ブロガーは、もっと他のブログに言及して、料理して、評価すればいいのに

※今さらの事しか書いてません
Line Dancing
Line Dancing / Tobyotter

ひと前で話しているひとは、聴衆がどういう反応をしているか、かなり気にしているものだ。聴衆の中に、特にたいしたことのないことにでも大きくうんうんうなずきながら聴いているひとが少しでもいると、「あ、わかってもらえてるんだな」と思ってテンションが上がり、さらに話がのってくる。


逆に、聴衆がずっと下を向いていたり反応が薄かったりすると、気分も乗らないし、話もつまらなくなる。そういう時、あとで感想をきいたら「面白かった」という声があったとしても、それなら話している時にもっと反応があれば、もっと面白く話せたのに!ということになる。それは、話し手にも聴衆にも不幸なことである。

http://kentaro.tumblr.com/post/65336384908

ブロガーと言うのは孤独で、不安なもの。
書いている時点でそれがウケるかウケないか、
読まれるか、読まれないか、
どんな反応が返るかは判らない。

プロのライターと言うのは記事を書いてそれが金になる。
その対価とその影響での次の仕事の依頼がレスポンスに相当する。

ところがアマのブロガーと言うのは対価がない。
いや、アフィリエイトとかアドセンスとか貼ってるから、少しは対価もあるが大概金にはならない。
「一か月500円でブログを毎日更新してくれ」
みたいなもの。
プロのライターならひと記事数千円~云万円。
アマなら1記事数銭~。

でもプロでもゴミみたいなプロもいれば素晴らしいプロもいる。
アマでもプロ以上に書けるアマもいる。


はてなでブロガーが言及したり、誰かが記事にコメントをつけるのは対価になりえる。
ホッテントリになるどーこーじゃない。
それはあくまで結果。
貨幣ではなく、その記事に対して誰かが何かを考えたり思ったり、それに対して意見を言ったりする事は、それはその行為そのものに価値がある。
岡田斗司夫氏が評価経済社会を唱えてるが、ブロガーの評価はもし評価経済社会の代であれば立派な財産になりえる。
言及しあう事でマッシュアップし、記事がブラッシュアップされ見解が更に高レイヤーへと昇華する。
読者にとってもいい事で、書き手の見解が広がったり深化したり、繋がる事で読者も新しいブログの存在を知り、更に新しい新鮮な意見を目にすることが出来る。書き手同士の交流が盛り上がれば何かしらのブームになったりもする。
大手の知られたブロガーへのコメントを付けるよりも、初見のブログの方によりコメントを付ければいいのに。


反応があれば書き手のモチベーションにもつながる。
言及したりされたりすればそれが記事のネタにもなる。
なんのレスポンスも無ければその記事がどう読まれているのか、どう思われているのかも全く分からない。
交流することで新しい見解が産まれるかもしえないし、一面的でない見解も得られる。


アクセスが伸びないよー。
どんなネタを書けばいいんだー、って自家中毒に個人でブツブツやってるよりどっかのブログと交流したっていい。
「ウチはこう思うんですよ」
「あーそうですねー、これもありますよね」
「確かにそうですねー」

馴れ合いを見せられるのはつまらないとか読み手が思うかも知れないが、どこかには面白いと感じる人も居るし、そう思う人が読めばいい。


Cooking adobo.
Cooking adobo. / NicoleAbalde

・「言及する」って「料理を作る」のに似てる。/23、♀、NEET脱出(予定)
http://lunasaurus.hatenablog.com/entry/2013/10/23/212438

自分の書いた記事が、他の方の手によって「調理」されている様をみるのは、とても参考になります。まるで、新米料理人が先輩に手ほどきを受けているような気分です。

私が書いたブログの記事も、言及先の「書き手」さんの手によって全く違うものに生まれ変わり、良い味を引き出してもらえてるなーと実感します。そして、その味を噛みしめる時がとてもワクワクして楽しいです。


気軽に言及出来るというのも、はてなブログの魅力の1つのように思います。コミュニケーションの輪も広がりますしね。

はてなと言うのは自然と繋がりやすいように出来ているし、喧々諤々でも一方的でも馴れ合いでも、別にどの関係性が正解で、どの関係性が失敗ということもない。

だからみんな気軽にブクマして、はてなスター付けて評価すればいいのに。
ブクマしたからって何かが無くなるわけでも減るわけでもない。
折角気合入れて書いた記事が、セルクマしかない悲しさはブロガーにしか解らないだろうけど。

ブロガーなら言及し合おう。スターで評価しても良い。
しょーもない記事を評価しろって言ってるんじゃない。
面白ければ評価すればいい。
ブロガーが、コメントだけで足りなければ言及した記事を書けばいい。
それも一つのネタになる。
idコールがどきどきするなら言及した相手の記事にスターを付けとけばいい。
それだけでも悪意はないって判る。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆付ければ、幾ら無料の☆だからって悪意はない。


評価しあい、泡沫の様々なアマ個人ブロガーが活気づけば、少なくとも悪い結果は無い。
サードだかγだか色々あるだろうが、そういう活性化があっていい。
例えベタ足のインファイトでも、つまらないまとめサイトばかりがホッテントリになるより余程いい。
20代のうちに観ておきたい映画30本...。


まぁ、頑なに自分語りの人も居るけど、それはそれでいいんじゃね?
ほっとけばいい 笑


いつもホッテントリの(常連抱え込み)大手ブロガーはどうでもいい。
あんなものは、勝手に信者が持ち上げてればいい。
つまんねー記事でも共有しようと拡散するんだから。
冠婚葬祭 贈答のお金 マナー 表書き―一家に1冊!一生役に立つ (基本がすぐわかるマナーBOOKS)