理屈屋のトロッコ問題

まず前提として、以下のようなトラブル (a) が発生したものとする。

(a) 線路を走っていたトロッコの制御が不能になった。このままでは前方で作業中だった5人が猛スピードのトロッコに避ける間もなく轢き殺されてしまう。
そしてA氏が以下の状況に置かれているものとする。

(1) この時たまたまA氏は線路の分岐器のすぐ側にいた。A氏がトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。しかしその別路線でもB氏が1人で作業しており、5人の代わりにB氏がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。A氏はトロッコを別路線に引き込むべきか?
なお、A氏は上述の手段以外では助けることができないものとする。また法的な責任は問われず、道徳的な見解だけが問題にされている。あなたは道徳的に見て「許される」か、「許されない」かで答えるものとする。

トロッコ問題 - Wikipedia


トロッコ問題と言うものがあって、選択肢が二つ以外にあり得ないという前提をされてしまった時、ポジティブな単純思考なら
『いや、全員が助かる方法があるはずだから考えなきゃダメなんじゃない?』
などと前提を力技で無視するのに対して、
『その分岐点にさしかかるまでどの程度の時間があるの?』
『その死ぬかも知れない連中と自分の関係性の詳細が知りたい』
『答えてもいいけど、今日は精神的に冷静な判断が出来ないから、また別の日に』
などなど色々理屈をつけて問題自体に疑念や矛盾を探して詳細の補完を唱えたり、回答を先延ばしにしたり、問題自体を正面からでなく出来る限り斜めにしようとするような理屈っぽい人間はほんと面倒だなぁと、我ながらそう思うのでこの問題に関しては何も答えません。