NAVERまとめが自由過ぎるが引用と剽窃は違うと思うぞ

まとめとはなんだろう。

例えばTogetterであればツイートを抽出してある一定の指向の元に編集されリスト化されたものになる。
そこにまとめ主(編集者)の思考が出るからまとめは必然的に(無作為抽出したものでもない限り)偏向したものになる。
それにリスト化に対して承諾が無いままに勝手にツイートを利用される場合もあり、Togetterには色々問題もあると思う。
過去記事:【WEB】たまにTogetterにログインして自分のツイートが誰かに使い回されて無いか確認しといた方がいい


NAVERまとめは、まとめ主にインセンティブ(報酬)が発生するため、作為的なタイトルや、ステマまがいのまとめなども多く、かなり問題があるまとめも多い。
とある事象があったとして、それに対して引用し、リンクを貼り、画像を付け、その事象を様々な要素を繋ぎ合わせる事で判りやすく見せ、PVを稼ぎインセンティブを狙う。
Wikによれば

NAVERまとめをはじめとするキュレーションサービスの特徴は、インターネット上の媒体に展開される様々な情報に対して編集者個人の視点、経験、価値観が加味された上で集約された情報がインターネットへ公開されるため、同じ視点で検索しているユーザーや、同じ価値観を持っているユーザーにとってより有益な情報となる場合がある。
同サービスは、まとめページへのアクセス数(ページビュー)に対してインセンティブ(報酬)の支払いを行なっており、アクセス数に応じた金額が一定のレートに基づき換金されページ編集者に支払われる。 インセンティブの支払いは楽天銀行株式会社が提供するメール送金サービス「メルマネマスペイメント」を利用している。
同社では「NAVERまとめ」サービスを「キュレーション・プラットフォーム」と呼称している。

Wiki

自分で何かを書く事はせず、インターネット上の情報を貼付けたりくっ付けたりする事で一つの事象をまとめあげて判りやすく見せる。
勿論そう言う想定だが、だからこそ自分が売りたいものの宣伝になるような情報ばかりを集めて
今、美容師の間で口コミで売れ続けているドライヤーって何?
みたいなステマまとめがアップされたりもする。
ブログをやるほど文章が書ける訳でも無く、手軽にリンクを貼付けて記事を作り上げてインセンティブでお小遣いがもらえる。
お手軽なんだろう。
中にはイベント内容書き起こしをやっているような輩もいて、それはまとめでもなんでも無いと思うが、広義に
「だってイベントの中身を書き起こしてるんだからまとめでしょ?別に良いんじゃね?」
と言われてしまえば返す言葉も無い、というかどうでもいい。


さて、そんなまとめにこんなのがあった。
村上春樹新作の「最も参考になったカスタマーレビュー」がすごい
ttp://matome.naver.jp/odai/2136780397669542501
このまとめ、460RTされ、しかも257いいね!されてる。
さて、この中身だが、
村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
村上 春樹

文藝春秋
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る

この下に他の人が書いた長文のレビューを丸々全部貼付けして、著者紹介を貼ってアップロード。
あとは自分のツイッターで拡散して反応があったツイートを貼付けて一丁上がり。
それだけ。
ん?
まとめ?
で?
何これ?
何がまとめ?
中身のうち八割九割が他人の書いた文章を丸々貼付けてそれで自分の金儲け?
引用元書いてあるから問題ないでしょって事??
・埋没地蔵の館
http://yaplog.jp/akita0106/


このドリーさんの書いた記事が面白いのであって、このNAVERはなんの中身も無い。
なにをまとめてるって言うの?
無断でマルパクリしてるって言うんじゃないの?
全文引用?
あれ?全文引用ってアリなんだっけ???

いやーすげぇわ、やり口が素晴らしくグレーと言うか黒いよ。
それは引用じゃなくって剽窃だろw
誰がやってんだと思って見てみたら...あぁ、バズるテクの方ですかw
どうりでうさんくせぇ。
f:id:paradisecircus69:20130508144011j:plain
スピードワゴンの言う通り。
拡散してる460人はなんにも考えないんだな。
このまとめの大半を構成している記事を誰が書いて、でもそのインセンティブは誰に入るのか。
考えれば判りやすいと思うがね。
さすがですわ。オレにはこんな薄汚い事出来ないっすよwww
...でも全文引用は普通にアウトだと思うけど。


さすがヨシナガ!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ!
そこにシビれる!あこがれるゥ!

追記:
著作権者であるドリー氏が自分のブログのアクセスの代わりに丸写しを了承、との事。もう、どーでもいいですわ。