バカなりの批評とか批判とか(実践編)



以前に書いた記事が「こいつバカなんじゃね?」って拡散されているようですので、そのバカ呼ばわりされている記事をバカなりに順序を変えたり読みやすくしてみました。
とはいえ以下、バカの書くものですから誤謬はお許しください。
※いつも読んでる方には、同じ中身ですみません


・【短考】感想と批評の違いとはなんだろう?/短歌ウルフR
http://nagase-m.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-3203.html
こうやってまとめて頂くと判り易くていいと思います。
とてもいい記事。

まず短歌ウルフRさんの記事から重要部を拝借すると、

感想 批評 批判 悪口
評価種別 肯定・否定 肯定・否定 否定 否定
評価基準 主観的 客観的 客観的 主観的
説明責任 なし あり あり なし

こういう感想から批評、批判、悪口に至る分類がある。
この言葉が出来た頃と違って、今のようにコミュニケーションがあり、ネットに何かを書けばそれに対して良かれ悪しかれリアクションがあるような状況を含んでこの言葉は形成されていなかったろう。


批評とか批判とか


世間に作品を発表したり、公人が発言したりする。
それに対して「批評」されたり、「批判」があったり「悪口」が挙がる。

文学作品が発表されてあれに対して感想をいう。
昔はそれが「面白かった」「クソつまらなかった」って言う個人の感想か、書評として雑誌に載ったりするところが終着だった。
ところが今はそれがネット書かれる。
一個人が書いた文字が、ネットで多くの衆目にさらされる。
で、それに対して更にリアクションが派生する。


新しいパラダイム


旧来的な「批評」「批判」「感想」「悪口」枠に当てはめようとするからネットではズレが起きる部分がある。

例えば記事に対して
「○○って××だろ?!」
コメント付けても「感想」「悪口」とも読めるし、「批判」とも取れるし「批評」とも読める。
結局受け手側の問題。
受け手がスル―すればそれはただの「感想」で終わるけど、受け手が返したらそれは「批判」になって「批判」に「批判」で応酬するって言う無益な戦いが始まる。


公的な事に対して悪口を言うのはセーフで、個人の発表してるモノに対してならアウト?
だって今や個人が書いたものが何万人に読まれるんだぜ?
ウチみたいなクソ泡沫のクソブログでも何万人か来たりするんだぜ?
線引きも微妙。
どこからどこまでか。
論理立てて
「ここがこれだからこれでこうなんだ」
って書いても
「お前批判したな!批判!」
いや、だってそう読んだんだもの 笑
嫌なら発表しなきゃ良いじゃん。
ネットに書かなきゃ良いじゃん。
ネットに書いたらそりゃ感想でも悪口でも書かれるんでしょう。
そりゃあ
「こいつ何書いてんの?バカじゃね?とっとと死ねばいいのに?何で生きてんの?ボケ!」
とか悪口書いて怒られるなら判りますけどね。


言語的に何か新しいジャンルとか考え方・捉え方が必用なのかも知れない。
バカにでもわかりやすく納得できるオブラートとしての。
今やセーブアイコンもフロッピーじゃ古いってなってるのに、ネットの新しいコミュニケーション間の批評・論に対して正確にそれを表現する言語が無いのは問題だろうよ。
無理矢理、旧来の言語に当てはめてる。
個人が情報発信元になって別の個人がそれを見て評価してそれを書いて、その書いたものをまた別の個人が見て評価して書いて...そんな事を想定していない時代につくられた言葉でやりくりしてる。
新しい働き方「ノマド」みたいなさ、なんかそういう造語は無いもんかな。


リングサイドの批評家


話は少し変わるが、とある記事を読んで悪口書いてるわけじゃなく、
「○○が××だからこれは良くない」
論理も筋も書いてるのに怒られる。
でもさ、
「なんだこれ、最悪じゃねぇか」
悪口コメント書いてる方がよほどひどいんじゃね?
書き逃げして、中身もろくに読んで無くて、そーいうヤツにはろくな見解も無いのに。
なのにそっちはスルー。
なんかおかしくね、この仕組み?


