「くだらない増田記事をはてブ人気記事にするんじゃねぇよ。コメント書きたいだけならツイッターに書け」と言われてもはてブって元々くだらないものでしょう

daiouoka.hatenablog.com
なんか色々間違えすぎていて、ついつい言わざるを得ないわけですが、いわゆる増田の記事自体よりコメント欄が盛り上がった「大喜利」状態な増田がホットエントリーになるのが許せないのだそうで、



【スポンサーリンク】



たまに増田(はてな匿名ダイアリー)でよくわからないエントリーがはてなブックマーク人気エントリーのRSSに流れてくる。

そもそもこの根本の認識が間違ってる。

はてなブックマークというシステムはあくまでも「話題の」数値化であって「面白さ(インタレスト)」の数値化ではない。
だからブックマークが多くついたアホみたいなブログもじゃんじゃかホットエントリーになる。
そうでなければラッパーになる宣言みたいなどーしようもない記事がどーしてホットエントリーになるのか、と。
あれのどこが「面白い」のかと。

インタレストの嗜好は様々あるからこそ「多くのユーザーに注目されている」という数値でしか事象は計れない。
増田の記事が面白くないからといって、それは盛り上がっていないとイコールではない。
面白さとイコールでないサービスだという現実と認識の齟齬に自覚がない。

はてブのインタレスト機能なんて死に体なんだから、特定の(増田の大喜利なんてブクマしないような)はてブユーザーをフォローしてその人がお気に入りにした記事を読めば解決する。
なんでむやみやたらと流れてくるホットエントリーのフィードにインタレストの優劣を期待してんのか。

不思議なのは、「互助会ブログは中身が無い」と言ってる人たちが、こういう増田記事エントリーにたいして「中身が無い」とコメントしないこと。ブログ以上に中身がないし、互助会よりウザいでしょ。

互助会と揶揄されるブログ記事の場合、記事に中身もなければコメント欄にも中身がない。だってあいさつと社交辞令の何が楽しいのか、と。
毎回毎回同じメンツが同じブログ同士をブックマークしあい、お互いのブログがホットエントリーに入るから互助会と揶揄されウザがられるのと、ゲリラ的に増田にコメントがつき、不特定多数が記事のお題に対してコメントを競い合い、スターをつける。
一方は収益、金銭が目的、一方は承認欲求と娯楽。

同じホットエントリーでも成立過程が全く違うんですが。

増田の大喜利は、記事自体がクソでもコメント欄を楽しむのが正しい。
別に他人のコメントを読まなくても自分から参加すれば楽しさもある。
上手いコメントがあれば座布団代わりにスターをあげればいい。
もっと上手いコメントを思いつくなら自分でも書けばいい。

そもそもはてなブックマークのコメント機能はそういうことを許容するように作られてるし、ましてや増田であればコメント欄が荒れても問題はない。
記事のコメント欄やトラックバックと違いはてなユーザーにしかコメント欄は(基本)見れないのだから盛り上がり大喜利になっても構わない。

というかトラックバックを使いスラドみたいな形になったら、コメントが畳まれたりして、同じ画面で読めないしめんどくさい。それこそ数百ブクマが付くようなところでトラックバックなんてやったら辿る方が大変だし、はてなスターによるフィルターも機能しない。

ツイッターやフェイスブックに書けというが、それらは各ユーザーのパーソナルなフィードであって、そんなところに書いても大喜利にならない。
ある種、増田の大喜利コメント欄は、ブックマークユーザー同士が共有できるキャッキャウフフする場所とも言える。
もしコメント欄でのはてなスター付与や他人のコメントを読む機会がなければユーザー同士の認識はかなり減少するだろうし、それにどんな利点があるのか。

はてブなんてインタレストの可視化として機能せず、SPAMと業者まがいのアカウントによってぐちゃぐちゃになってしまった。
増田の大喜利程度の息抜きはあってもいいし、見つけたらジャンルを「おもしろ」に隔離する余裕があればいいのではないかと。

まぁ、自分にとって面白くないから批判して、自分にとって面白いから批判しないのでしょ

ブーメラン刺さってますよ(こそっ

増田の大喜利なんてとても楽しいものだと思うが、そうじゃないひともたまに見かける。
最近話題の「祭囃子が騒音だ」もそうだが、当事者でなければウザい問題というのはどこにでもある。

あ、あと互助会のアフィ収益目的の相互ブックマークは、そもそも規約的に怪しいのだから、それと比較するのはかなり違うかと。

増田のブログ CCCの社長が、社員だけに語った言葉

増田のブログ CCCの社長が、社員だけに語った言葉