ボケッと観てると勝手に世界が救われる「ダイ・ハード/ラスト・デイ」


ニューヨーク市警の刑事ジョン・マクレーンは、ブルックリンの警察署で、長らく疎遠だった息子のジャックがモスクワで警察沙汰を起こし投獄されたことを知る。ジョンは、娘ルーシーに見送られ、ジャックの身柄を引き取りにロシアを訪れるのだが、ジャックが出廷するはずだった裁判所が突然爆破されテロ事件に巻き込まれてしまう。ジョンは相変わらずの運の悪さを呪いながらも、混乱状態に陥った状況でジャックと再会を果たすのだが、謎の武装テロ組織の執拗なまでの攻撃を浴びるはめに。かくして、二人のマクレーンは、大物政治家や大富豪、軍人らが暗躍する世界を震撼させる大規模犯罪に立ち向かう!

ダイハードは閉ざされたビルとか空港とか閉鎖的な限定空間で孤軍奮闘でアクションをやるから面白いシリーズだった。
ハイジャックものとして企画が極秘裏に進んでた「ダイハード3」製作中にウェズリー・スナイプス「パッセンジャー57」というハイジャックものが作られた。
これがバジェットが小さかった割にはよく出来た作品で(もしテレ東の昼枠でやるなら観ておいた方が良い)その影響で企画変更を余儀なくされて「ダイハード3」は正当継承の続編と言う位置付けの「3」と言う数字ではなく「DIE HARD WITH A VENGEANCE」って言うタイトルになってしまった、ってのは一部では有名な話(日本では「ダイハード3」として公開された)。

もうニューヨークの町中を舞台にしたダイハード3以降の4.0にしろ、別にジョンマクレーンが主人公である必要はな全く無くって、そんなハンパな3、4に続いての新作「ダイハードラストデイ(原題:A Good Day to Die Hard)。

アクション映画って一時期は壊す事がメインだった時期もあるんですよ。
どっかの地域に「壊してもいいビルがある」って聞くと映画スタッフが出掛けてそこでそのビルの破壊をメインで映画を組み立てる、みたいな。
そんな中、カーアクションの復古「TAXI」「ワイルドスピード」なんかがあった。
007はボンドと言うヒーローをもう一度確立し直す為に「カジノロワイヤル」からなぞり直し、フリーランニングを導入してみたり、ボンドと言う死にかけのヒーローを復帰させた。
アクション映画は試行錯誤の果てに生き残りを考えてる。

ところがダイハードは実に判りやすい。
ビル<空港<ニューヨーク<ロシア
と言う事で海外でダイハード ジョン・マクレーンはロシアで殺しまくり壊しまくり暴れまくる。
とりあえず派手に壊しときゃ良いんだよ、壊しときゃ。
少なくともアメリカの国内であればマクレーンの行動に警官としての倫理や正義は存在するんだけどロシアの公道でそこいら中のロシアの一般市民に迷惑かけまくって、しかもよく事情もわかってないけど
「なんか息子を追っかけてる連中は悪そうだ」
くらいの感覚で暴れまくってるのは、いや、あんたテロと変わらん。


無人機がダメならセーフハウスだ、って二択はなぁに?
いや、展開してなさ過ぎだろ、アメリカ...。
3年かけた作戦なのに捜査官をスタンドアロンで潜入させて、バックアップがセーフハウスだけって...完全見殺し前提の作戦だよね、これ。
敵対してる国なら確かに潜入工作員も数が絞られるだろうけど...冷戦でもないロシアですが。

んで、チェルノブイリですよね。
もう放射脳の人なら大騒ぎですよ 笑
被爆だわー!ギャー!!
放射能ガー放射能ガー。
いやいや、マクレーン親子には放射能は効かないんですよ。
多分、小さい頃にフィラデルフィアエクスペリメントで大丈夫になったんだと思いますよ(適当)

チェルノブイリに革ジャンとタンクトップで乗り込むマクレーン親子。
ロシア勢は防護服に身を包んでるんだけど「これは放射能を中和するガスよ」って部屋にガスを撒いたら「みんな防護服を脱いで良いわよ」の一言で表にいる連中も全員防護服を脱いじゃう始末。
いやいや、部屋の中の放射能は百歩譲って中和されたとしても、ビルの外は違うだろ....ムキムキの入れ墨ハゲが上半身裸で走ってますけど多分、そこ放射能除去してないぞ。
...ま、まぁ効かないんですよね。
もうチェルノブイリはすっかり大丈夫になったんだろーなーイヤーよかったよかったー。

昔、「ブロークンアロー」って映画観た時に地下で核爆弾が爆発しちゃって、やっぱり日本人的には
「いや、地下水ヤバくね?」
とか思うけど、ハリウッド映画ってあんまし気にしないんですよね。
プルトニウム?なんだそれ美味しいのか?悪はどこだ悪は!ぶっ倒してやる!
まぁそれはそれ、これはこれ。
被爆とか言っても別にマクレーンを10年描くわけでもない。
...そりゃそうなんだけどさ。

とりあえずロシアの悪を倒したんだし良いんじゃね?めでたしめでたし。
お、おぅ...。


脳細胞を全く活動させずにボーーーッ観てると自然に世界が救われる映画。
風邪ひいて体力が下がって、頭使いたくない時には丁度良い映画じゃないでしょうか。

ダイ・ハード/ラスト・デイ<最強無敵ロング・バージョン> 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定)    [Blu-ray]ダイ・ハード/ラスト・デイ<最強無敵ロング・バージョン> 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
ブルース・ウィリス,ジェイ・コートニー,セバスチャン・コッホ,ラシャ・ブコヴィッチ,ユーリヤ・スニギル,ジョン・ムーア

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る