「お前はリングに上がってきたから殴りあいオッケーだろ?」
って事?
リングの外から石投げてるやつはスルー?
いや、オレもリングに上がってねぇ。
リングサイドで「あの試合はかなりしょっぱい試合だった」って言ってる。
個人に対して「あいつは」って言ってるんじゃなく「あの試合は」って言ってる。
なのにリングの上に引っ張りあげられてしまう。
批判じゃなく試合の批評をしてるってのに。
大声で言ったらリングへ上がって来いって言われる。
なんだこのシステム?


同じ条件を前提として同じルールで打ち合う。
それを「リングに上がる」と称し、
議論を求めてるんじゃなく感想を書くのを「試合の批評をしてる」と称し、
条件が違ったり、違うルールで個人攻撃をする事を「石を投げる」と称してる。


「悪口を書いて攻撃すれば殴れる」
そんな単純な事じゃない。
だからこそ前提として感想、批評、批判、悪口って分類を挙げてる。
中身も問われるだろって事。


「ネットをやってるからには全員リングに上がってる」
なんて無為な意見は全く勘違いも甚だしくて、じゃあ以前にコンビニ店長が粘着垢に付きまとわれてたけど、あれをどうやって「殴る」んだろう?
増田相手に本気で批判して何が得られる?
ブログやってる者同士が互いの記事を批判・批評するのと、ツイッターでコテハン捨て垢とでメンションでやりあうのと、ブログの記事の悪口を粘着増田に書かれるのは全て条件が違う。
全員リングに上がってる?
何の勘違い?
フェイスブックで実名晒してるやつと増田が同じリングの上で同じ条件でやりあってる?
フォロワー数千ついてるアカウントと捨て垢が同じ条件?
それぞれにルールは違う。


ただ石を投げてるみんなに変わってもらいましょう、それにはパラダイムが必要だ、って方向はよくわからんぞっていうかそれ何か言ってることになるのかって感じで、「みんなもっとちゃんとしようよ」って主張を徹底した先に待ってるのなんてせいぜいせめて自分だけでもちゃんとしてようってことで毒杯を飲む、くらいのもんです

http://zuisho.hatenadiary.jp/entry/2013/05/20/005014

わたくしのようなバカが賢い方にわかりやすくまとめると、
・ネットで何かを書いても感想、批評、批判、悪口どれになるかは受け手で決まる
・旧来的な言葉は今のネットのやり取りに窮屈だし「批評」という概念を変えないと(もしくは言葉を新しく作る)対応しきれてないんじゃ?
・ネットで語るって別にみんな同じ条件って訳じゃない

これがメインになってる。
インターネットでの議論のやり方?
いや、そもそもネットでの議論って無益だってずーーっと言ってんだけども。
議論のやり方なんて書いてねぇし、書いてるのは「言語」だっつってんだよ?
f:id:paradisecircus69:20130508113744j:plain
以前の「はてブでは面白い事を至上にしよう」記事は、パラダイムだけどあれにしても前提として「ブコメで悪口を書くな」って言う他ブログの記事があったんで、それは無茶だからじゃあ「面白い事が評価されるようにすればいいんじゃね?」って書いてんだよ(ややこしくなるので今回は端折りましたが)。
んで、ついでに手前味噌に言及したってだけ。
言及先があってそれを見なきゃあ文脈も途切れるのは当然の話。
ウチの記事は複層構造で複数テーマがいつもだから読みづらさはいつもの事だけど。
バカですか、そうですか。

みんなちゃんとしようよ? 笑
そんなこと考えてもねぇわ。
一番言わないキャラがオレだぜ、アンタ。
言及記事の誤謬をひとつひとつ挙げていって叩いても下らないので、ウチの記事をバカなりに書き直してみました。
バカの書いたもの理解出来ないなら読まなくていいから
打ち合いする気も無いさ。
リングに上がれとは言わんよ。
読んでくれって頼んでないよ。
こんな泡沫相手に暇だね、どうも。


これで終わります。
無益で疲れるね、どうも。