バカとリテラシーとか、めんどくさいから「死ね」

※ブーメランはスルーします

なんか議員が自殺したんだそうで。

<岩手県議>小泉氏死亡、自殺か 病院非難でブログ炎上
毎日新聞 6月25日(火)10時11分配信
 25日午前5時ごろ、岩手県一戸(いちのへ)町平糠の大志田ダムの湖岸で、近くに実家がある小泉光男・岩手県議(56)=盛岡市北山2=がぐったりしているのを、偶然通りかかったいとこが発見、110番した。県警二戸署によると、既に死亡しており、自殺の可能性が高いとみている。小泉県議は、自身のブログが「炎上」したばかりで、同署が関連を調べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130625-00000019-mai-soci

でまぁ、何が原因かって―とブログでこんな事を書いてたんだそうだ
・ブログが炎上して自殺した小泉みつお議員は一体何を書いてしまったのか?/GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20130625-koizumi-mitsuo/
GIGAZINEさんによればこのような経緯があった、と。
とりま「死ね」


そら燃えるわな。
完全に筋違いのクレーマーの記録。
議員も人の子だしそりゃおかしな事も書くかも知れん。
それにしても「こんな議員やめてしまえ!」とかはちょっと筋が違うし、清廉潔白でなければ議員が務まらないかっつーとそうでもない。仕事がきちんとしてりゃあ良いんすよ、仕事がね。
「死ね」「キチガイ」だのなんだのネットで炎上してとかって話なんですが。
この議員がどれだけの仕事をしたか知って批判してる人とか、地元の人ってどのくらいいるんだろうね。
この人に投票して、それで批判してる人ってごく一握りだったわけだよね。
「死ね」とか「キチガイ」は違うなぁ。


あれ?消えてるね?
死ね。

この人を選んだのは岩手の人たちで、次回の選挙で岩手の人たちがこの人に入れなきゃ良い。
どう動くにせよ地元の問題。
病院に迷惑かけたってんなら、この人が個人的に病院に謝罪すればいい。
自己責任と辛坊治郎とこういう時に叫ばれる定番の「税金ガー」「税金ガー」も散見。

どっかのネットのニュースで見て「これはひどいな」って思ったやつが、ブログのコメ欄に「死ねよカス!」とか書き込むのは全然違う。
わかったから「死ね」


この人の書いてる事に対して「アナタの言ってる事はおかしいと思いませんか?」って非難ならまだ判る。
被害者が叫ぶならまだ判る(ネットに書くのはまた違うが)。
・「死ねばいい」小泉県議の死を願った人々/togetter
http://togetter.com/li/524076
でも「死ね」ってなに?
ブログでおかしな事書いたって理由でなんで死ななきゃいかんのさ?
単なる個人攻撃。
無関係な一般人が、勢いで書きこむ「死ね」ってただの感情だけで、なんの論理も正義も無い。
映画やドラマなら主人公らを襲う盗賊Cみたいな程度の行動なんすよね。
雑魚だよ、雑魚。
死ねよ、オラ。


実際この人が自殺したのってマスコミでの報道とかもあったし、どっちかって言うとそっち方面もあったろうし、一概にネットの炎上が原因で、とは言えないだろうけど。
ともかく「死ね」


で、こー言う事があると定番のリテラシーだとか、炎上ってね、みたいに言われ始める。
数の暴力、私刑。
一人一人が殴る力は1でも、それがネットだと10,000,000になる、とか。
よく「正義」とかいうが、無関係な人間がギャーギャー騒ぐことに正義なんて無い。だからこそ司法や投票制度や社会の仕組みがある。もし裁かれるなら、それはそういうシステムによってであって無関係な一般人の書き込みによってでも無ければ、マスゴミによってでも無い。
全員「死ね」


・ネットで人を叩く時は相手が自殺する可能性を考えましょう/hagex-day.info
http://d.hatena.ne.jp/hagex/20130625/p13
hagexさんが書いてるんだけどもこの記事にしても表情が見えないんですよね。
当たり前だけど。
だから

「ネットの攻撃で簡単に相手が死んでしまう」という危険性を実感してほしい
この一文が
「ネットの攻撃で簡単に相手が死んでしまう」という危険性を実感してほしい!!!!!!!
なのか
「ネットの攻撃で簡単に相手が死んでしまう」という危険性を実感してほしい(笑)
なのかが見えない。
どっちも取れる。
そりゃあもう普段の記事があるからって話なんだがやまもといとろう氏が似た事を書いても同じだろう。
普段から腹芸やってるとそれだけ読まれづらい。
はいはい、裏読みしろって事でしょう?
そーいう裏読みしたブコメ付けて、スター狙えばいいんでしょう?
はてなってそういう場所なんでしょう?
死ーね!死ーね!


ネットには温度が無い。
その先に誰かがいる感覚がマヒしてる。
もし自分が書いたせいで直接自殺してるならまだしも、山のような無辜のネット民が書きこみ、マスコミが報道し結果自殺した。石を投げて、その石で相手が死んだなら責任を感じるかも知れないし罪を償わなきゃいけないかも知れないけれど、直接的に殺したわけでも無く無数に投げられた石のうちの一つを投げただけなんだから自分には何の責任も感じない。
でも、自分に責任が無いなら何をやっても良いのか。

それをリテラシーって言うんだろう。
ネットの温度を感知して、事態を考える想像力。
無責任に石を投げない、無駄な事は無視する、自分の手が届く範囲を認識できるか否か。
だとしたら今回石を投げたヤツに罪があるかないかはよく知らんが、少なくともリテラシーってやつは極端に低いって事だろうよ。
そして今日も、ネットは相変わらず下らない。
めんどくさいから「死ね」
はいはい「死ね」「死ね」「死ね」

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
中川淳一郎

光文社
売り上げランキング : 3235

Amazonで詳しく見る