合理的とはどういうことか

今朝、コンビニでおにぎりを買った。
レジでの支払いの際、袋に入れる時に店員さんがおにぎりを落とした。
おにぎりは袋に入っているから別に落としても衛生的に影響はない。
構わないと思ったんだが
「今すぐお取替えします!」
と言って走って行ってしまった。
朝の忙しい時間帯。
レジに出来る行列を考えれば“合理的”にはそのままおにぎりを入れてしまう方がいい。

Latino Children Play Swing
Latino Children Play Swing / epSos.de

・なぜパンツをはく必要があるのか子供に説明できない
http://yorikanekeiichi.com/why-should-i-wear-underpants-4767.html
ソーシャルグッドのブログはRSSリーダーでの暴言依頼見かけなかった。
久々に見かけたと思ったらパンツの話題。
子供にパンツをなぜ履くべきかを聞かれて答えられないという内容で、

僕が真っ先に思いついたのは、「ズボンにウンチ付いちゃうよ」でした。が、これもよくよく考えてみると、それほど合理的な理由ではない。
ジーンズとか、スーツとか、フォーマルとか、毎日洗濯すると膨大な手間となるズボンなら、まぁ合理的と言えないことはないかもしれませんけど、子供はそんなもん滅多に着ません。
それどころか、日々泥だらけになって帰ってくるので、ズボンは毎日洗濯してます。だったらウンチ付いちゃうのは、パンツだろうがズボンだろうが、大差ありません

“合理的”という言葉が好きじゃない。
都合の良い時にだけ使われる“合理的”
合理的と言う言葉は便利だが、それを理解して使っている人間は少ない。


例えば朝起きて顔を洗う。
なぜ顔を洗うのか。
合理的に考えれば顔を洗わなくても構わない。
目やになどが付いているならその度にティッシュやら指で取ればいい。
髪がぼさぼさでも構わない。
合理的に考えれば髪を整えるほど不合理な事はない。
朝飯を食べる。
どうしてわざわざ色々な食事を食べなければならないのか。
食事は栄養素がとれれば良いのだから同じものを同じだけ食べればいい...。


合理...理屈に沿って無駄がない思考を考えていくと、
社会的には老人と言うものは何も生産しない。だから処分(経済的にはガスか焼却が合理的だろう)するか隔離し、独自採算のコミュニティで生活させるべきである。
子供を育てる場合、それぞれの親に任せるのは不合理である。
中には子供にパンツをはく理由を説明できない親すら存在する。
合理的に考えるならば、子どもは各地区一か所で管理し育成させるべきである。
同一の躾、同一の教育を行う事で社会的落伍者を生み出さないようにするべきである。
合理的に考えるのであればニートは排除すべきである。
社会に貢献しない存在は社会的害悪でしか無く、処分が妥当である。

合理とは、個人レベルの合理と国や社会レベルの合理とでは違うし、会社、学校と言ったコミュニティ単位でも違う。
地球レベルの合理性で言えば人間そのものが不合理。
かつての姥捨て山や、子どもを売るといった行為は合理性がある。
民主主義とは不合理なシステムで、共産主義は合理的なシステムだろう。


人間の社会が合理的でないのは感情があるからで、しかしそれは人間が人間である以上仕方がない。
SF映画に出てくる合理的な社会を見て嫌悪感を抱くのは、その合理性が誰かのための合理性であって自分の合理性ではない。
エゴがあるからこそ社会的なルールがあり、しかし人間は自分にとって一番都合の良い合理性を選択するから社会ルールを逸脱する。
自分の合理性と他人の合理性が必ずしも一致しない。
合理的な考えなんてものはミスタースポックに任せておけばいい。
不快感があるから顔を洗い、美味しいと感じるから食事を色々選ぶ。
アニメや映画を観たり、音楽を聴く事に合理性なんていらない。


ラッピングされた状態で落ちたおにぎりは、食料として問題はない。
しかしそれを店員が交換すると言う行為によって顧客は「丁寧な対応だな。次もこの店を使おう」と思う。
もしそのまま入れてしまう店なら
「前行ったとき、おにぎり落として聞きもせずそのまま入れやがったからなぁ」
と考えて行かないかも知れない。
サービス業とはそういう細かい事実とイメージの積み重ねで出来ている。
合理性なんて無い。
だから合理的な店では、人間を減らしシステム化する。


パンツをはく?
そんなもんは当たり前。文句を言わずに履くの。
理由?自分で考えなさい。
それが一番合理的。
子供の考える力も伸ばせるし、親を頼らずひとつ考えるきっかけになる。

こんな話題で記事を書く事は合理的ではない。
そもそもブログなんて合理的では無い。
京大医学部の最先端授業!  「合理的思考」の教科書