変わっていく音楽とネット

もはやYouTubeがSoundCloudが、わたしの音楽体験の真ん中にあるんだなって思う。いや当たり前なんだけど。だからリアルが入ってくるとテンションあがる。普段完全に受動だから聞いてるしかないから、こっちからなんかできるのが話せるのがすごいことのように思える。向こうからテキストや動画やらもちろん音楽やらで発してくれているのを見られるからこそ、「いつもありがとうございます」って感じになる。ネットで聞ける曲でも買う。順番が逆だ。いつも聞いてる曲をあとから買ってることになる

やっぱりわたしはCDを音楽聞くために買ってなかった/インターネットもぐもぐ

感覚が今っぽいなぁ。
これからの標準はこーいう感覚になって行くのかも知れない。
時代が変わっても、ユースカルチャーの中心は若者だろうし。


そう感じる程度には年をとってる。
旧来型を引きずってる身としては、YoutubeやSoudCloudは中心に無くってCDというよりも「アルバムと言うパッケージ」が中心にあって、Youtubeって音は確かに手軽に探せるんだけどあくまで「このバンドはどういう音を鳴らしてるのか?」っていう確認の為であって自分の中でそれはメインになってない。
iTunesって楽曲単位でも買えるけど買う時は、ほぼアルバム単位で買ってる。
曲単位で買ったのって多分3/10000くらいじゃないかな。


点と線


いつも引き合いに出してるがRadioheadだと、
まずポップ色が強い1stアルバム「パブロハニー」
本人らはシングル「クリープ」によって売れるんだけど1stアルバムを「失敗作」と発言。
人気が出たのと比例して注目が集まり持てはやされる事に疲れた事から来る閉塞感が2nd「ザ・ベンズ(潜水病)」というタイトルに反映される。
そして徐々にバンドはエレクトロ寄りになり始めて稀代の名盤「OKコンピューター」に到る。
そのままオウテカなどアンビエントへの傾倒が進み「KID A」「アムニージアック」の双子アルバムを発表。
この頃、ライブのアンコール時にハプニングで電子楽器が使えない事があり、バンドは電子楽器を使わずに演奏できる封印していた「クリープ」を披露。サマーソニックで来日した際のアンコールでも披露してた。

そしてそんな出来事が象徴するみたいにエレクトロの傾倒から少し離れ、政治色も入った「ヘイル・トゥ・ザ・シーフ」を発表...。
その後のアメリカツアーではセットリストの中盤辺りで「クリープ」を勿体ぶった風も無く演奏して...。
と時代によって音の感じも違うし、アルバムによって色合いが全く異なる。


アルバムって言うのは単なる楽曲の詰め合わせじゃなく
「楽曲が集まる事によって一つの世界や風景を描いて見せる」
機能もある。
コンセプトアルバムと言う訳ではなく、その時代の、そのバンドだから鳴らした音が繋がって入ってる。
プライマル・スクリームならケヴィン・シールズ在籍時は、エレクトロ寄りのデジロックだし、居なくなれば今度はエレクトロ色が弱くなったり。

勿論、ダイナソ―Jrみたいに「いつ聴いてもいつもJのいななくギターソロ」っていうバンドもいる。
断片的な点では無く、線で聴く聴き方。
この辺の“聴き方”って言うのは何が正しく何が間違ってるでは無いので、一概に言えないが「アルバム単位での聴き方」というのは、もしかすると今後は薄れてくるのかな、とも思う。

昔っからV.A.(オムニバス・企画盤・コンピレーション)好きじゃないので個人的な感覚かも知れませんけど。
安っぽい詰め合わせリミックスとか、流行のいいとこどりみたいなコンピ盤は薄っぺらい感じがして嫌いなんすよね。


それでなければならない理由


今はCDを売る為に物理的な円盤でなければならない何かしらの理由をつけようとしてる。
特典ライヴDVD付きとか、握手券付きとか。
昔なら輸入盤と国内盤で「国内盤はボートラが三曲多いのか?!」ってところを比較してた時代もあった。
でもボートラがリミックスなら迷わず輸入盤を買って、パッケージ横の無意味にノリがベッタリ付いたシールをいかに跡を残さずに剥がすかに注力したり。
こーいう話も
「ラジオ録音して、カセットテープがオートリバースの時に切れるんだよねー」
みたいな過去のあるあるネタになってしまうんだろう。
B面が笑い声から始まると「切り替えの時にどんな面白い話してたんだよ!」っていうフラストレーションは今や昔。


SNSではフィルタリングし、見たくないものは見なくていいように出来る。
迷惑メールは目に入らないうちにゴミ箱に入るし、スパムまがいのツイートをするアカウントや自分と考えの合わない相手はブロックすればいい。気の合うもの、読みたいモノ、好きなモノだけを自分の好むように組み合わせる。それが今の文化の基準になり始めてるし、それが無作為にでたらめな情報が溢れてるインターネットでの「上手いやり方」なのかも知れない。

そういう感覚は音楽へもフィードバックされて、
作り手も変わりつつあって、やってる音楽はさほど変わらないのに売り方や広め方は変わりつつある。
そして聴く側の感覚も徐々に変わって行ってるのかも知れない。

ソーシャル時代に音楽を“売る"7つの戦略 “音楽人"が切り拓く新世紀音楽ビジネスソーシャル時代に音楽を“売る"7つの戦略 “音楽人"が切り拓く新世紀音楽ビジネス
山口 哲一,松本 拓也,殿木 達郎,高野 修平

リットーミュージック
売り上げランキング : 9445

Amazonで詳しく見る

誰が音楽を殺したか? (週刊ダイヤモンド 特集BOOKS(Vol.1))誰が音楽を殺したか? (週刊ダイヤモンド 特集BOOKS(Vol.1))
清水 量介,森川 潤,週刊ダイヤモンド編集部

ダイヤモンド社
売り上げランキング : 646

Amazonで詳しく見る