いざという時のための「ムー公式 実践・超日常英会話」

ムー公式 実践・超日常英会話

時折、ネタ本のようで教養本のような、どういうスタンスで読んだものか悩ましいジャンルのお役立ち本がある。
記載されているデータは真面目そうだが切り口がおかしい「図でわかる!妹に教えたい世界のしくみ」や、もし異世界転生してもやっていける知識を載せた「現代知識チートマニュアル」と同じく「実践・超日常英会話」もその系統に加わるお役立ちネタ本。
平たく言うと、とてもサブカルっぽい。



【スポンサーリンク】



アポロ計画

オカルト雑誌「ムー公式」だけにUFO・エイリアンに始まり秘密結社やUMA、地球滅亡まで網羅。
仮に宇宙人にさらわれ脳に機械を埋め込まれても、その状況を英語で話せるようになるかもしれない。

f:id:paradisecircus69:20170920213931j:plain

NASAの月面映像が偽物なのは有名だが、それを英語で話さなければならない場面も意外と多いのはジェットセッターとして活躍する一流のビジネスパーソンならご存知かと思う。
この本では、さらにステップアップとして
「火星の人面岩は火星探査機が破壊してしまった」
という例文も載せられている。
海外でNASAの月面探査と陰謀について語る際、困ることはまずないだろう。

The Face on Mars was destroyed by one of NASA's probes

海外に出張しているとき、UFOに誘拐されることも多い。
そういうとき軍隊と警察を呼ぶのもこれがあればきっと困らない。

f:id:paradisecircus69:20170920221139j:plain

I need you to call the police AND the military,because my friend was abducted by aliens.

ムー公式

構成としては見開きの左に絵と例文。
右にステップアップした英文と和訳が並ぶ。

単語に関しても、たとえば

Ghost:幽霊、幽体
Spector:亡霊
Apparition:Ghostと同じニュアンス、幻視
Phantom:Ghostと同じニュアンス、幻影、錯覚
Earthbound:地縛霊
NaturalSpirit:精霊

などと単語一つの細かいニュアンスまで考えられているのは、さすがムー公式と言ったところ。たしかにRPGでもこんなニュアンスになってる気がする。
ネタ本として眺めるのも面白いが、特殊な状況になった時にも使える実用性たっぷり。

地球が滅亡するとき、ぜひ英語で言いたいなら一家に一冊買っておいてもいいかもしれない。

とにかく、地球は滅亡する!
In any case,the earth WILL be destructed!

ムー公式 実践・超日常英会話
宇佐 和通
学研プラス
売り上げランキング: 1,605

図でわかる!妹に教えたい世界のしくみ (サクラムック)
お兄ちゃんと妹
笠倉出版社 (2014-12-25)
売り上げランキング: 32,551

現代知識チートマニュアル (MORNING STAR BOOKS)
山北 篤
新紀元社
売り上げランキング: 3,707