少女が死にまくるエグミス 白井智之「少女を殺す100の方法」

少女を殺す100の方法

とある名門女子中学校。ある日、2年A組の担任が血相を変えて校長室に飛び込んできた。鍵のかかった教室で、生徒20人が死体で見つかったのだ。教頭は学校に都合よく真相を偽装するため、警察よりも先に犯人を捕らえようと目論む。同級生を皆殺しにした犯人は誰なのか? 事件は思いもよらない方向へ転がっていく。(少女教室)学園、ホラー、メタミス、エログロ、SF。“少女20人の死”をテーマに紡がれる、5つの本格ミステリ。

学園、ホラー、メタミス、エログロ、SF、と書いてあるが実際はグログログロメタグロミステリ、くらい。
結構えぐかったのでエグミス(造語)と呼んでみる。



【スポンサーリンク】



特殊設定

現代のミステリというのは、「謎とそれを解き明かす論理」さえあれば、どんな世界であれ成立する。
たとえば西澤保彦などは超能力者や人格の入れ替わりが行われる世界をベースにミステリを描いたり、あるいは怪獣がいる島での殺人事件を描いたし、殊能将之は、ファンタジーやSFホラー世界に連なる設定をミステリに持ち込んだりもした。

繰り返すが、要はどれだけ現実と異なる世界がベースであれ「論理的に解ける謎」さえあればそれはミステリとして成立する。
白井智之は、キワモノ設定下のミステリを得意とする作家。

食用人間が生産される世界(人間の顔は食べづらい)や、死体の人面瘡が語りだし(おやすみ人面瘡)、合体人間が存在する世界(東京結合人間)でのミステリを描こうとする作家はなかなかいない。
浅野いにおが描く可愛い表紙と内容のギャップがパない。

死者100人

今回の短編集「少女を殺す100の方法」では、各話少女は被害者。
毎話、20人近い少女が殺される。
幾ら「少女」が物語上の記号とはいえ、この時点で充分に頭がおかしい。

一話「少女教室」では密室となった教室で女子生徒20人が虐殺。

二話「少女ミキサー」では、映画「CUBE」を思わせる不条理な状況下、ガラスの筒に閉じ込められた少女らが次々と殺しあう。

三話「「少女」殺人事件」には怪獣が街を破壊する最中、大量殺人事件が勃発。
王道ノックスの十戒すら出てくる読者への挑戦状も組み込まれた謎解きがメイン。
少女の死より作中作な謎解きに比重があって、この中では少し異色。

父親から娘へのメッセージとしての体裁がとられた四話「少女ビデオ 公開版」は、娘が生まれるまでに起こった異常な経緯。
エグさ満載。

五話「少女が町に降ってくる」はタイトル通り、"少女が降って来る"怪異が起こる村が舞台になっている。
「14歳」「少女」「惨殺」「大量死」が作品に共通するコード。


どれも少女は無残に死ぬ。
頭を吹き飛ばされ、首を落とされ、腹を切られ内臓ははみ出て、腸で首を絞められ、バラバラにされる。

少女

「惨殺される少女」というコードをベースに書かれたミステリは当然ながらエグい描写も多く、ミステリとしてのクオリティはさておき、誰も彼も無闇に勧めるのも難しいし読む人も選ぶ。
幾ら活字でもそれを読んで脳内再生する力があればあるほどリアリティを増す。

たとえば「ケッチャムがマイフェイバリットです」とか、映画なら「マーターズが過去最高に素晴らしかった」最近なら「草野原々、最高!」という趣味のミステリ好きなら楽しめるかもしれない
そんなマニアがどこにいるかはわからないが。

隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)
Posted with Amakuri at 2018.1.30
ジャック・ケッチャム
扶桑社

残酷描写だけではなく、教室で20人が殺されるにも、ガラスのミキサーの中で少女がミンチになる物語にも、もちろんトリックはある。
トリックがないなら単なる残酷小説。

個人的には、ミステリとしてもバランスのとれた「少女教室」が良かった。
この形式で全部やるのかと思ったんだが。
「少女ビデオ」はちょっとしんどかった。
ホラーはたしなみますが、腸を引きずって歩く脱腸の少女というのは、さすがにキャラへの不憫さが先に立ってしまった……。
多分、少し俯瞰で読むくらいがちょうどいい。


少女を殺す100の方法
Posted with Amakuri at 2018.1.28
白井 智之
光文社