2015-06-30から1日間の記事一覧

火星の医療サスペンスSF 宮内 悠介「エクソダス症候群」

驚異の新鋭が放つ、初の書下し長編 舞台は火星開拓地、テーマは精神医療史。 すべての精神疾患が管理下に置かれた近未来、それでも人々は死を求めた――10棟からなるその病院は、火星の丘の斜面に、カバラの“生命の樹”を模した配置で建てられていた。ゾネンシ…

会社員 vs 暗殺請負ブラック企業 映画「ある会社員」

地味なタイトルに反するトンデモな中身。 【スポンサーリンク】 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 斉藤和義に似てる主人公ヒョンド。 殺し屋として働いてる正社員。表向きは金属関連企業の会社。 しかし裏では殺し請負を企業でやってる。…