【iPhoneアプリ】Seeqのライヴァル?KeywordBox

KeywordBoxはあとで調べたいキーワードを保存しておくためのアプリです。
・あとで調べようと思っていたキーワードを忘れてしまった。
・調べものの途中で他の調べたいキーワードが出てきて本題が進まない。
・インターネットでキーワードを調べようとしたら圏外だった。
といったことはありませんか? KeywordBoxがあればもう大丈夫です。キーワードをKeywordBoxに保存しておけば、あとでWeb検索、AppStore検索、辞書検索、地図検索等さまざまな検索を行うことができます。保存せずに直接検索することもできます。また、保存しておいたキーワードを自由に組み合わせて検索できるのでいろいろのパターンで検索したいときにも便利です。URLスキームを追加することで検索項目を自分好みにカスタマイズしていくことも可能です。

サポートサイト


ウチのBLOGではSeeqをかなり推して記事を幾つも書いてるんだけど、このKeywordBoxってアプリはSeeqなどのランチャーアプリを(Quickaとか検索ハブとか)使い慣れてるなら簡単に使いこなせるアプリだと思う。
12/8にリリースされた新作アプリで、現在85円セール中だそう。
って事で以下さっくり使ってみました。

f:id:paradisecircus69:20121209214652j:plain
まずアプリを立ち上げると最初に表示されるホーム画面。
一番簡単な使い方は、
②に検索したいキーワードを入力して、
③のリストから調べたい項目を選んでタップする。
これだけ。
キーワードを保存したい場合、②をタップすればキーワードが保存される。
保存したキーワードは削除するまで消えないのでいつでも使える。
(キーワードを横にドラッグすると「削除」ボタンが現れる)
次々検索したいキーワードをメモ代わりに追加して行くのがこのアプリのキモ。

画面下部にあるiマークをタップするとアプリの設定画面が開く。
f:id:paradisecircus69:20121209215824j:plain
サポートサイトを開く:開発者のヘルプサイトが開く
全てのキーワードを削除:登録した全ての検索キーワードを削除する事が出来る
検索項目:ホーム画面に並んだ検索項目の追加、削除、変更が可能
となっている。
検索項目を追加するには左上の+をタップする。
すると下部から二つの項目がせり出す。
f:id:paradisecircus69:20121209220637j:plain
新規検索項目を追加:カスタムのURLスキームを登録出来る。
勿論ウチの過去記事で公開してるSeeq用のカスタムのスキームも使える筈(_Q_を_kw_に変更してやる必要はあるが)。
※ただし文字コードまでは調べてないので一部使えない可能性もある

ライブラリから検索項目追加:準備された検索項目を追加する事が出来る。
ここでは下部の「ライブラリから検索項目追加」を選択してタップ。
f:id:paradisecircus69:20121209220944j:plain
ずらーっと準備された検索項目が並ぶので右側のアイコンをタップすれば追加登録される仕組みになってる。
他ランチャーの「検索ハブ」や「Quicka」も初めから登録があるのが面白い。


このアプリの特徴としてはサポートサイトに挙げられてる

主な機能
・キーワードを保存しておいてあとで検索することができる
・保存しておいたキーワードを自由に組み合わせて検索できる
・URLスキームを使って他のアプリを起動できる
・検索項目のアイコンをWebサイトのFaviconから取得できる
・Web閲覧中に保存したいキーワードがあった場合はコピー->ブックマーク選択でKeywordBoxに保存
※この機能を使用する際は右のURLをブックマークに登録してください。 kwbox://paste

の中の、
「保存しておいたキーワードを自由に組み合わせて検索できる」
ってとこだろうか。
例えば「ももいろ」と「クローバー」を登録しておいて、キーワードを連続してタップすれば「ももいろ クローバー」と入力窓にキーワードが入力されるので「ももいろ」と「クローバー」の2つのキーワードでの検索が可能になってる。
ちなみに類似のSeeqで同じ動作を行うとサジェスト機能で選択したキーワードに追加のキーワードが自動で表示されるようになっているので、その辺りの挙動はかなり違う。

他の機能としては、

Web閲覧中に保存したいキーワードがあった場合はコピー->ブックマーク選択でKeywordBoxに保存
※この機能を使用する際は右のURLをブックマークに登録してください。
kwbox://paste

Safariのブックマークにブックマークレットの要領で
1.Safariで適当なページをブックマーク。
2.ブックマーク整理画面でタイトルを解りやすいモノに変更
3.アドレスを「kwbox://paste」で登録。
これで準備はOK。
あとはSafariなんかでブラウジングの最中、残しておきたいキーワードがあったらそのブックマークを呼び出してタップすればアプリのリストに登録される仕組み。


SeeqがいいかKeywordBoxが良いか、は趣味嗜好によると思う。
デザインで選ぶか、通知センターも使えるからSeeqがいいか。
幾つかのキーワードを組み合わせて検索する事が多い人とか、Quickaや検索ハブを合わせて使う人なんかは(ライブラリーに元々登録もあるので)キーワード整理用として使うって使い方もあったりするかも知れない。
でも個人的にはSeeq派かなぁ...アイコンでの表示の方が使いやすいし。