京極夏彦「遠野物語remix」を読んだ

北川福二と言う人は、去年の津波で妻と三人いる子の内の一人同時にを亡くしていた。
夏の初め頃、月夜に福二が海岸を歩いていると海面を覆う霧の中に朦と人影が浮かんだ。
影は寄り添う男女の姿。
よく見ると女の方は死んだ筈の自分の妻だった。妻と一緒にいるのは福二と結婚する前まで懇意だった同郷の男。その男も去年の津波で死んだ筈だった。
福二が声をかけると気づき
「私は、今はこの人と夫婦になっているのです」
と死んだ筈の妻は答えた。
「それは如何にも勝手だ。子供たちが可愛くないのか」
福二がそう言うと妻は僅かに顔色を変え泣いた。福二は悲しく、悔しく自分の足下を見ているとその隙に二人はいなくなっていた。
追いかけようかと思ったが妻は死んでいると思い止めた。
あの二人は死んでいるのだ。あの世の事まで指図は出来ない。
夜明けまで考えていたが夜が開けて帰る事にした。
その後、福二はしばらく床についていたと言う。


淵村の助役北川清という人の家は字火石ひいしにあり。代々の山臥やまぶしにて祖父は正福院といい、学者にて著作多く、村のために尽したる人なり。清の弟に福二という人は海岸の田の浜へ婿むこに行きたるが、先年の大海嘯おおつなみに遭いて妻と子とを失い、生き残りたる二人の子とともに元もとの屋敷の地に小屋を掛けて一年ばかりありき。夏の初めの月夜に便所に起き出でしが、遠く離れたるところにありて行く道も浪なみの打つ渚なぎさなり。霧の布しきたる夜なりしが、その霧の中より男女二人の者の近よるを見れば、女は正まさしく亡くなりしわが妻なり。思わずその跡をつけて、遥々はるばると船越ふなこし村の方へ行く崎の洞ほこらあるところまで追い行き、名を呼びたるに、振り返りてにこと笑いたり。男はとみればこれも同じ里の者にて海嘯の難に死せし者なり。自分が婿に入りし以前に互いに深く心を通わせたりと聞きし男なり。今はこの人と夫婦になりてありというに、子供は可愛かわいくはないのかといえば、女は少しく顔の色を変えて泣きたり。死したる人と物いうとは思われずして、悲しく情なくなりたれば足元あしもとを見てありし間に、男女は再び足早にそこを立ち退のきて、小浦おうらへ行く道の山陰やまかげを廻めぐり見えずなりたり。追いかけて見たりしがふと死したる者なりしと心づき、夜明けまで道中みちなかに立ちて考え、朝になりて帰りたり。その後久しく煩わずらいたりといえり

柳田国男「遠野物語」


作家 京極夏彦のところに
「柳田国男の遠野物語の現代語訳をしないか」
という依頼があったのだそうだ。
ところが京極氏は、ただ現代語訳をするだけの仕事なら引き受けないと言う。
遠野物語は、柳田国男翁が遠野の人々から聞き及んだ話を淡々と記したもの。
一つ一つの話は、不思議で興味深く面白いが、読み物としてまとまりに欠ける。
そこで京極氏は現代語訳と内容に応じて話を分類し、順番を変えまとめた。
そしてこの「遠野物語remix」が上梓される運びとなったのだそうだ。
遠野物語remix (角川学芸出版単行本)遠野物語remix (角川学芸出版単行本)
京極 夏彦,柳田 國男

角川学芸出版
売り上げランキング : 454

Amazonで詳しく見る

不思議な事や理解出来ない事があるとそれを「妖怪」に当てはめて理解をした。
例えば誰か子がいなくなれば「天狗に攫われた」と言う事に。
家が栄えれば「座敷童が現れた」とした。
それをキャラクターにし、一般レベルに浸透させたのは水木しげる氏で、遠野物語にはそんなキャラクターになる以前の妖怪の原型がある。
原型だから冒頭に挙げたような不思議な話もあれば、オチも無く、数行で終わってしまうような話もある。
河童、天狗、山神、座敷童など妖怪と呼ばれる存在の名称が出て来る場合もある。
現代語訳も大幅に読みやすくなっており、冒頭に挙げた話なら
夏の初めの月夜に便所に起き出でしが、遠く離れたるところにありて行く道も浪なみの打つ渚なぎさなり
この部分は
夏の初めのこと。
月夜であったという。
福二は用便のため起き出して、小屋の外に出た。仮小屋であるから、便所は遠く離れているのだった。しかも波打ち際の渚を延々歩かなければ、便所には行けないのである。
かなり言葉が足され、情景も連想しやすく描かれている。
朴訥とした印象の遠野物語が読み物として成立していてとても面白い。
人の死ぬ話が多く、しかも残酷な死に方も多い。
今よりもよほど死が近い。
理不尽に死んだり、その理不尽さを理解するための装置として怪異が用いられる。

今では人は家と家とが建ち並ぶ中に住んでいる。
夜の闇は人口の明かりで退けられ、夜中でも明るく真の闇は減った。
でも昔、人間は自然の中に生きて、闇は濃く、怪異はすぐ隣にあった。
遥か昔々の話ではなく少し前、祖父、曾祖父の時代の不思議な話。
コレデドンドハレ。

諸怪志異 第一集 伝奇編 (コミック叢書SIGNAL)諸怪志異 第一集 伝奇編 (コミック叢書SIGNAL)
諸星大二郎

光文社
売り上げランキング : 183347

Amazonで詳しく見る