iPhoneを使った情報連携フローを書き出した(二番煎じ)

どーも。ocelot2nd(@ocelot2nd)です。
この「iPhoneとクラウドを使った自分の情報連携フローをぜ〜んぶ書き出してみた!(2013年1月)/Cross Mode Life」記事を読んでウチでも書いてみたらどうなるかと思って書き出してみたんだけれども...。
iPhoneとそれに絡めたクラウドサービスの利用状況をまとめた内容が以下の図になる。
※以下、あくまで私見

情報連携フロー全体図

f:id:paradisecircus69:20130124101425j:plain
ウチみたいにインフルエンサーでもないような泡沫(垢、ブロガー)で、ライフハックを実践したりする訳でも、ライフログを貪欲に残そうとする訳でも無く、だからと言ってファボられるのが趣味な訳でも無い。一次二次ソースあたりの情報にアクセスして、自分なりに面白ければ共有したりする程度。
基本、めんどくさがりなので省略できるものは出来るだけ省略したいし、ライフログを残したいほど充実感のある人生でも無い。
そういう人間が情報連携させるとこの程度に落ち着く。


情報収集

情報収集元はRSStwitter、Webとニュースアプリ。
ニュースソースが複数あるのは、エンジンが違うので出てくる情報が違うから。
Crowsnestにアプリは無いけどブックマークをアイコンとして置いてる。
Togetterをソースに指定できるのが特に良い(Togetterアプリの出来がしんどい...)。
jukeも使おうかと思ったけれど...。
VingowもAntennaもそうなんだが連携を考えると仕様がいまひとつだと思う。
Vingowアプリで共有を⇒Twitterのアプリが立ち上がっただけ、って事もままある。

基本はニュースソースで拾った情報をRTでTwitterに流す。
そうするとMomentoに自動保存される仕組み。

Momentoを簡単に言うと連携させたSNSのログを残してくれて、カレンダーみたいに「この日にはこのツイートをしたんだな」って確認できるアプリ。
一時期止めてたけど、最近ウチのiPhoneに復活した。
Momento用にForSquareで位置情報も残そうかと思ったけど、チェックインが面倒で止めてしまったw
連携させとけばあとは「自動で」って部分が一番重要だったりする。

わざわざEvernoteやウェブクリップしなくてもツイートからアクセスすれば十分。
がっつり読みたいものはPocketやEvernoteにでも入れておけばいい。

GunosyとCrowsnestはまとめメールが届くように設定してあるけど...Gunosyの方が良い(あくまで個人的使用感)。

ライフログ

ライフログなんて自己満足。
なので自分が管理したいお金と食い物だけをログとして残してる。

お金の管理用のアプリは有名どころは軒並み使ってみたけれど、自分にはアクティブマネーProが一番合ってる。
お金の出入りが多い、予算を立てず毎月全額でやりくり、銀行に口座が複数ある、項目を登録するとき出来るだけ簡単に(画像とかそもそも無しで)、などの条件で使い易いアプリってなると結構合うアプリが少ない。

食べログで無くRettyなのはなんとなくw
まだ新しいサービスだし、行ったお店もまだ二つ程度しか入れて無い筈。


検索

検索はお馴染みSeeqとSafari
Safariはアイコン経由で無くSpotlight検索から(設定で他はすべてオフにしているので)トップ画面からスワイプで検索に入れるのが秀逸。
なんだかんだ一番便利じゃないかなぁ。
Seeqno利便性は言わずもがな。
特定エンジンでの目的がある検索ならSeeqに。
勿論、検索ハブでも大丈夫だけれどw

で、残したいものはEvernoteへ。

まとめ

iPhoneもアプリもあくまで道具でしかない。
道具は使うものだし使われるのは避けたい。
道具に振り回されるのは本末転倒だろう。
こんな情報連携を十年先も続けてるか、なんて考えればそもそも十年後にどんなサービスや技術革新があるかわからないし、少なくともここ数年の情報をやりくり出来ればそれで充分。
Evernoteをいっぱいにして、幾つもアカウントを作って、残して残して残して残して。
今日明日死ぬかもしれないのに(メメントモリに)ライフログなんて適度でいいや。
出来ればもっとシンプルにしたいし、減らしていきたい。
死ぬときはプラマイゼロ(とんとん)で良い。
一年後もう一度(このブログが続いてればw)見直してみるつもり。
NIKEのFuelBandとかJawbone UP辺りは試してみたいんだけどなぁ。
オモチャにしては少々高い。
日本で正式販売しないかしら。