園子温「愛なき森で叫べ」は表面だけ読もう

Netflix園子温監督による「愛なき森で叫べ」が公開されたので見てみた。
Netflixオリジナルのコンテンツではあるが、劇場公開可能なクオリティ。
実際に起きた「北九州監禁殺人事件」がインスパイアソースであるなど話題にも事欠かない。
こういう作品を撮らせてくれるネトフリという環境は製作者にも魅力的だろう。

以下、ネタバレありで。
園子温作品みたいにだらだら長文になってしまいましたが、お暇ならおつきああいいただければ幸い。
軽く表面的な筋だけ追ってみました。



【スポンサーリンク】



モラトリアム

まず冒頭、美津子ら女子高のシーン。
この部分の演技がやたらと大仰で、そこに抵抗ある方も見かけたが、もちろん演出意図があるからこそ。
学生時代が美津子らにとってのモラトリアムであることの表れと受け取れる。
キラキラと美しく、ウソくさい、薄く、脆く儚い。
この作り付けのキャラクターはいわゆる宝塚音楽学校の生徒らの話し方のそれも連想させる。

モラトリアムのように描かれる学生時代、その世界がロミオ(川村那月)の交通事故によって崩壊し、さらには短絡的な集団自殺へとつながって行くのは想像だに難くない。
モラトリアムの美しさ。

ロミオとジュリエットで描かれる美しい愛のための死。
そこに美を見出した少女らは安直に死を選ぶ。
屋上から飛び降りてもそこに天使の羽はなく、重力によって叩きつけられた肉の塊は、壊れた人形のように地面に這いつくばり、無残に身体が折れ、骨が飛び出し、アスファルトに脳漿をぶちまける。
そこにある圧倒的な現実。

美津子はロミオの死によってモラトリアムから逃れられなくなった。
だからこそ世界を壊したい、誰もかもを破滅させたい、遠隔的な無理心中を願うことになる。
そのために利用させるのが男二人、ということになるか。

男二人

ミステリー的には、冒頭から村田の狂気と凶暴性をひたすら描き、銃殺犯のニュースを挟み込むことで村田の犯行を匂わせるレッドヘリングが仕掛けられ、しかしその犯人はシンだったと明らかにされる叙述トリック
よく見返すと、冒頭、ロッカーにシンは殺人の戦利品と思しきものを仕舞っているようにも見える。


椎名桔平演じる村田というのは現実の北九州監禁殺人事件の犯人がソースだろうが、今回、その役割を一人に担わせるのではなく、二人に分けているのも当然意図的に思える。

軽薄な詐欺師の一面、そして冷酷な殺人犯の一面。
これらを分けることで、一人一人の狂気が分散し代わりに美津子ひとりが担う狂気の比重が一気に重くなった。
もしこれを一人のキャラに担わせてしまうと作品は村田のものになってしまいかねない。
椎名桔平演じる村田と満島真之介演じるシンの二人に別けた。

だから、この物語は美津子のものになった。


ちなみに死体処理の仕方は「冷たい熱帯魚」を思わせなくもない。
が、鍋で煮たり、浴槽電流による虐待と同じく実際の北九州監禁殺人事件」がインスパイアソースだろう。

遺体は浴室で鋸とミキサーで分解し、鍋で煮込んで解体処理するようにアイディアを出し、被害者に選択させ、死体解体の進捗状況が遅いと虐待で急かすように仕向けた。解体された遺体を海や公衆便所などに投棄した。
Xはこの死体処理手法について「私のオリジナル。魚屋の本を読んで応用し、佃煮を作る要領」と述べている。
北九州監禁殺人事件 - Wikipedia

曰くオリジナルだそうです。

集団自殺

ロミオと添い遂げるために仮死の薬を使うジュリエット。
だがジュリエットが死んでしまったと思い込んだロミオは服毒死。
仮死から蘇ったジュリエットは側で死ぬロミオを見て短剣により自害を果たす。


女子校という女子特有の共同体の中、異様な連帯感と夢想から飛び降り自殺を図る娘らを尻目に一人生き残った美津子。
不可抗力で死んだロミオ。

ジュリエットは妄想のロミオと共に自室というモラトリアムに引きこもり生きていたのに、そこにズカズカと旧友妙子(日南響子)が入り込んできた。
よりによってロミオを奪った上、無残に死にすらしなかった妙子が。
そして詐欺師である村田と殺人犯であるシンを見て妙子の殺害並びに家族や友人、生き地獄すべての破壊を目論んだ。
両親、妹、妙子。
これらを殺させて自分も殺される。
この物語は「死にたがりの美津子(ジュリエット)による無理心中(集団自殺)」だろう。

そして死んで解放された美津子に代わり、残ったロミオは男らを逃さない。
あの森から出ることはもはや叶わない。
ラスト、美津子に代わって登場したエイコは村田を車に乗せ「GoToHell」と呟き、村田を地獄に連れ、ロミオの姿を目撃したシンもまた森に引き返していく(このまま描けば非常に不条理にならざるを得ないが)
最後、誰もいない舞台に紙吹雪だけが舞い落ちる。
もう舞台に上がり、演じる役者は誰もいない。

...といった感じで。
もっと深読みしようと思えばできるんでしょうが(園子温なので)映画の意味性だけを追うならこのくらいの理解で。

これ以上読みたがるのはそれこそ映画マニアの自慰でしかない。
ロミオ(自分の中の妄想、映画の勝手な理解)で独りで勝手に気持ち良くなってんのは果たして誰なのか?

「深読みしたぞ!俺はわかってるぞ!これは園子温によるメッセージなんだ!!!」

熱いレビューを見て園子温がケラケラ笑ってんのが見えるようですよ。
こういう作品でそれを仕向けてるのも監督(美津子)の掌の上って。


それにしてもお笑いスタ誕発のコメディアン(役者)九十九一とでんでんがまさか血塗れの映画で共演するとは。

冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚

愛のむきだし

愛のむきだし