「地下鉄のバイオリニスト」再び

普段ならこの時間に記事なんて書かないんだけど、なかなか面白かったんで記事に。
この@cotalawさんのツイートで気づいた。


「地下鉄のバイオリニスト」

一人の男がワシントンDCの地下鉄駅構内に立ってバイオリンを弾き始めた。

1月のある寒い朝 だった。彼はバッハの曲を6曲約45分間演奏した。その時間帯はラッシュアワーで、約1000人がその駅を通った計算だ。ほとんどの人たちは仕事に行くと ころだった。

3分を過ぎた所で、一人の中年の男性が音楽家が演奏していることに気づいた。彼は歩くペースを緩め、数秒間立ち止まったが、 やがて自分の予定に急いで戻って行った。

1分後、バイオリニストは最初の1ドルのチップを受け取った。一人の女性が箱にお金を投げ入れ、 そして止まることなく歩き続けた。

数分後、壁にもたれて彼の音楽を聴く者がいたが、その男性は腕時計を見てまた歩き始めた。彼は明らかに 仕事に遅れていた。

もっとも注意を払ったのは3歳の男の子だった。彼の母親がその子を引っぱって急ごうとしたが、その子は立ち止まってバ イオリニストを見ていた。最後に母親が強く押したので、その子どもは何回も振り返りながら歩き続けた。このような動作が他の何人かの子どもたちによって繰 り返された。親たちは、例外なく、子どもたちを先に急がせた。

その音楽家が演奏した45分間で、わずか6人が立ち止まってしばらくそこに いた。約20人がお金を彼にあげたが、ペースを緩めることなく歩き続けた。彼は32ドル集めた。彼が演奏を終えると、辺りは静かになったが、誰もそのこと に気づかなかった。拍手する者はだれもいず、だれも気づかなかった。

誰も知らなかったが、そのバイオリニストは世界の最も優れた音楽家の 一人であるジョシュア・ベルだった。彼はこれまで書かれたうちで最も難解とされる曲のひとつを演奏した。350万ドルの価値あるバイオリンで。

地 下鉄で演奏する2日前に催されたジョシュア・ベルのボストンでのコンサートは売り切れていた。そのチケットは平均で100ドルだった。

こ れは本当の話だ。地下鉄駅でジョシュア・ベルがお忍びで演奏することを企画したのは、ワシントンポストで、これは人々の認知、テースト(嗜好)、優先順位 についての社会実験のひとつだった。

その企画の概要はこうだった。
ありふれた環境で、都合の悪い時間に、
私たちは美を認 知するか?
足を止めてそれを観賞するか?
予想できない状況でも才能を認知するか?

この経験から得られる結論のひとつはこ うだろう。

世界最高と言われる音楽家のひとりが最高の作曲と言われる曲を演奏するのに、一瞬たりとも立ち止まって聴くことをしないのなら ば、私たちはどれほどのものを見過ごしているだろうか?


このネタって2007年のワシントンポストが元ネタらしい。
いわゆるリビングデッドってヤツなんだろうけど、
Tumblr経由で掘り起こしされて今さら出回っているみたいだ。

多分、今年のどこかのタイミングで「ハーバード大学の図書館の壁に書かれた...」って話も流通しそうだ*1

Stop and Hear the Music

この記事を読んで素直に「都会の喧噪で心が曇っているな、オレは」って思えた人は素晴らしい。
前向きに生きて下さい。
ただし詐欺には気をつけて。

逆に「こんなもん浜田と伊東四朗がやってる格付けと変わらんやんけ。価値なんて解らなくても生きて行けるわい」って思えた人も素晴らしい*2
それはとても正しい。
価値とはそれを評価する人のものであって、尺度も心理的機会も与えられていない状況で不意打ちを食らわせて「評価出来ないでしょう?あなたみたいな人間には価値が解らないんでしょ?」なんてほくそ笑むようなバカは放っておけば良いと思う。

この記事が気持ち悪いのは

もっとも注意を払ったのは3歳の男の子だった。彼の母親がその子を引っぱって急ごうとしたが、その子は立ち止まってバ イオリニストを見ていた。最後に母親が強く押したので、その子どもは何回も振り返りながら歩き続けた。このような動作が他の何人かの子どもたちによって繰 り返された。親たちは、例外なく、子どもたちを先に急がせた
この部分だ。
つまり
「子供は純真だから真の美に気づく事が出来たんだ」
と強調したい意図が見える。
見え透いてる。
しかし考えてみれば、美術館に子供を連れて行けばどんな惨劇*3が起きるかは想像に難く無いし、クラシックのコンサートや歌舞伎に子供が不似合いなのも簡単に想像出来る。
子供が純真で美にも聡いなんていつのパラダイムだろうか。
この文章は何が言いたいのか。
この経験から得られる結論のひとつはこ うだろう。

世界最高と言われる音楽家のひとりが最高の作曲と言われる曲を演奏するのに、一瞬たりとも立ち止まって聴くことをしないのなら ば、私たちはどれほどのものを見過ごしているだろうか?


確かにその通り。
そんなとても価値のあるものをどうして見過ごしてしまったのか。
しかしこうとも言える。
どうして、道行く人の心も打たないような演奏が評価され三億もの価値を付けてしまうのか。
何のバックボーンもストーリーも無いパッケージされない「美」はどれだけの価値があるのか。
そちらに落とす話だったら好きなんだけれどもな。
ありがちで薄っぺらな方向性が残念で仕方無い。

ワシントンポスト紙はこの記事でピューリッツア賞を取ったそうな。

カリフォルニアのばあさんブログ/ばあさんなら絶対に


え?!
.........。
へ、へぇ、すばらしいエピソードですよねぇ。
さすがピューリッツア賞*4とるだけの事はあるなぁ。
はっはははh

追記:
Facebookで人気の「有名なバイオリン弾き」は限りなくデマ
なるほど。
拡散してるネタ自体が改ざんされたものって事ですかね。
Facebookで人気、ってのも知らなかった...)
ただ

さて、このエピソードは同じFacebookで、2013年1月8日に https://www.facebook.com/photo.php?fbid=543314299025758&set=a.193265270697331.47989.126659057357953&type=1&theater という英語のエントリーがあり、これを日本語訳したものだ。ちなみに英語版ではいいねが7万件、シェアが8万件されている。
とあるんだけど、上記で取り上げたTumblrのものは2007年のワシントンポストの記事を元に訳されたと称するこの記事だと思われる。
Facebookのものは新たに訳したみたいで、同時期に二つの異訳ネタが出回ってるって事になるのか。それにしても両方元ネタは同じ筈なのに新訳と旧訳が似ている謎(しかもおおもとのワシントンポストの改竄になっている)。
つまり改竄元の英語記事があって、それが訳されたものが二種類存在して、という事になるのか。
あなおそろしや。

*1:真贋は違うが

*2:つまりGacktなら気づく訳だ

*3:お父さん飽きたよー帰りたいよー、お腹すいたよー!!!ぴーぴーぎゃーぎゃー

*4:ものすごく偉い賞