ダンジョンメーカー、時間を溶かして200日

togetter.com
噂のゲームアプリ「ダンジョンメーカー」
御多分に洩れず時間を溶かしております。

要は戦闘→即ガチャor強化→戦闘をひたすら繰り返す仕組み。
ただ、これはこれまでの戦闘とガチャが分離されたスマフォゲーとは少し違っている。

少し知見を共有。



【スポンサーリンク】



200DAYS AFTER

f:id:paradisecircus69:20180527114028j:plain
ゲーム自体はいわゆるタワーディフェンス。
縦3マスx横3マス+αのフィールドに罠やモンスターを配置し、侵入してくる勇士を倒す。
1日(1ターン)にできることが限られているのでバランスよく準備しないと突破される。


ちなみに200日突破したんですが、
f:id:paradisecircus69:20180527115140j:plain
フィールドはこんな感じ。

運の要素も強いので罠の仕掛け方が上手くないが、「多発射撃」と「稲妻」の罠がうまくいってる。
「呪い」「空腹」で衰弱、脆弱を与え攻撃力を減少させる。
モンスターの壁は3枚+魔王の部屋の前の一枚。

両端にある「休憩所」x2で全体の戦闘力を底上げ。
戦闘になると3番目中央「戦争の角笛」が全モンスターに「激怒」を与え、防戦に機能してるらしい。
このシフトだと200日超えた精鋭戦闘でもモンスターの壁を突破する勇士はほぼいない。
 

DEFENSE

f:id:paradisecircus69:20180527120226j:plain
モンスターはこんな感じ。

リリスのレベルアップは、直接打撃に影響するので優先度は高め。
余ったら食わせる。
レッドワイバーンやデスナイトなど合成モンスターは作れたら速攻で作って行くのが吉。

f:id:paradisecircus69:20180527122550j:plain

ポイントは商人。
「建築カードデッキ」にありったけ金を使ってフィールドを強化しておく。
気に入ったのが出たら配置して、そうでなければ既存フィールドのレベル上げ。
フィールドによってレベルアップ率が違う。


あと精鋭戦闘はできるだけ行って遺物を確保。
不確定要素の多いイベントを避け精鋭戦闘に次ぐ精鋭戦闘。
もう一枚、壁を増やしたいところですがフィールドを広げ損ねた。
戦術というより効率的な配置と運用が戦略の要。

時間が溶ける

やたら中毒性が高いと噂のダンジョンメーカーですがそれも必然。

このゲームのシステム、戦闘が終わるとガチャ(モンスターの卵、罠)が待っている。
だから戦闘を繰り返し。
ガチャを回すのに必要なのは、コインでも石でもなく「戦闘行為」
ゲームをすればするほどガチャを回せる。

ガチャを石を買わせるのではなく、ゲーム自体は買い切りにして、ゲームに夢中にさせるためにガチャシステムを使うことでやりこませる。
そりゃあ中毒性高い。

ガチャを切り離さず、ゲームシステムに溶け込ませたのがこのヒットに繋がったんじゃないだろうか。

一度始めるとやめどろころが難しく、ついつい続けてしまう。
そして時間がガンガン溶けて行く。


……とまぁ、今の所の知見はこんな感じ。

このまま300日まで行けるんだかどうなんだか。
もう少し時間を溶かしたいと思います。