ネットの常識は常識じゃないし知らない方が幸せ?

・『ゴッドタン』でいじめっ子を演じるはるかぜちゃんさんに、プロ魂を見た
http://d.hatena.ne.jp/the-world-is-yours/20130523/p2

ウチもゴッドタンは好きで毎週欠かさず観てる。
多分、キス我慢の映画も観に行く。
ごとうさんのとこに上記リンクのはるかぜちゃん記事があったんだが、それにしてもテレビで観ているはるかぜちゃんがなぜネットであんなモンスター扱いになってしまったんだろうか。というか、未だにテレビでしか見ていないならイメージは
「あぁ、あの演技の上手い子役?」
程度の認識じゃないだろうか。
ディープなツイッタラーならH.E.S.S.(はるかぜちゃんエゴサーチシステム)を思い出すだろうし、かつて魔太郎くんが自著の宣伝に利用しようとしたのを一蹴したり、


何度も燃え上がる様子も思い出す。一時期は様々なネットの語り手たちが「はるかぜちゃんとは~」とツイッターでの発言及び周囲の反応に関して語り、そして今の「ツイッター上での」はるかぜちゃんが出来上がったように思える。


誰かにとっては当たり前でも誰かにとっては当たり前じゃない。
ネットは広大で、誰もすべてなんて把握もしてない。
数日ネットを止めればその間の事実は遥か彼方へ消え去ってるし、TLを追うにも情報が多すぎるし、時間は少なすぎる。
だからまとめが重宝がられる訳だけれど。


例えばハックル氏なんかは知らない人からすれば
「あぁ、あの「もしドラ」の作者の人!たまにバラエティで見るねー」
程度かも知れないけどはてな在住なら、
「ハックル最近荒ぶってないよなー」
「メルマガで暴れてんじゃね?」
「ツイッターでもあんまり絡んでないしな?」

はてなで“荒ぶる”ハg..ハックルベリーの時代も延々あったし、その頃は日々炎上してホッテントリの常連だった。
最近は、ツイッターでフォローしてない(メルマガも読んでない)からどんな感じかもさっぱりわからないけど。
ハックルさん「はてなという場は、一言で言えば狂人を欲していた」
はてなをやってりゃあたりまえでも、はてななんて一般教養じゃない。


ウチの上司にでも
「いやー、実は昨日書いた記事がotsune氏にブクマされましてねー。Tumblrにも入れられちゃいましたよー」
なんて言って
「それはすごいねー。青二才くんレベルのキャラを目指さなきゃだな!はっはっはっ!」
なんて答えが返るなら早期退職する。


街角でオバハン連中が
「ちょっと、昨日の書店見た?なんかひどいわねぇ。露骨すぎない?」
「そうよ。rootportさんとこの方がよほど複雑で読みづらく出来てるわよ。おかしいとこだらけだけどw」
「ところであたしはあちゅうのサロンに入会したんだけどね...」

なんてオバハンらの旦那は全員浮気しまくってるに違いない。


ネットでは知らないことが恥ずかしい事のように扱われる。
でも知れば知るほど恥ずかしいって事もあるんだろう。
実にお恥ずかしい。
何も知らずに家入を知って「アクティブな企業家って素敵だなー」って思ってれば幸せだったかも知れない。
何も知らずに安藤を知って「綺麗な人だな。ノマド?なんだそれ?新しい生き方だな!」って思ってれば幸せだったかも知れない。
上杉隆と見るだけで、メイロマと見るだけで、ヨシナガと見るだけで...。
しかし知らなきゃDisられる始末。
「お前そんな事も知らないのか?」
「取り巻きか?」「信者か?」

いや、ただ無知なだけですがw
別に何が悪いんだか。


そしてこんな感じの記事前にも見たな?ってディジャヴュは、は気のせいだろうから忘れてください。
書いてる途中で気付いた。
いや、実にお恥ずかしい。
恥ずかしいのでオチが無いが終わりにする。
いやはや、お恥ずかしい。

※あれ?ツイッター落ちてる?