? その原因と解決策を探る | Real Sound|リアルサウンド