小川一水「天冥の標Ⅱ 救世群」

天冥の標Ⅱ 救世群天冥の標Ⅱ 救世群
小川 一水

早川書房
売り上げランキング : 552

Amazonで詳しく見る

【前回記事】
小川一水「天冥の標 Ⅰ メニー・メニー・シープ上・下」

西暦201X年、謎の疫病発生との報に、国立感染症研究所の児玉圭伍と矢来華奈子は、ミクロネシアの島国パラオへと向かう。そこで二人が目にしたのは、肌が赤く爛れ、目の周りに黒斑をもつリゾート客たちの無残な姿だった。圭伍らの懸命な治療にもかかわらず次々に息絶えていく罹患者たち。感染源も不明なまま、事態は世界的なパンデミックへと拡大、人類の運命を大きく変えていく
小川一水氏が描く宇宙規模の壮大なサーガ。
前回までは、遥か未来の移民星「メニー・メニー・シープ」での反乱・戦争話。
それが今回は近未来日本の池袋から始まる。

 



【スポンサーリンク】


 
 
 
「メニー・メニー・シープ」で登場した謎の疫病「冥王斑」
その「冥王斑」でのパンデミックが現在の世界で起こる。
ウイルスのルーツを探り、そのパンデミックでの恐慌・対応なんかを描く。

前回までとすっかり世界観が変わって、同じSFと言っても前回までの「スターウォーズ」みたいなSFが、今度は「感染列島」みたいな医療ドラマになってる。
これ単体でも充分に面白い近代パンデミックもの。
リゾート島で発生した謎の感染症がやがて世界に広がり、高い致死率で次々死んでいく。
しかしそんな疫病から回復する患者が生まれるが、ウイルス死滅せず保菌したまま回復するため社会から隔離される。

保菌者と普通の人間。
保菌者は隔離され閉じ込められ、普通の人々は石を投げて揶揄する。
そんな危険な連中をウチの近所に連れてくるな、町から出ていけ。
どっかの何かを連想させるけど、そういう思想はやがて保菌者を孤島に隔離する手段へと繋がる。
絶海の孤島に幽閉される保菌者らは「救世群」を名乗り自治を始める。


藤子不二雄が描いた「流血鬼」という短編がある。
藤子・F・不二雄大全集 少年SF短編 1
海外から来たウイルスによってパンデミックが起こり、感染した人間は吸血鬼になり血を求め人間を襲う。
主人公らは山へキャンプに出ていたせいで助かるが、町の人間はどんどん吸血鬼になっていく。
仲間は徐々に減り吸血鬼へと変貌しするが、主人公は木の杭を持ち吸血鬼と戦う。
やがて主人公を残し他は全て吸血鬼になってしまう。
もう襲うべき人間は主人公以外にはいない。
吸血鬼らは、人工の血液を生産し人間を襲う必要も無い。
しかし主人公は人間のために戦う。ただ一人残った人間として。
襲う側から襲われる側になった吸血鬼らは、主人公を「流血鬼」として恐れる。


人間:正 吸血鬼:悪
だった世界で数のバランスが変わり、いつの間にか
人間:悪 吸血鬼:正
になってしまう。
社会と言う、「人」の集合で発生するハイコンテクストな共通の価値観によってパラダイムシフトは発生する。
保菌者と人間の関係性は保菌者が少数であるがゆえに排他され、しかしその保菌者が結び付き新たなコミュニティを作り出す事で新しい価値観を生み出し旧弊的な社会と対峙する事が出来る。
その辺りのお話はこれからなわけですが、次巻は再び宇宙が舞台になる(もう読んでますが...)。

未来→未来→現代→未来と続く物語はこれからどう展開していくのか。
もうスケールが大きくて大きくて。
裏でうごめく被展開体の存在も面白いし、目が離せない。
いやー、こればっかり読んでるから他の本がどんどん積読になって行く。
困ったもんです。

天冥の標Ⅲ アウレーリア一統天冥の標Ⅲ アウレーリア一統
小川 一水

早川書房
売り上げランキング : 388

Amazonで詳しく見る