疾走するサスペンスと反日に失速する韓国映画「密偵」

1920年代の日本統治時代。元朝鮮人の日本警察イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は武装独立運動団体の義烈団を監視しろとの特命を受け、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に接近する。出処不明の情報が双方間で飛び交い、誰が密偵なのか分からない中、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する爆弾を京城(現ソウル)に持ち込む計画を進めていた。そんな中、日本警察は義烈団を追って上海へ。義烈団と日本警察のかく乱作戦が繰り広げられる緊張感の中、爆弾を積んだ列車は国境を越えて京城へ向かうが…。

韓国謹製ゾンビ映画「新感染ファイナルエクスプレス」で主演だったコン・ユとソン・ガンホが共演、監督にシュワちゃんの「ラストスタンド」や「悪魔を見た」を撮ったキム・ジウンということで期待して、予備知識なしで観たのだが。
うーむ。
ちなみに韓国映画評論家協会賞受賞作品。



【スポンサーリンク】



急ブレーキ

まず反日要素を鑑みずに観ていくと、中盤までは、非常に面白い。

1920年代の日本統治時代の韓国が舞台。
日本警察に協力し、反日勢力 義烈団を探ろうとするソン・ガンホ演じるイ・ジョンチョル。
やがて写真館を営むキム・ウジン(コン・ユ)が義烈団ではないか?と目をつける。

だがイ・ジョンチョルは、義烈団に近づきすぎ、自身も活動に協力する羽目に陥る。
ちらっとだけ出てくるイ・ビョンホンもなかなか格好いい。

日本の施設に爆弾を仕掛ける義烈団は列車に乗り込む。
その情報を得た警察、そしてイ・ジョンチョルも列車に。
こっそり義烈団に協力しつつも、日本警察として捜査をする二重スパイ。
そして義烈団の中にも日本警察に情報を流すスパイが紛れ混んでいることが発覚する。

列車の中での捜索シーンは古き良きハリウッドのサスペンス映画っぽさすらある。
この列車に関しての一連のシークエンスは、キム・ジウン、面目躍如といった感じ。

逃げられない状況下、どちらにもスパイがいる。
非常に面白い、ハラハラドキドキ。
もう「新感染〜」みたいに最初から列車でやって欲しかった。
ガンアクションも素晴らしい。


ところが列車から降りて一転、急に反日色が強くなる。
典型的(?)な鬼畜日本人上司として鶴見辰吾が登場。

捕まえた義烈団の女性を拷問にかける中、イ・ジョンチョルに熱く焼けた鉄棒を握らせる。
椅子に縛り付けた女性に押し当てろと指示する。
苦悩しながら自白するよう説得するが、女性は頑なに拒否。
イ・ジョンチョルは熱く焼けた鉄棒を腕に近づける。
だが鶴見辰吾は「鉄棒を押し当てるのは腕じゃないだろ、顔だろ顔」と指示。
じゅわ〜、ってうわぁ……。

そこから一気にサスペンスは失速。
終盤に向かっていくわけですが。
 
 

暗殺

以前、「暗殺」と言う映画があった。

こちらは「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョンに「新しき世界」イ・ジョンジェ、「チェイサー」ハ・ジョンウが出演したアクションサスペンス。
「密偵」と同じ時代背景。

もちろん悪役として日本人は登場する。
だが、ことさら「日本人は性格が悪く、残忍な人間ばかりだ」と言う描写はない。
歴史的事実として日本軍が占領していた事実があるのだし、それが物語の中で悪でもそれは仕方ない。
別に日本人を善人として描写してくれとは思わない。

だがその描写は、果たして物語に対して必要なのか、それとも過剰なのか。
それが一番重要でしょう?
何かポリティカルでプロパガンダな背景があるなら別ですが。

正直、「暗殺」は反日的な描写の有無を除いても終始エンタメとして昇華されていた。
それに対し、同じ時代、同じ要素を描いても、物語のバランスが悪い「密偵」は格落ちに思える。


中盤、それまで勢いよく流れていたストーリーが突然停滞。
イ・ジョンチョルが反日運動に身を投じ、急にダイジェストのような爆弾事件が発生。
(その裏は描かれず、爆弾を仕掛けるにもサスペンスがない)
一応のカタルシスが得られる構造だからとしか思えない。


例えば義烈団のメンツが警察の目を逃れ、要人暗殺のため爆弾を仕掛けようと企み、ソン・ガンホは悩みつつも協力、最後は爆発。
これでも成立する。
これなら最後までサスペンスフルな展開も持続できる。

なのに、なぜ途中でサスペンスのスピードを止めてまで、「残酷な日本人」拷問シーンを描く意味があったのか。
よくわからない。
日本と韓国の間で揺れるイ・ジョンチョルの苦悩に軸足を置いたんだろうが、その結果として「で、勇者はそのあとどうなったのおばあちゃん?」と最終話、紙芝居形式に駆け足で勇者が魔王を倒すまでを語ることになったアニメ ドラゴンクエスト並みにシュリンクすることになった。

非常に勿体無い。
キム・ジウン監督だから期待したんだけどなぁ……。


どちらも観たことがないのであれば、是非是非「暗殺」の方をお勧めしたい。
よほど気になる方だけ「密偵」をどうぞ。

暗殺(字幕版)
暗殺(字幕版)
posted with amazlet at 18.04.11
(2016-11-02)
売り上げランキング: 6,583

密偵(字幕版)
密偵(字幕版)
posted with amazlet at 18.04.11
(2018-03-20)
売り上げランキング: 45,350