炎上常連のオワコン化について考える

・ぼくはみなさんに「理解されたくない」と思う
ikedahayato.com/index.php/archives/23331


お馴染みイケ○ヤくんネタです。
彼のアドセンスを稼がせるために1pv差し上げてみました。
中身を要約すると
「ボクの斬新な意見は皆さんに理解されなくても仕方ない、死後に評価されてもいい」
ただ長いだけで中身はこの程度(なので元ネタは見なくていいです)。


理解されないのではなく中身がそもそも無い


冒頭に自分で
「創作者としては」
って書いちゃう辺り、かなり痛々しいんですが、
というのも、「本当に新しい意見」というものは、短期的には世の中に理解されないはずだからです。歴史を見れば、優れたアーティストの作品というものは、みな「新しすぎて」、同時代の人には理解されないものばかりです(ピカソ、セザンヌマーラー…)。
んー、自分を歴史的なアーティストと比較しとる。
正直、面白くないですよね。
釣り針太すぎて誰も引っかかってないし(ネタの無いオレくらいのもんで)。


そんなぼくの発言が、10年後、20年後、ぼくの死後に「あぁ、あいつが言っていたのはそういうことか!」と思ってもらえれば、それで十分です。ブロガー冥利に尽きます。
悲しいのは、これだけ釣り針をぶら下げても、以前のようなリアクションが得られないって事だろう。
別の記事(NOV記事)に
「イケ○ヤはオワコン」
ってブコメが付いてたんだけど本当にそうなのかも知れない。


なんかねぇ、
「何を書いてももうこの人ってダメなんだろうな」
と思った。
つまり炎上って
「たまに燃える」
からこそ轟々と燃える訳であって、常にずれた事ばっかり書いてるとそれが常態になる。
「痛みは初めのうちだけ慣れてしまえば大丈夫*1
確かにその通り。
バカげた意見にも慣れてしまった。
読んでてムカつかないんですよ。
だっていつもだから。
もうツッコむ気にもならず、Disる気にもならない。


拡散するな


信者は、RSSなりで定点観察して中身も大して読まず表層の理解で薄っぺらなコメントをつけ拡散に努める。あんなグダグダなもんを信心するんだから、よっぽど意識が高いと思われる(意識が高く、理解力と読解力に欠ける)。
それ以外のネットリテラシーの高い(ハゲと聞けば一発屋の作家を思い浮かべ、Studyって単語だけでバカ社長と僕○と例の女を思い浮かべるような)方々にとってみれば
「まただろ?hagexさんとこごとうさんとこ見れば済む」
で終わる。
書店に直接ブコメなんてつけない。
Disってる輩がいれば、はてな最下層の初心者。
アドレス撒いてんじゃねぇよ、初心者が。


凋落と終焉


どのあたりから凋落し始めたかと考えると、皮膚感覚的にはやはり例の対談イベントとその直前の「社畜と家畜」エントリー辺りなのかなぁ、と思える。
社畜と家畜を比較する、というゲスな手法だったんだがあれで底の浅さが露呈した。
これだけ露骨な煽りをやらないともう燃えないんだっていうのが判ってしまった。
・ノマド礼賛と社畜へのDisり
・年上からの上から目線への嫌悪
・一面的な価値観での全体語り
・自分が表現者であるとの勘違い
・年下や若者へのアドバイス
・自分にとって都合のいい悪役が例として登場
・人の上から目線は嫌うが自分は上から目線
・自分擁護大好き(自虐も見せるが自虐になってない)
・無意識なダブスタ

あの人の手札ってこの程度。
これをシャッフルしてやりくりしてるけど限界が近い。
はてなのベテラン方も飽き飽きしてる。


あの対談で掴み合いになるくらいの展開だったら今も違ってたのかも知れない。
まぁ徳力御大が出しゃばって綺麗に進行しようとしたばっかりに不完全燃焼で終わった印象。あんだけ喋っても欠片の方向性も結論も何もなかった。
せめてタックルかましてマウント取ろうとする山本氏を、イケハ○がバタフライガードではねのけて、立ち上がろうとするところへ顔面踵落としするくらいのモノが見たかった。
ノールール電流爆破。
ベタ足インファイトで、ゼロ距離のデンプシーロールの打ち合い。
そういうモノが見たかった。
ところが蓋を開けたらコミュ障が延々何か言ってるけど全然伝わらないだけ。
あぁ、だからあんなブログになるんだな。
みんな納得してしまった。
百聞は一見にしかず。
商品価値はあそこで終わった。


ブログって面白かったり役立つことが多くあるから読もうと思う。
そういう記事によって評価されPVも上がる。
ただ面白くても尖ったブログなら当然過激な記事もあるし、それが原因で燃えたりする。
でも面白いからPVは下がらず読まれ続ける。
どうしてかと言えばそのブログの理論とスタンスがぶれないから。
読み手を納得させるものを提示し、それによって評価を受ける。
ところが彼の場合は全部の記事に同意が無い。
論理は穴だらけで自己顕示欲と勘違いしかない。
同じようなネタの使い回し、切り口を変えているだけ。

だからもう燃えない。
彼をいじるのは一部のブロガーだけ。
死体蹴りが大好きな人々くらいのもの(ウチも蹴りに行くけど)。


消費されたオワコンと方向転換へのあざとい道のり


かつて、○あちゅうがオワコン化した時に舵取りを切り替えて有料サロンなんて開いて、意識高い系の勘違いバカを集めて金を稼いだわけだけれど、あれにしたってルックスが伴ってたからこそ成立した訳では○ちゅうがぶっさいくならあんなもん成功すらしてない。
イケハ○もすっかり消費されてしまったって事なんだろう。
今のままでは沈んでいくだけ。
文章力を上げて、論理を構築して、新しい切り口がないともう厳しい。
そんなんじゃあ燃えない。
社畜と家畜?
もう、どうでもいいよ。


関連記事:
魔太郎くん、コンビニ店長、ハゲ丸くん、社長くんの生け贄スタイルの実践

もえない  Incombustibles (角川文庫)もえない Incombustibles (角川文庫)
森 博嗣

角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング : 345752

Amazonで詳しく見る

*1:ろくでなし/TheBlueHearts