2014-12-26から1日間の記事一覧

薄っぺらい煽りじゃ全然燃えない

名指しで「人を叩いてPV稼いでいるだけじゃねえか」と言われたんで相手しときますね - 今日も得る物なしZ きょうもえさんってマジメだなぁ、と。 その辺は武闘派の血なんだか。このだいちゃんなんとかいう、えーと山本大輔とかいうらしいですが、指摘されて…

安売りばかりの電子書籍の残念さ

先日もハヤカワが割引をやっていて、アンディ・ウィアー「火星の人」やらテッド・チャン「あなたの人生の物語」やら他に何冊も買いこんで、また電子の世界に積読をせっせと増やしてしまい、しかもKindleに「お前、容量いっぱいだからどれか消せや(超訳)」…

すぐ隣りの異世界 堀尾省太「刻刻」

佑河樹里は失業中の28歳。家では父・貴文と兄・翼、じいさん三代のダメ男がヒマを持て余している。ある日、甥・真が翼とともに誘拐される。身の代金を渡す期限に間に合わなくなった時、じいさんは佑河家に代々伝わるという「止界術」を使い、世界を“止めた”…