読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諸星大二郎「暗黒神話」完全版を旧版と比較してみた

諸星大二郎「暗黒神話 完全版」買いました。
公式によると

さらなる加筆と新訳、印刷技術の粋を集めた豪華装丁によって、不朽の名作がここに蘇る

なのだそうで。
以下、写真を幾つか。



【スポンサーリンク】




まずうちにある初版が1977年度の*1SUPER JUMP COMICS版と比較。
左が77年度 旧版、右が今回の17年度 愛蔵版。

f:id:paradisecircus69:20170320210548j:plain
f:id:paradisecircus69:20170320211051j:plain

一回り大きい大判サイズ。
厚さもそれなり。
箱入り。

取り出すとこういう感じ。

f:id:paradisecircus69:20170320211104j:plain

上製本、丸背、クロス張り、背継ぎ。
印刷技術の粋と言うだけあって凝った作り。
中身も紙を終盤変えてある。

肝心の加筆も幾つか散見できる。
例として”餓鬼の巻”のコマから。
こちらが旧JUMP SUPER COMICS版
f:id:paradisecircus69:20170320211202j:plain

このページとページのあいだに
f:id:paradisecircus69:20170320211327j:plain
このシーンが入っている、と言った具合。
加筆というので数ページ程度かと思ったら、かなりの量増えてる。

各章 扉ページの位置を比較してみると、

旧版 愛蔵版
阿修羅の巻 35P 39P
餓鬼の巻 66P 81P
地獄の巻 97P 167P
人間の巻 128P 221P
天の巻 159P 255P
<おわり> 189P 288P

白ページも含むが、加筆の量はかなりのもの。
最終的には100P増えてる。
(ただし大判との比較はしていない)

筆致が違うので加筆ページは、案外区別できる……筆致、変わってたんですね、諸星氏。
BSマンガ夜話で「腕が向上しない漫画家」といわれてたのに……。

値段なりの豪華な装丁、かなりの加筆。
好きな人なら買って損はない。
ただしファンでないなら、一冊の漫画に3,000円払う価値があるかどうかは微妙……あくまでコレクター向け。
普通の人は、通常版で足りる。

暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
諸星 大二郎
集英社
売り上げランキング: 2,700

コミックなら600円程度で読める。


ところで、今の「愛蔵版」って劣化しないデジタルデータの気がするんですけどね。
「愛蔵」しても劣化してしまうのは見えているし56億7千万年も持たない。

今や幻のアニメ版「暗黒神話」*2をセットにしたデジタル愛蔵版企画もどっかやってくれれれば嬉しいのに(アニメ「暗黒神話」は未DVD化)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

暗黒神話/諸星大二郎【2500円以上送料無料】
価格:3456円(税込、送料無料) (2017/3/20時点)


暗黒神話 完全版 (愛蔵版コミックス)
集英社
集英社
売り上げランキング: 515

*1:物は1984年の10版

*2:一応、どっかで見れるので自己責任で