2013-10-08から1日間の記事一覧

個人ブログが偉そうに「エセ」評論家を気取る事について

・どうすれば面白い書評が書けるか考えてみる/ウラガミ・624:【考察】書評について考える!の巻/真☆煩悩の赴くままに・「面白い読書感想文」をめぐる冒険(1)/いつか電池がきれるまで 今、ブロガーの間で書評ブーム! ..ではなく「書評語り」ブームなんだ…

書き言葉と「チャウチャウちゃうんちゃう?」

以前、ブログの記事を一部関西弁で書いたら 「中途半端に関西弁使いやがって!」 といった揶揄をされた事があります。 ところが生まれも育ちも関西圏(都市部)の自分は、確かに今は東京で働いてもいますが普段は未だに関西弁。 中途半端も何も本来はそちら…

ダウンタウン語りに関する違和感

ダウンタウン語りが幾つか増えてるようなので、気になった事少し。え、と。 見かけたダウンタウン語り記事の中で、ダウンタウンの笑いのテンポがスローになったから一般人もマネして...ってのはまぁ判らんでは無いけども、少なくともダウンタウン以前から関…

浜村淳の話芸とタージンのテクニック

昨日、浜村淳の事を書いた。 軽妙な語り口と知識、発想力と間合い。 あの絶妙さは、なかなか文章で出せない。 一応挑戦として ・松井優征のマンガ「暗殺教室」を読んだ 記事を考えながら浜村淳風に文章を考えてみた。 上手くいかなかったが、考えているその…

多すぎる情報は、発想の脂肪になる

小さい頃から歩くのが、かなり早い。 自慢でも無くて、真冬でも汗をかき、姿勢よくスタスタ歩くのでかなり奇異な印象を持たれる事もある。 肥満に悩まされないのは利点だが。 歩数計をつけ歩くと「激しい運動」と記録されてしまう。 歩くと大勢を追い抜かす…