タッチパネル対応のレザー手袋買ってみた

ここ数年、毎年冬にはタッチパネル対応の手袋を買うことにしてる。
去年は表参道のMoMAで買ったフリースのモノとユニクロのと無印のを使ってた。

【小物】タッチパネル対応ヒートテック手袋を買ってみた - あざなえるなわのごとし
※去年の記事

それぞれに良い部分と悪い部分がある。
去年までは「ダメになったら買い替え」で通したんだが、今年はちょっと値段高めのものを一つ買う事にした。

選んだポイントは
・レザー
・複数指で動かせるもの
・指先に導電部の境目のないもの

手袋に複雑な操作は求めてないが、いちいち手袋を外さないとiPhoneを操作出来ないのはめんどくさいので、簡単な操作が出来るようなやつ。


タッチパネル手袋はそれぞれ素材によって

素材 いい 悪い
ニット 柔らかい。反応良。安い 雨風に弱い。毛玉になりやすい
フリース 暖かい。反応良 見た目。素材違いの境目が弱い
レザー 暖かい。見た目レザーなのでスーツなどと相性が良い 固い。高い

こんな感じ。
ニット素材は柔らかく一番使いやすいが、ベルクロにくっ付いたり(ダウンジャケットによく使われてる)毛玉になってダメになりやすい。
汚くなって去年だけで二、三度買いなおした。
ユニクロと無印なら...ユニクロかなぁ...。

フリースは暖かくて去年多用したが、指先の金色導電素材がデザイン的に難がある。

指先の素材だけが違うので当然その部分は薄くて、去年は指先がほつれた。
↓※指先に穴が空いてる
f:id:paradisecircus69:20131116193243j:plain


そこで今年はレザーのものを買ってみた次第。

※管理人は写真撮影下手です
f:id:paradisecircus69:20131116193604j:plain
f:id:paradisecircus69:20131116193613j:plain
f:id:paradisecircus69:20131116193710j:plain
甲の部分はハリスツイード。
ハリスツイードというのは英国王室御用達の生地で地場産業が...えー
「生地メーカーというと大規模工場で一括生産しているイメージが強いですが、ハリスツイードの場合は、スコットランド北西部の島、ハリス&ルイス島の島民たちが自分の家の織機で、生地を織るホームスパン。そして完成した生地を“ハリスツイード協会”という団体を通して、ハリスツイードというブランド名で世に出しているわけです

今さら聞けない、“ハリスツイード”初心者講座 « GQ JAPAN

ちなみにハリスツイードのPコートは毎年極寒期にヘビロテ。
f:id:paradisecircus69:20131116194503j:plain
f:id:paradisecircus69:20131116194511j:plain
指先に境目がない。
当然ほつれる心配はなし。
全部の指がタッチパネル反応して、手のひらも反応するんだそうだ。
...でも手のひらは使わないと思う。
素材が均一なのでどこかだけ寒いこともないし、雨にも強い。
どういう技術なのかは企業秘密だそうで。

手の甲がハリスツイードヘリンボーン。
内側がスムースレザーになってる。
f:id:paradisecircus69:20131116194715j:plain
サイズは

約220~225mm
約235~240mm

Lを購入。

タッチパネル手袋を選ぶ場合、複数の指が反応するものを選ぶ方がいい。
一つの指しか反応しないと、反応しなかった場合、代替えが出来ないので。
あとニットが雨雪に弱いのは意外と難点で、真冬の雨の日は当然寒いわけで、そう言うときこそ手袋が必要なのに防寒で劣るのはやはり難点。
中には裏地も張ってあるので出し入れしやすい。

f:id:paradisecircus69:20131116194726j:plain
iPadで使ってみたが特に違和感なく使えるが、革が固いので細かい操作には向かない。
牛革なので使ってるうちにそれなりに柔らかくはなるだろうけど。

ちなみに
ヒートグループ HST-001 スマートタッチ HEAT GROUP SMART TOUCH
こんなものもある。
普通の手袋に塗るとタッチパネル対応になるんだそうだ。
意外と使えるという評判なんで詐欺ではないらしい(かなり失礼)。
※ただし素材によっては使えないらしいので注意

MOON社のジャージ素材モッズコートにハリスツイードのレザーグローブ。
今年は機能性と見た目にもこだわってみました。

折角、手に入れたのに明日暖かいんだよなぁ...。