小川一水「天冥の標 Ⅰ メニー・メニー・シープ上・下」

天冥の標 Ⅰ メニー・メニー・シープ (上)天冥の標 Ⅰ メニー・メニー・シープ (上)
小川 一水

早川書房
売り上げランキング : 317

Amazonで詳しく見る
天冥の標 Ⅰ メニー・メニー・シープ (下)天冥の標 Ⅰ メニー・メニー・シープ (下)
小川 一水

早川書房
売り上げランキング : 479

Amazonで詳しく見る
西暦2803年、植民星メニー・メニー・シープは入植300周年を迎えようとしていた。しかし臨時総督のユレイン三世は、地中深くに眠る植民船シェパード号の発電炉不調を理由に、植民地全域に配電制限などの弾圧を加えつつあった。そんな状況下、セナーセー市の医師カドムは、“海の一統”のアクリラから緊急の要請を受ける。街に謎の疫病が蔓延しているというのだが…
小川一水氏の大河SFシリーズ開幕の上下巻。
すこぶる面白い。
入植300年の植民地で突如発生する奇病「冥王斑」と血液中にウイルスで冥王斑を媒介する咀嚼者。
急激な圧政とそれに対する反乱。
一見平穏に見えたメニー・メニー・シープが徐々に戦乱に包まれ始める。
そしてどこからか迫りつつある脅威。

 



【スポンサーリンク】


 
 
 
序盤も序盤、謎が謎のまま伏線貼りまくり。
しかも物語は次巻から別の時制へ大きく跳んでしまう。
宙ぶらりんに吊り下げられたメニー・メニー・シープと謎の脅威はそのままに。
全10巻(ほんとに?)になる大河シリーズのまだ前半1/5なのだけどホント何がどうなるか全く見当もつかない。
色々な「え?」って言う謎が提示されて最後には
「そもそもメニー・メニー・シープって何なんだ?」
という謎にまで発展。
自分が立つ大地や世界そのもの存在まで疑わせる。
局地的な植民地の一都市からメニー・メニー・シープ、そして次巻以降太陽系社会へ..と物語はどんどん進んで行くわけですが(大まかに知ってる)。
ラノベなんかに慣れてる人だとアクションシーン(描写)が少なくて物足りないかも知れない。
キャラ立ちしてるようであり、でもあっさりどんどん退場して、
「え?そんな重要キャラが一行の描写で終わりですか?」
大河シリーズなのにキャラクターの処理はかなり薄口。
SF好きにはとても面白いですが。


大体年に2冊程度のペースで刊行。
今年、2013年の夏に「天冥の標 VII 新世界ハーブC」が登場する予定なので今から読んでも全然追いつけるし
「うわー、○○って何なんだよー、早く次出してくれよー」
って言う感覚が味わえます。

先週までKindleで半額で売ってたんですけどね、惜しい。