金を掘らずにスコップを売る若者

catpower.hatenablog.com
このブログの主張はさておき、気になるのは

「バイトや仕事よりもブログで稼ぐ」ことを若者が主張するようになった」

この部分になるか。
要は「今の若者の多くがブロガーを志している」ではなくて「ブログをやれば儲かる」ことを叫ぶ若者が多いという部分で、これはもちろん「金を掘るより金を掘りに行く輩にスコップを売るほうが儲かる」だからなのは当然として、そういうあざとくお手軽な手管を若者が叫ぶことの異常さに気づいていないところだと思ってる。



【スポンサーリンク】



たとえばこのブログで記事をあげる時、一つの記事で幾ら儲かるか?なんて考えない。
そもそもズブの素人が手慰みで書いたものを誰かが読むことでお金が発生すると言うだけでも驚きなのに、それに対して対価をいただけるんだから金額の多寡なんて問題ではない。
というか、あまり読まれすぎても、それほどの内容を書いているわけでもない。
だから「それなり」の対価が受け取れればそれで十分だろう、と思っている。

ところが「お金を儲けるためにブログをやる」というのは本来的に価値のない文章に擬似的な価値を付与したり、あるいは検索エンジンの隙をついて自身の記事を広く読ませたりする、言わば詐術に類するものだといえるかもしれない。

自分の書いたものに、自分が望む対価を受け取るだけの価値がほんとうにあると持っているのか?

そんな詐術で最も楽なやり方こそが前述した「金を掘るより金を掘りに行く輩にスコップを売るほうが儲かる」やり口であり、まさに価値の無いものに擬似的な価値を付与する行為に他ならない。
別にブログで稼ぎたければ稼げばいいが、「働かずにブログで生きていきます!」という人のブログにそれほどの価値を感じることはまずなく、大概が相身互いで同じ境遇の人間同士が互助関係にあり補助し合うことでなんとか細々やっている。
それで果たしてどれだけの命脈を保てるのか。

別にブログで稼ぐことが悪いとは思わないし、それなりに価値を感じさせることを書いているならそれはそれで意味があるのだろう。
だが、価値が無いものに価値があるように見せかけるだけの薄っぺらさは隠しきれず、だから「面白くない」とレッテルを貼られる。

ブログで稼ぐ、というのは言ってみればねずみ講の可視化であり、雑誌の後ろの札の浴槽で両脇に美女を抱きかかえる広告みたいなもので、「誰でも簡単に楽に稼げる」を謳い文句にしてその方法を売る情報商材。
金儲けをむき出しにしたブログが面白くないのは当たり前。
読み手を楽しませるのではなく、儲けるためにはどうすればいいか?だけを考えて書かれているものに面白さを感じるのは同好の士だけ。

ブログなんてマトモに稼ぎたいなら辞めとくほうがいい。
専門的知識でもあればまだしも、稼ぐつもりなら片手間では難しい。
だからみんなショベルを売りたがる。
だってそのほうが金になるんだから。

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記
ちきりん
文藝春秋
売り上げランキング: 16,958

人生とビジネスを変える自分メディアの育て方
月野るな 戸田美紀
マガジンランド
売り上げランキング: 6,944

世界一やさしい ブログの教科書 1年生
染谷 昌利
ソーテック社
売り上げランキング: 29,138