チャリティやって偽善とか言われるならそれはそれでいい


僕は「偽善」という言葉が嫌いです。 - ぐるりみち。
ついでなのでこっちも。

オレは偽善という言葉が好き、というか無くてはならない。

偽善と言うものを主観的に考えればつまり己の行為が本当に善なのか否かを疑問に思う視点があることになる。
本当にこれは誰かにとっての善なのか?

妄信というのは恐ろしい。
自分の行いは間違っていない、これは善である。

かつて世界的な一神教は
「異教徒は悪である。異教徒を殺す事は善である。残虐に殺せば殺すほど善行となる」
と教え異教徒を大量に虐殺したんだそうだ。
その一神教のパラダイムの下での妄信では善でありそれに疑問すら持たない。

アーリア人は優等人種なんですってよ奥様。
だからユダヤ人は殺してもいいんですのよ。
そんなのもありましたわね、ジークハイル。

己の考えや既存の価値観。
それに対して疑問に思う、という事はとても大事な事。

偽善と言う言葉が嫌いだろうが、偽善という行為が無くなる訳じゃ無い。
好きでも嫌いでも。
己の行いを偽善と一切疑いなく思わない事は怖い事だし、誰かの言う事を信じるのは楽。


自分がお年寄りに席を譲る。
それを偽善と周囲に思われても別に構わないし、自分でも偽善だよなーと思う。
言いたければ言ってりゃいい。
偽善って言ってるヤツの糾弾に価値は感じない。言ってる間に何かやれ、お前が。
一日中座って仕事してんだから椅子くらい譲るわな、とは思う。
でもまぁ、これもネタになるよなーとか思った時点でこれは偽善かもしれん。
偽善って思った時点で自覚的だからこれは偽善というメタなのか...。

オレは偽善という言葉が好き、というか無くてはならない。


若い方って元気ねぇ...。
アラブが見た十字軍 (ちくま学芸文庫)