読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年 洋楽ギターロックの逆襲

www.hayablog.com

邦楽で物足りなくなってしまった方は、ぜひ上のバンドを参考に色々聴いてみてください。

また、私も洋楽については詳しくないので、コメント欄でおススメの洋楽を教えてもらえると嬉しいです。

こちらの記事に何かオススメでも書こうかと調べてみたら、2017年はここ数年元気のなかったギターロック界隈が突然活気づいてることに気づいた。

そこでここ数ヶ月以内にアルバムを発売する英米ミュージシャンを中心にまとめてみた。
どれもハズレ無しの音を鳴らすバンドばかり。
なのでオススメも兼ねてる。



【スポンサーリンク】



Ride

Weather Diaries

2017年、19年ぶりにアルバムを発表したJESUS AND MARYCHAINに次いで、今度はRIDEが21年ぶりのアルバム「Whther Diaries」を発表……。
マーク・ガードナーがソロの頃、OFS*1で聴いて好きになったのでRIDE自体にそこまで思い入れはないとはいえ(その割にアルバム全部持ってる)。

数年前の再結成も驚いたが、作品もリリースしてくるとは。
しかもジザメリと同じくきっちりツボを抑えた往年の音。


 
 

Kasabian

フォー・クライング・アウト・ラウド(初回生産限定盤)

実はまたギターと恋に落ちたんだ。ESGとかトーキング・ヘッズとか、そういう類の音楽を聴いていたら、どんどん広がっていってね。今日的な意味を持ち、それでいて重要なギター・アルバムを作りたいと思ったんだ。そういうのは久々だったね。俺たちはいつも前作の逆を行くんだけどさ。前作では実験的なシンセ・サウンドをやったからね。スタジオの角に置いてある自分のリッケンバッカーを見つめて思ったんだ。『これが俺のやるべきことだ』ってね。
カサビアンのサージ、新作で「ギター・ミュージックを奈落の底から救い出す」と語る | NME Japan

懐かしい。
確か初来日ライブで観たのが最初で、サマソニのマリンステージとかその後、数度参戦してるカサビアン。

サージがNMEのインタビューに語ったようにカサビアン久々の新譜は、ギターロック回帰。
前作が打ち込みに傾倒していたし、あまりよくない中でバンドがどう進むか気になっていたが、なんとか状況も良くなったらしい。


 
 

Gorillaz

Humanz
ゴリラズも帰ってきた。

2016年ブリグジットがあったり、トランプ政権が誕生したり。
政変が多いとミュージシャンも動き出すらしい。
ジャケットはお馴染みジェイミー・ヒューレット。今回はかなりクールな印象。
左下がリアムに見える(アルバムに参加はしてる)。
すでに4曲が公開済。
当然ながら今回も期待できる。



At The Drive In

インターアリア
ソロワークをさんざやってたオマーがまさかアットザドライヴインを再結成するとは夢にも思わなかったですが新譜も出すって……世の中わからんなー、と。

勢いそのまま、現役バリバリですから。
ソロのときよりわかりやすい音を鳴らしてるので非常に聴きやすい。
 
 

The Chainsmokers

メモリーズ...ドゥー・ノット・オープン
大ヒットしまくった「#SELFIE」は、そんなに好きじゃなかったチェーンスモーカーズ。

でもParisは結構王道ポップス抑えていて、非常に聞きやすい。
こういうBPM少し遅めでちょっとセクシーに歌う感じとか、そりゃあ売れるわ。

ギターロックからはそれますが、イマドキの洋楽なら抑えておくべき一組なのは間違いないのでオススメ枠として入れときます。

スコット&リバース

ニマイメ(初回生産限定盤 )

まさかのスコット・マーフィー&リバース・クオモのユニットが2ndを発表。
ジャケットは「ツルモク独身寮」「ワタナベ」の窪之内英策。
先行で公開されてるのはmiwaとのコラボ曲。
このモゾモゾするカタコト感が好きなユニットなので期待期待。

THE STRUTS

エヴリバディ・ウォンツ

最後に、非常に気になってるひと組THE STRUTSを。
グラムロックの影響下にあるサウンド、巻き舌、シャウトと非常にあざとくそれが癖になる(「ザ・ダークネスっぽい」というと通じる人にだけは通じる)。

このPVも格好いいんですよね―(1:30くらいから歌い始めるが)。
サマソニにも去年、今年と連続して参戦、間違いなく勢いがあるバンド。


……と言った感じ。

ジザメリ、RIDEのシューゲイザー勢が突然新譜発表、ミクスチャーの異端ゴリラズ、意外過ぎるスコリバ復活などなど。

上では省略してますが、スロウダイヴも22年ぶりに新譜を出すとか……シューゲイザー再起動中。
ここ数年は海外でもEDMが全盛でギターロックの勢いが弱かった印象があるが、ここへ来てこれだけのクオリティで数を出すというのは新しい動きなんだろうか。
国内でもアイドルの勢いが弱まる中で、こういうギターロックの盛り上がりは興味深い。

この辺でリアム、ノエルが喧嘩を止めてまたオアシス復活とかニュースが入れば……。


あぁ、リアムがソロアルバム出すんでしたっけ(写真はスタジオで撮影したんだとか)。
しばらく無理か。
リアムの曲って、そんなに期待できない……。

オアシス:スーパーソニック(初回生産限定) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017-03-22)
売り上げランキング: 223

*1:viewsicで放送していた音楽番組。パペットが司会でUKロックなどを紹介する