「アイドル」ももクロの未来を考える

入口のない出口 (初回限定盤A)入口のない出口 (初回限定盤A)
ももいろクローバー

スターダストレコーズ 2013-06-05
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る

ゆるノフ宣言

昨日「ゆるノフ宣言」という記事を書いたら反響が多くて驚いた。
どうやらフォローさせて頂いてる方はどちらかと言うとゆるノフに近い方々が多かったらしい。
しかしライブに行くと絶対数として、法被を着込んで鉢巻きしたり、物販に並び、全身推し色にして、ペンライト振りながらコールのタイミングに賭けてる方々は多い印象がある。あと全体的に矢張りファン層は若い。
全身ピンクの集団が「さ〜さき、おい!」って言いながら集合写真撮る場面に出会うと
「若いなぁ...キラキラしてるなぁ」
と、体力の落ち始めた独身男は、眩しさに目がくらみそうになる。
応援のやり方は人それぞれだし、コールの有無論とか、人に押し付けるのではなく好きな格好で好きに応援出来ればそれが一番だとは思うけれど、やはりあの全身を一色に包んだ一昔前の親衛隊みたいな格好の集団の中に混ざると違和感を感じるのは仕方が無いところだろう。


昨日、Twitterでやり取りをしている中、ももクロの未来の話になった。
今は人気がとてもある。
西武ドーム2DAYSでトータル七万人。ライブビューイングも込みで10万人。
それだけの数を動員出来る。
ウィークリーのチャートでアルバムが1位、2位。
しかしその人気がいつまでも続く訳じゃ当然ない。
どこかしらで右肩下がりに落ちる場面は来るだろう。
その切っ掛けがどこになるかは判らないし、どんな現象なのかも判らない。
スキャンダルなのか、楽曲のクオリティが下がるのか、ももクロ自体が飽きられ始めるのか。あるいは目標が無くなるのか。


延命は、パフォーマーとしての能力を高める事だろう。
マドンナがいい例。
スキャンダルがあろうが、結婚してようがそのエンターテイメントショーとしてのパフォーマンスのクオリティは高く、観客を惹き付ける。
アイドルがアイドルとして、特に女性アイドルの寿命が短いのはそこに性的な、プライベートの面が出てしまうと途端に商品価値が落ちるからだろう。熱愛発覚報道、お泊まり、プリクラ流出。
途端に人気は急落する。
AKBやモー娘。システムのように換えの効く訳では無いももクロは一世代きりで簡単に終わってしまうだろう。
ジャニーズの男性アイドルのように、各人が役者や司会などのバラ売りで活躍する未来は考えづらい。


だからこそ、ももクロは5TH DIMENSIONで色を捨てた。
ベージュ色の衣装で顔を隠した。
それが意味するのは純粋な踊りと歌だけにするって事だろう。
顔が出ない、色も無い。
「かなこ」「しおりん」「あーりん」「れに」「ももか」
それぞれの個は存在せず、そこにはももクロだけがある。
だからそこには歌と踊りだけがある。
パフォーマーとして更に高見を目指すために。
5TH DIMENSIONが指す未来には「アイドル」ももクロはいない。
その先には純粋なパフォーマーとしての「ももクロ」だけが存在して、スキャンダルにも恋愛結婚にも負けずに、純粋にクオリティの高い楽曲と、さらに高いパフォーマンスを見せる未来があるんじゃないだろうか。


「かなこはオレの嫁!」
って発言してる人は5年後も10年後も応援してるんだろうか。
もし「スキャンダル発覚!」なんてなったらどうするんだろう。
スキャンダルがあっても無くても楽曲もパフォーマンスも変わらない筈なんだけれど、アイドルとして応援をしていたとするならそれで風景はがらっと変わってしまうだろう。
人間時間が経てば成長するし、姿も変わる。そしてやがて老いる。
人を好きにもなるし、結婚もするだろう。
人間なんだしそれは当たり前の事。
その当たり前の事を目にした時「アイドル」として応援している人はどうするんだろうか。
そんな未来がいつになるか判らないが、ゆるく長く見守って行きたいと思ってます。


個人的にはスキャンダルより楽曲のクオリティが下がったりする方がっかりですけど。

ももいろクリスマス2012 LIVE Blu-ray BOX【初回限定版ももいろクリスマス2012 LIVE Blu-ray BOX【初回限定版
ももいろクローバーZ

キングレコード 2013-05-29
売り上げランキング : 14

Amazonで詳しく見る