老若男女ガンダム

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10109822505

男性に聞きたいのですが、男はみなガンダムなのですか?
先日、夫がリビングでガンダム?を見ていました。

「30越えてアニメなんて見るのやめたら?」と言ったところ
『ガンダムはアニメだがアニメじゃない』という趣旨の事を言われました。
夫曰く、「男はみなガンダム、俺もガンダムだ」だと。
息子(1歳)もいずれガンダムになるのだそうです…。

友人にも「お前はガンダムか?」と聞いてみたのですが
『そう、俺こそがガンダムだ』という回答ばかりでした。

やはり男性はみなガンダムなのでしょうか?教えてください。
補足
みなさん回答有り難うございます。
普段アニメに興味なさそうだった夫が、急にガンダムを見だしたので驚いています。

近頃は息子と遊ぶ時もガンダムを取り入れているようで、
息子が定期的にデストロイモード?なるものにされています。


デストロイモードってんだからユニコーンなんだろうけど、でもアニメじゃないって言ってるからZZなのか。
「俺もガンダムだ」
と言ってるから羽生生純氏の「俺は生ガンダムかも知れない。
生ガンダムなら子供もいつか成れるかもしれない。
俺は生ガンダム (角川コミックス・エース 295-1)俺は生ガンダム (角川コミックス・エース 295-1)
羽生生 純

角川書店(角川グループパブリッシング)

Amazonで詳しく見る

釣りとして取らずにマジメに捉えると確かにいつの世代にもガンダムはある。
戦史観を右だの左だのは面倒なので端折りますが。
ガンダムはその戦争云々を置いといてキャラクターの魅力で売れたんですよね。
だからストーリーが重くなってしまったZは鳴り物入りで始まったのにスベった。
最終回にカミーユがパプテマス・シロッコに魂ごと持って行かれた時は「ほへ?」ってなりましたから。
そこで路線変更したのが「アニメじゃない」ZZガンダム。
子供向けオモチャ販促意識しまくりの合体変形ZZガンダムとコメディ路線はトホホな結果に終わり、終盤シリアスにするも時既に遅し。
ここでコケたガンダムは劇場版とOVAに移行。
逆襲のシャア、0080、0083、F91
93年、Vガンダムでテレビアニメとしてガンダムが復活する。
ZZの終了が1987年ですから6年ぶり。
で、まぁ...ウッソがねぇ。
冨野氏は途中で離れてブレンパワード(98)とか∀ガンダム(99)キングゲイナー(2002)に行くわけですが。

そしてVに次いで94年に(ある意味)伝説のGガンダムが始まる。
富野氏では無く今川氏が演出してテレビシリーズとしては初。
パラレルワールドであり、戦争であって戦争ではないガンダムファイト
これが成功したおかげでガンダムの世界が広がった訳ですが。
GガンダムではSDガンダム人気と共にヲタと子供が食いついた、そこへ続いたのがガンダムWになる。
ここでGガンダムでは見られなかった女性ヲタ(腐女子)が登場する。
グランドホテル形式の構成で前半、複数のガンダムが登場するが複数個所で同時進行的に話が進行し、アメリカのテレビドラマのような構成がとても新しかったのを覚えてる(後半合流してからスピード感が鈍るんだがな)。
で、ガンダムXが始まって終わり。

SEEDが2002年、SEED DESTINYが2004年、OOが2007年。
この辺まではいわゆる本筋の「連邦vsジオン」とは別世界のお話になってる。
こちらも女子人気が高く、キャラの造形も初代の安彦キャラから遠く離れた。

そして2010年からOVAとしてガンダムUCが始まった。
MSVが出てきたり、いわゆる聖典の本筋に沿った久々のガンダム。

2011年にガンダムAGEなんてのもありますけど...。
まぁ...レベルファイブなので 笑
突っ込みまくり突っ込まれまくりでしたっけねぇ。
最後どうなったんでしたっけ?
途中からそこそこ評判良かった気が(前半しかチェックしてない)。


ところでエヴァンゲリオンの放送時期って、
ガンダムW 95/4~96/3
エヴァ 95/10~96/3

なんすよね。
ところがエヴァって夕方の初回放送当時は人気がそんなに無くって(当時ヲタの友だちから録画してるか問い合わせの電話があったのを覚えてる。貸した)再放送で人気が出たガンダム形式なんすよね。
でエヴァの人気絶頂期にぶつかったのがガンダムX...南無。


ガンダムの間口って広い。
まずロボ好きならどこからでも入れる。
最近ならユニコーンの造形は素晴らしいし、クシャトリヤの造形にオージェやキュベレイの影がある。
Zの永野護デザイン(ヤザンのファッションも含め)はFSS好きにもウケるし。
デンドロビウムのあの無駄に大きいがたいがたまらん。
キャラ好きならWでもSEEDでも良い。
フルフロンタル見て「またかよ、ゴキブリか!」っていうシャア猫やアニメージュ時代の小ネタに思いを馳せるもよし。
ストーリーもきちんと考える余地があり、暗喩的なメッセージもある。
テレビシリーズみたいにダラダラ長いのがダメなら劇場版もある、OVAもある。
大人でも観れるZ、0083や、子供にはGガンダムSDガンダムがある。
男はガンダムかどうか知らんが、女がガンダムでも今やおかしくはない。
ガンダムと言いながら同じような、似た作品を量産する訳では無く、その時代に応じて同じパッケージでありながら中身を変え、ターゲットを絞ってだから当然スベる事もあるけど。小さい作品では無く「ガンダム」という大枠世界に沿って様々な層に向けて作られる作品群だからこそ万人にウケるし、受け入れられ、誰しもが「自分にとってのガンダム」を持ってる、と言う事なんでしょう。
ガンダムガンダムと言うけど、それぞれにとってのガンダムは違うんだと思う。

トニーたけざきのガンダム漫画 (角川コミックス・エース)トニーたけざきのガンダム漫画 (角川コミックス・エース)
トニーたけざき,矢立 肇,富野 由悠季

角川書店

Amazonで詳しく見る

トニーたけざきのエヴァンゲリオン (角川コミックス・エース 113-4)トニーたけざきのエヴァンゲリオン (角川コミックス・エース 113-4)
トニー たけざき,カラー,GAINAX

角川書店(角川グループパブリッシング)

Amazonで詳しく見る

機動戦士ガンダムさん さいしょの巻 (カドカワコミックスAエース)機動戦士ガンダムさん さいしょの巻 (カドカワコミックスAエース)
大和田 秀樹,矢立 肇,富野 由悠季

角川書店

Amazonで詳しく見る