靴好きも入口が違うとゴールも違う

LAST issue 13―男の靴雑誌 新しい高級へのアプローチ (東京カレンダーMOOKS)
最近、靴への愛を語るのが流行ってるらしいですが、こういうのって入り口が違うとゴールも違うものでして、それもまた面白いところ。
靴好きって例えば英国靴ならエドワードグリーンとかジョンロブ、ガジアーノ&ガーリングなんかの超高級ラインに行き着く。

でも例えば自分の場合は、英国音楽から入ってるんですよ。


https://www.youtube.com/watch?v=Z3ZCZjhjguA

プライマルスクリームのボーカリスト ボビー・ギレスピーエルメスのシューズ履いてるからエルメス欲しいとか、オアシスのリアムギャラガーがクラークスのデザートブーツ履いてるから同じのが欲しいとか。
英ロックやパンク、モッズというのはワーキングクラスの音楽ですからファッションも当然ワーキングクラスが背伸びしたようなものになる。
最近話題に出てるエドワードグリーンとか、ガジアーノ&ガーリングなんてゴリゴリの貴族階級が履くようなものには手を出さない。
そもそもそれに合うような服がない。

レザーのライダースとかモッズコートにはエドワードグリーンじゃなくってジョージコックスのラバーソールやマーチン、トリッカーズ、ロークが似合う。
革靴にしろサンダースやチーニー、チャーチとかなら手も出しやすいですが。

だから高級なエドワードグリーンにも行かないし、靴好きなら必ず通るイタリア靴にも行かない。



【スポンサーリンク】


続きを読む

ヌルい観客が日本映画をダメにしている&MORE

「パラサイト」のオスカー受賞で「日本映画と韓国映画がどうしてこんなに差がついたのか?」なんて今更話題になってますが、随分前からとっくに引き離されてた事実を今更、形として見せつけられたってだけですよね。
日本では「新しき世界」も「チェイサー」も作れなかった。
「悪魔を見た」も「殺人の追憶」を超える作品を作れない。

もうずっと日本映画は突然変異みたいな単発ヒットと定番以外何もないのに、がっかりする資格すらあるのかって感じですが。
いくつか以下に考えてみる。
※思いつくまま書いているので長いです。



【スポンサーリンク】


続きを読む