新宿タワレコで見た洋楽リスナーの高年齢化

Early Riser [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / デジパック仕様 / 国内盤] (BRC418)
昨日 久々に 新宿のタワーレコードに行った
延々 エスカレーターを昇り到着


新宿タワーレコードは 2013年にフロア変更をして
10F クラシック
 9F 洋楽ロック、ジャズ、ヒップホップ、テクノ、クラブ
 8F 邦楽ポップス、ロック、K-POP、映画、サントラ
 7F 邦楽、NEW RELEASEスペース、イベントスペース
    アイドル・アニメ・ヴィジュアル系ブース

今は こんな風に別れている


9Fまで昇り洋楽ロックから
試聴機を 叩いて回っていたのだけれど
それにしても 夕方だと言うのに客も少なくて
傘を振りまわして歩くオッサンとか 年齢層が高いし
洋楽ロックフロアの 若い年齢層の人の姿は本当にないのだなと
改めて実感してしまった

ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートの新譜とか聴いて

このジャケットでふと止まった
Aelita
Σ( ̄□ ̄lll)
ま、マンドゥディアオ?!
久しぶりに聞く名前(洋ロック チェックしてない)

マンドゥディアオの新譜がエレクトロ
「音声で表現することができる」
……渋谷のシークレットライブ見に行った時はこんなじゃなかった

Sheepdog - Mando Diao - YouTube
ストロークスもだが一時期のガレージロックが 皆エレクトロに行くのは何だろう
本国スウェーデンでは頑張ってるらしいが

多分 夕方六時~七時の時間帯でロック区画には 20人もいなかったような印象


そのままジャズコーナーへ行き 菊地のペペでも聴こうかと探してたら
特設コーナーがあってそこに
ロバート・グラスパー以降の新世代ジャズ」
なんていうポップがあった
SF界の伊藤計劃以後みたいなアホらしさを匂わせつつ
ビート系辺りのエレクトロやヒップホップと親和性の高そうなラインナップで
試聴してみて良い感じなので テイラー・マクファーリンを買ってしまった
interview with Taylor McFerrin - 僕らはジャズか? | テイラー・マクファーリン、ロバート・グラスパー、ブレインフィーダー | ele-king
フライング・ロータス主宰の”ブレインフィーダー”からデビューってのも琴線に触れた

タワレコだと 音源入りのCD-Rも付いてくるそうで だったら iTunesよりいい


そのままラップを流し見して monologの新譜を試聴して

今日買ったのに飽きたら次辺り買おうかと考えつつ
クラブ系には 相変わらずスクレリックスが並んでいる
こちらの試聴機には若い客が何人かいて
クラブ系のEDMはウケている実情を現わしてる

もともと買おうと思ってたアーチー・ペラーゴの新譜を買ってレジへ

グレニアー・ミーツ・アーチー・ペラーゴグレニアー・ミーツ・アーチー・ペラーゴ
グレニアー+アーチー・ペラーゴ

Pヴァイン・レコード
売り上げランキング : 2134

Amazonで詳しく見る


フロアーにそんなに客もいないのに
レジ前に数人並んでいたので その後ろについた

ところがレジの客が流れない
年齢層が高いのも特徴で 最低でも50歳代と言うところ
何をやってるのかよくわからないが
各レジいろいろと揉めてる

中には中止の立て札を立てて客対応する店員や
客がレジで質問したんだか売り場まで案内していたり

前に二人程度だったのに 五分は待った


ようやく空いて会計の段になって
時間をかけるわけもなくサクサクと払うんだが

「特典CDが付いてますので少々お待ちください」
「特典がありますのでこちらのくじをを引いてください」

など、ダウンロード販売との差別化はあるんだろうが
自分みたいにレジで時間をかけない派でも それなりにかかってしまう
レジ後ろに特典が溢れかえっていて まず効率化しないと これはきつい

唯一空いたレジで 自分が会計終わった段階で
他のレジは 自分の会計前とメンツが変わっていなくて
ということは 自分の前に並んでいた二人が行ったレジ以外は
自分が 行列に並ぶ以前からずっとレジ前にいるということで
各レジが10分以上なにやらやっているらしい

病院の待合室じゃねーぞ、あんたら


帰りにナンバガの試聴を兼ねて回ってみたが
年齢層は売れ筋の7階が一番若く
8階も年齢層はそこそこ若いが 行列は7階が圧倒的に長い
この7、8階にいく若者は9階の洋楽ロックには行かないらしい

そりゃあ9階レジに並んでたのはジャズファンもいたろうけど
それにしても洋ロックの閑散とした雰囲気は
平日の昼間みたいな感じで
たまたまなのかもしれないけれど
洋楽ロックを聴くのは オッサンだ 
という話も あながち間違ってもないんだろう

そりゃあロキノンも オアシスだの表紙にするわねと思いつつ
エスカレーターを降りた


ちなみにナンバガの試聴機が壊れてた 残念
iTunesで買うか

rockin'on (ロッキング・オン) 2014年 06月号 [雑誌]