脳筋イ・ジョンジェの筋肉美とB級アクション 映画「ビッグマッチ」

不屈のファイター”の異名を持つボクサー・イクホ。世界チャンピオンを目指し、ジム経営者であり最高のパートナーの兄ヨンホとトレーニングに励む日々。ある日、ヨンホに殺人容疑がかかっていると警察がイクホを訪ねてくる。行方不明のヨンホに代わり、拘束されたイクホは、すぐさまヨンホが天才的頭脳を持つ極悪党エースに誘拐されていることを知る。エースはイクホにヨンホを助けたければ、彼が仕掛けた韓国の上位0.1%に属する上流階級のための【死のゲーム】に参加するよう要求。最愛の兄を救うべく、イクホは謎の案内人スギョンに連れられ、壮絶な戦い【BIG MATCH】が幕を開ける--!!

「新しき世界」で潜入捜査官の苦悩を演じたイ・ジョンジェが今作では元サッカー選手→反則が多すぎて格闘家に転向したところ大成功という脳筋なイクホを演じてる。



【スポンサーリンク】



闇のギャンブル組織がイ・ジョンジェに目をつけ、賭けの対象として扱うためイクホの兄を誘拐。
イクホは兄を救い出すため警察や暴力団に追われながら、街を駆け巡るという非常にシンプルな話。
格闘家やプロレスラーが、映画俳優になるとき最初に出演しそうな内容。
いわゆるロディー・パイパーとか、ストンコとかロック様とかジョン・シナとか。

イ・ジョンジェは細マッチョでいかにも格闘家然とした(只野仁のときの高橋克典のような)肉体美を披露しているんだけれども、「新しき世界」では使命と感情に揺れる複雑でインテリジェントな役を演じたかと思えば、今回は「考えるより殴ったほうが早い」キャラクターを演じるこの幅の広さがさすがという感じ。

脚本はツッコミどころも多い。
そもそも闇の賭け組織もやり方がリスキー過ぎるんじゃないかとかろいろありますが、こーいうB級映画は、何も考えずにボケーッとしてひたすらアクションを愉しめばいい映画。
イ・ジョンジェ強すぎだけれど、あの細マッチョな筋肉がそれなりの説得力を持ってるんだから面白い。
ただ最後のマッチメイクはかなり厳しそう……さすがに体重差が気になるかもしれない。

ビッグマッチ (字幕版)
(2016-04-02)
売り上げランキング: 77,069